85件中 11 - 20件表示
  • デニス・ファンデルヘースト

    デニス・ファンデルヘーストから見た篠原信一篠原信一

    1997年の世界選手権無差別で3位となった。1999年のヨーロッパ選手権無差別ではフランスのダビド・ドゥイエに払巻込で一本勝ちしたものの、結果として3位に終わった。続く世界選手権無差別では、2回戦で篠原信一に内股すかしで敗れたが、その後持ち直して3位となった。2000年のシドニーオリンピックでは初戦でロシアのタメルラン・トメノフの前に敗れた。翌年の世界選手権では無差別で3位となった。2003年の世界選手権では決勝で棟田康幸に指導3で敗れて2位に終わった。翌年のアテネオリンピックでは銅メダルを獲得した。この時一緒に出場した弟のエルコは、100kg級の準々決勝で井上康生に背負投で一本勝ちしながら結果として5位に終わり、兄弟でのメダル獲得はならなかった。2005年の世界選手権無差別の決勝では、それまで分のよくなかったトメノフに体落で一本勝ちを成し遂げて、30歳にして世界チャンピオンとなった。しかし、2008年の北京オリンピックでは初戦でトメノフに敗れた。その後引退して、現在はDJとして活躍している。デニス・ファンデルヘースト フレッシュアイペディアより)

  • インドレク・ペルテルソン

    インドレク・ペルテルソンから見た篠原信一篠原信一

    1990年の世界ジュニア95kg級にはソ連代表で出場して3位となった。1992年のバルセロナオリンピックにはエストニア代表で出場して5位となった。その後階級を95kg超級に上げて、1993年の世界選手権でも5位となった。1996年のアトランタオリンピックでは2回戦でポーランドのラファウ・クバツキに総合負けを喫した。1999年の世界選手権決勝では篠原信一と対戦して、効果でリードしていたものの、終了40秒ほど前に大外刈で一本負けを喫して2位に終わった。2000年のシドニーオリンピックでは準決勝でフランスのダビド・ドゥイエに内股で敗れたが3位となった。2003年の世界選手権無差別決勝では鈴木桂治に小外掛で一本負けして2位に終わった。2004年のアテネオリンピックでは準々決勝でロシアのタメルラン・トメノフに外巻込で敗れたものの、その後持ち直して前回に続いて2大会連続で銅メダルを獲得した。インドレク・ペルテルソン フレッシュアイペディアより)

  • グランドスラム・東京2012

    グランドスラム・東京2012から見た篠原信一篠原信一

    今大会はテレビ東京系列で放送された。MCを小泉孝太郎、ゲスト解説を吉田秀彦、解説を岡田弘隆、谷本歩実、実況を斉藤一也、島田弘久、増田和也、板垣龍佑、林克征、リポートを秋元玲奈、狩野恵里がそれぞれ担当した。さらに特別ゲストとして篠原信一、松本薫、杉本美香、三宅宏実、立石諒が招かれた。また、TEEの“VICTORY ROAD”が応援ソングとなった。グランドスラム・東京2012 フレッシュアイペディアより)

  • 養父直人

    養父直人から見た篠原信一篠原信一

    中学3年次に近畿大会(78kg級)で優勝し頭角を現すと、天理高校に入学してからは1988年の全国高校選手権で初代の個人戦無差別チャンピオンに輝いたほか、インターハイの重量級でもベスト8という成績を残した。1989年春に天理大学入学後は、東京五輪銅メダリストの金義泰の指導のもと得意技の払腰に一層磨きをかけ、団体戦・個人戦で活躍した。大学2年次には三船杯で、ソウル五輪銀メダリストのヘンリー・ストール(東ドイツ)を払腰で投げ飛ばしている。大学4年次の1992年にはドイツ国際や全日本体重別選手権でも優勝を果たし、ポスト小川直也の有力候補の1人として期待されるようになる。その反面、学生選手権や学生体重別では上位に顔を出すものの優勝までには至らず。特に大学4年の全日本学生選手権では、決勝で86kg級の中村佳央にいいところなく敗れて2位に終わる。新日鉄広畑に入社後は全日本選手権で3年連続3位になったり、ドイツ国際で自身2度目の優勝を飾ったりするが、小川直也や篠原信一ら強豪がしのぎを削る当時の重量級において、オリンピックや世界選手権代表の座を射止めるまでには至らなかった。全日本選手権への出場は最終的に、当時最多となる12回を数えた。養父直人 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊スポーツTV

    週刊スポーツTVから見た篠原信一篠原信一

    日本初のNBAプレーヤー田臥勇太や、女子バスケットボールの大神雄子、全日本男子バレーボールの加藤陽一などのほか、シドニーオリンピックの柔道男子95kg超級で日本の篠原信一と決勝戦を戦い、判定で物議を醸したダビド・ドゥイエ()などが出演した。週刊スポーツTV フレッシュアイペディアより)

  • 猿渡琢海

    猿渡琢海から見た篠原信一篠原信一

    小学校1年の時に柔道を始めた。柳川高校ではアテネオリンピック78kg級金メダリストの阿武教子と同級生だった。2年の時にはインターハイ県予選でライバルの大牟田高校2年の高森啓吾を破って本戦に出場するも、予選リーグで敗れた。3年の時には全日本ジュニアに出場して2位となった。1995年には阿武と同じく明治大学に進んだ。2年の時には全日本学生柔道優勝大会で2位となった。正力杯では決勝で日本大学2年の上口孝太に敗れた。講道館杯でも決勝で警視庁の真喜志慶治に敗れた。4年の時には全日本学生柔道優勝大会でチームの優勝に貢献した。1999年にJRA所属となると、全日本選手権では準決勝で旭化成の篠原信一に支釣込足で技ありを取られて敗れるも、3位入賞を果たした。ユニバーシアードの無差別では3位だった。講道館杯では決勝で新日鉄の増地克之を破って優勝した。2001年にはアジア選手権で優勝を飾った。2002年の体重別では大学の後輩となる明治大学4年の棟田康幸に敗れて2位だった。全日本選手権では準決勝で綜合警備保障の井上康生に背負投で敗れるも、2度目の3位入賞を果たした。猿渡琢海 フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ドゥイエ

    ダビド・ドゥイエから見た篠原信一篠原信一

    アトランタオリンピック95kg超級で優勝。シドニーオリンピック100kg超級で2連覇。そのシドニーオリンピックの決勝戦では、日本の篠原信一と対戦して勝利するも、誤審問題が生じて日本では「疑惑の金メダル」と報じられた。後に国際柔道連盟は正式にこの試合において誤審があったことを認めたが、試合後に判定が覆ることはないという国際柔道連盟の規則により、ドゥイエの優勝はそのまま認められた。当時はビデオ判定がなく、この試合をきっかけに導入に向かっていった。ダビド・ドゥイエ フレッシュアイペディアより)

  • 窪田和則

    窪田和則から見た篠原信一篠原信一

    なお、男子監督である篠原信一のブログでは弄られ役として頻繁に登場する。窪田和則 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷太助

    熊谷太助から見た篠原信一篠原信一

    2014年12月には新しい格闘技イベントをテレビ番組と視聴者で創り上げるというコンセプトのもと、新番組「千原ジュニアのニッポン格闘技復興委員会」を立ち上げ。さまよえる格闘技ファンへ向け、新しい異種格闘技のリングやルールづくりを公開で討論し検証していくという内容で、その実行委員会は元プロレスラーで衆議院議員の馳浩を委員長とし、舞の海秀平、旭道山和泰、篠原信一、魔裟斗など、各スポーツジャンルのビッグネームたちによって編成された。熊谷太助 フレッシュアイペディアより)

  • 有田&山崎のひきだし太郎

    有田&山崎のひきだし太郎から見た篠原信一篠原信一

    篠原信一、穴井隆将、杉本美香(『柔道グランドスラム東京中継』の番組宣伝)有田&山崎のひきだし太郎 フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「篠原信一」のニューストピックワード