50件中 21 - 30件表示
  • 育英高等学校

    育英高等学校から見た篠原信一篠原信一

    篠原信一(柔道家、シドニーオリンピック銀メダリスト)育英高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 平岡拓晃

    平岡拓晃から見た篠原信一篠原信一

    2009年世界柔道選手権大会60kg級で銀メダルを獲得する。しかしながら、「1回戦負けでも2位でも同じ」と悔しさを見せた。2010年世界選手権では銅メダルを獲得した。同年アジア大会では決勝でひざを負傷し銀メダルに終わった。篠原信一監督から「けがが多い。何かが足りない」と評された。平岡拓晃 フレッシュアイペディアより)

  • 森下純平

    森下純平から見た篠原信一篠原信一

    さらに、シニアの国際大会であるグランドスラム東京やワールドカップトビリシで3位になる。2010年の体重別では初戦で敗れたが、篠原信一の推薦により世界選手権代表に選出された。世界選手権ではそれほど期待されていなかったものの、20歳にして優勝を果たす。森下純平 フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥロ・タングリエフ

    アブドゥロ・タングリエフから見た篠原信一篠原信一

    国際試合では日本人選手に敗れるというジンクスがある。初の五輪である北京オリンピックでは石井慧の前に敗れ銀メダルに終わるなど、オリンピック、世界柔道選手権大会、ワールドマスターズ、グランドスラムといった4大国際試合では一度も金メダルを獲得していない。2008年北京オリンピックでは準決勝で優勝候補の大本命であった強豪テディ・リネールを破り決勝進出を果たした。解説の篠原信一は「まさかタングリエフが決勝に上がってくるとは、夢にも思わなかった」と発言している。決勝では石井慧に敗れ銀メダルに終わった。アブドゥロ・タングリエフ フレッシュアイペディアより)

  • 週刊スポーツTV

    週刊スポーツTVから見た篠原信一篠原信一

    日本初のNBAプレーヤー田臥勇太や、女子バスケットボールの大神雄子、全日本男子バレーボールの加藤陽一などのほか、シドニーオリンピックの柔道男子95kg超級で日本の篠原信一と決勝戦を戦い、判定で物議を醸したダビド・ドゥイエ()などが出演した。週刊スポーツTV フレッシュアイペディアより)

  • グランドスラム・東京2012

    グランドスラム・東京2012から見た篠原信一篠原信一

    今大会はテレビ東京系列で放送された。MCを小泉孝太郎、ゲスト解説を吉田秀彦、解説を岡田弘隆、谷本歩実、実況を斉藤一也、島田弘久、増田和也、板垣龍佑、林克征、リポートを秋元玲奈、狩野恵里がそれぞれ担当した。さらに特別ゲストとして篠原信一、松本薫、杉本美香、三宅宏実、立石諒が招かれた。また、TEEの“VICTORY ROAD”が応援ソングとなった。グランドスラム・東京2012 フレッシュアイペディアより)

  • 有田&山崎のひきだし太郎

    有田&山崎のひきだし太郎から見た篠原信一篠原信一

    篠原信一、穴井隆将、杉本美香(『柔道グランドスラム東京中継』の番組宣伝)有田&山崎のひきだし太郎 フレッシュアイペディアより)

  • シドニーオリンピック日本選手団

    シドニーオリンピック日本選手団から見た篠原信一篠原信一

    篠原信一(柔道男子100kg超級)シドニーオリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 日仏関係

    日仏関係から見た篠原信一篠原信一

    2000年 - シラクの肝煎りで、大相撲の幕内最高優勝力士にフランス大統領杯(ジャック・シラク杯)の授与が開始。9月、シドニーオリンピックの柔道競技でダビド・ドゥイエが篠原信一を下した試合を巡って誤審問題が発生。両国間の感情的な対立に発展したが、篠原が敗北を潔く受け入れ、訪日経験が豊富なドゥイエが自国民に対し自制を求める声明を出した事で沈静化。フランスの大手小売業カルフールが日本に進出(2005年にイオンへ日本法人を譲渡)。日仏関係 フレッシュアイペディアより)

  • デニス・ファンデルヘースト

    デニス・ファンデルヘーストから見た篠原信一篠原信一

    1997年の世界選手権無差別で3位となった。1999年のヨーロッパ選手権無差別ではフランスのダビド・ドゥイエに払巻込で一本勝ちしたものの、結果として3位に終わった。続く世界選手権無差別では、2回戦で篠原信一に内股すかしで敗れたが、その後持ち直して3位となった。2000年のシドニーオリンピックでは初戦でロシアのタメルラン・トメノフに敗れた。翌年の世界選手権では無差別で3位となった。2003年の世界選手権では決勝で棟田康幸に指導3で敗れて2位に終わった。翌年のアテネオリンピックでは銅メダルを獲得した。この時一緒に出場した弟は、100kg級の準々決勝で井上康生に背負投で一本勝ちしながら結果として5位に終わり、兄弟でのメダル獲得はならなかった。2005年の世界選手権無差別の決勝では、それまで分のよくなかったトメノフに体落で一本勝ちを成し遂げて、30歳にして世界チャンピオンとなった。2008年の北京オリンピックでは初戦でトメノフに敗れた。その後引退して、現在はDJとして活躍している。デニス・ファンデルヘースト フレッシュアイペディアより)

50件中 21 - 30件表示

「篠原信一」のニューストピックワード