前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た篠原信一篠原信一

    第4回優勝者。「瓦が1度で割れず、ごまかして2度で割る空手の師範代」を始めとする「(?をごまかす)空手の師範代」シリーズ。オチに入ると「えいしゃおらえいしゃー」と叫ぶ。第15回以降は篠原信一のモノマネも披露している。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 井上康生

    井上康生から見た篠原信一篠原信一

    2000年(平成12年)のシドニーオリンピックで金メダルを獲得。2001年の全日本選手権では全日本の絶対的エースであった篠原信一を決勝で破り初優勝。その後、大会3連覇を果たす。井上康生 フレッシュアイペディアより)

  • シドニーオリンピック

    シドニーオリンピックから見た篠原信一篠原信一

    柔道で田村亮子が悲願の金メダル。他にも柔道では2大会連続金メダルの野村忠宏をはじめ、井上康生や瀧本誠らが金メダルを獲得した。一方、篠原信一が決勝で審判の誤審により銀メダルになるというトラブルも起こった。シドニーオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 内股すかし

    内股すかしから見た篠原信一篠原信一

    男子100kg超級決勝で、日本の篠原信一と、フランスのダビド・ドゥイエと対戦した際にドゥイエの内股に対して、篠原の内股すかしが決まって金メダルだと日本側は喜んだが、結果2人の審判はドゥイエの内股で有効、1名の副審のみが篠原の一本勝ちを支持した。結果、篠原は銀メダルに終わった。内股すかし フレッシュアイペディアより)

  • 窪田和則

    窪田和則から見た篠原信一篠原信一

    なお、男子監督である篠原信一のブログでは弄られ役として頻繁に登場する。窪田和則 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・コソロトフ

    セルゲイ・コソロトフから見た篠原信一篠原信一

    1991年の世界選手権では、準決勝で小川直也に崩袈裟固で一本勝ちすると、決勝でもキューバのフランク・モレノを腕挫十字固で破って優勝を果たした。1992年1月には正力国際に出場するため来日したものの、エントリーだけして棄権したが、この際にバルセロナオリンピック後にはプロレスに転向すると語った。しかし、EUN内の予選でダヴィド・ハハレイシヴィリに効果を取られて敗れバルセロナオリンピックには出場できず、プロレスへの転向話も立ち消えになった。1993年の世界選手権では3位となった。1995年の世界選手権無差別では、準決勝で篠原信一に大内刈で一本勝ちするが、決勝ではフランスのダビド・ドゥイエに合技で敗れた。1996年のアトランタオリンピックでは、準々決勝で中国の劉勝剛に払腰で敗れて7位に終わった。セルゲイ・コソロトフ フレッシュアイペディアより)

  • マフムード・ミラン

    マフムード・ミランから見た篠原信一篠原信一

    1994年のアジア大会では決勝で金野潤に判定で敗れるも2位となった。1997年の世界選手権では準決勝で篠原信一に反則負けするなどして5位にとどまった。1998年のアジア大会では決勝で篠原に内股すかしで敗れて2位となった。2000年のシドニーオリンピックでは初戦でドイツのフランク・モラーに判定で敗れた。2001年の世界選手権は準決勝でロシアのアレクサンドル・ミハイリンに大腰で敗れるも3位となった。2004年のアテネオリンピックでは準決勝でロシアのタメルラン・トメノフに燕返で敗れると、3位決定戦でもオランダのデニス・ファンデルヘーストに合技で敗れて5位に終わりメダルを獲得できなかった。2006年のアジア大会では無差別で優勝を飾った。マフムード・ミラン フレッシュアイペディアより)

  • 三谷浩一郎

    三谷浩一郎から見た篠原信一篠原信一

    1994年になると、全日本選手権の東京予選で肋骨を骨折し選手権出場を逃したが、その際に「自分の限界を感じ、気力が沸かなくなった」と落胆の様子を語っている。しかし2年後の全日本選手権では見事復活し、前大会の準優勝者篠原信一やその年のアジア大会を制す事となる増地克之らを退け、自身最高となる準優勝を果たす。特に準々決勝での増地との試合は両者大外刈を掛け合い、最後には三谷が力で押し切ったもので、「かなり気持ちのいい試合だった」と評している。三谷浩一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 正木健人

    正木健人から見た篠原信一篠原信一

    天理大学に入学後、高校の先輩でもある監督の篠原信一による指導を受けて全日本学生柔道優勝大会の団体メンバーに入ったこともあったが、際立った活躍は見られなかった。正木健人 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) における柔道競技

    ロンドンオリンピック (2012年) における柔道競技から見た篠原信一篠原信一

    男子監督の篠原信一は新旧世界チャンピオン4名(66kg級の海老沼匡、73kg級の中矢力、100kg級の穴井隆将、100kg超級の上川大樹)を擁して、今大会の目標として最低でも金メダル3個獲得という目標を掲げていたが、メダル獲得数こそ前回大会を上回ったものの1964年の東京オリンピックで柔道競技が採用されて以来初めて金メダルなしという歴史的大敗を喫することとなった。また、女子監督の園田隆二は新旧世界チャンピオン5名(48kg級の福見友子、52kg級の中村美里、57kg級の松本薫、63kg級の上野順恵、78kg超級の杉本美香)を擁して、現在の女子代表は「歴史の中で一番強い」と豪語して4個以上の金メダル獲得をもくろんでいたが、金メダルは松本の1個のみでメダル獲得数は過去最低の3個という惨敗に終わり、特にお家芸と言われていた48kg級・52kg級で初めてメダルを逃す事態となった。ロンドンオリンピック (2012年) における柔道競技 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
50件中 1 - 10件表示

「篠原信一」のニューストピックワード