前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
213件中 1 - 10件表示
  • 宮閲あおい

    宮崎あおいから見た篤姫 (NHK大河ドラマ)篤姫 (NHK大河ドラマ)

    2008年、NHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じる。放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては歴代最年少(それまでは『義経』の滝沢秀明の23歳9か月が最年少であった)である。宮崎あおい フレッシュアイペディアより)

  • 瑛太

    瑛太から見た篤姫 (NHK大河ドラマ)篤姫 (NHK大河ドラマ)

    大河ドラマ 篤姫(2008年1月6日 - 12月14日、NHK) - 肝付尚五郎(小松帯刀) 役瑛太 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎あおい

    宮崎あおいから見た篤姫 (NHK大河ドラマ)篤姫 (NHK大河ドラマ)

    2008年、NHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じる。放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては歴代最年少(それまでは『義経』の滝沢秀明の23歳9か月が最年少であった)である。宮崎あおい フレッシュアイペディアより)

  • 勝地涼

    勝地涼から見た篤姫 (NHK大河ドラマ)篤姫 (NHK大河ドラマ)

    宮崎あおいとの共演が多く、『ちょっと待って、神様』、『篤姫 』、『少年メリケンサック』など過去に5回の共演がある。勝地涼 フレッシュアイペディアより)

  • よし俣とよしげ

    よし俣とよしげから見た篤姫 (NHK大河ドラマ)篤姫 (NHK大河ドラマ)

    兄は音楽プロデューサーの吉俣良、NHK朝の連続テレビ小説『こころ』のテーマ曲やaikoやSMAPに楽曲を提供した。また2008年にはNHKの大河ドラマ『篤姫』の音楽監督として才能と卓越した技量を見せ、ようやく全国的に一般の知名度も上がりつつある。両親は芸能とは無縁であるが、鹿児島ローカルのTV?CM(セブンプラザ)に高齢者のお客様夫婦役としてデビューを果たしたようだ。よし俣とよしげ フレッシュアイペディアより)

  • 山口類児

    山口類児から見た篤姫 (NHK大河ドラマ)篤姫 (NHK大河ドラマ)

    大河ドラマ「篤姫」(2008年)山口類児 フレッシュアイペディアより)

  • 第59回NHK紅白歌合戦

    第59回NHK紅白歌合戦から見た篤姫 (NHK大河ドラマ)篤姫 (NHK大河ドラマ)

    前回は紅組・中居、白組・笑福亭鶴瓶の両軍男性司会となったが、当時NHK会長の福地茂雄による「男女による司会が望ましい」との意向で例年通りの男女による司会に戻された。また、当初は宮?あおい(この年放送され、高視聴率を記録した大河ドラマ『篤姫』の主演)へ紅組司会のオファーを行ったが、辞退されたことを制作局エンターテインメント番組部長の近藤保博が司会発表会見終了後に明かしている。なお、オリコンが発表した「今年紅白の司会をしてほしい有名人」(大衆に行ったアンケート)の男性部門の1位が中居、女性部門の1位が宮?(仲間は2位)だった。宮?はゲスト審査員や応援ゲストとしても一切出演しなかった。第59回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 松田翔太

    松田翔太から見た篤姫 (NHK大河ドラマ)篤姫 (NHK大河ドラマ)

    2008年『篤姫』で14代将軍徳川家茂役でNHK大河ドラマ初出演。松田翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 原田 泰造

    原田泰造から見た篤姫 (NHK大河ドラマ)篤姫 (NHK大河ドラマ)

    持ちギャグは自己紹介時の「曲がったーことが大嫌いー♪はーらーだたいぞうです!」「大好物はージャスミンティー(以下同)」「銀座原宿六本木〜(以下同)」、「リセットさえすりゃサイコーだー♪」など。近年は積極的に使わなくなったが、最近でもドラマや映画などの制作発表会見などで披露することがある。大河ドラマ「篤姫」での制作発表の時は、一部のワイドショーなどでその模様が放送された。原田泰造 フレッシュアイペディアより)

  • 第58回NHK紅白歌合戦

    第58回NHK紅白歌合戦から見た篤姫 (NHK大河ドラマ)篤姫 (NHK大河ドラマ)

    発表前に紅組司会の候補として、『日刊スポーツ』(2007年10月24付)は長澤まさみ、『excite news』(同年11月6日付)は宮?あおいと関根麻里、『リアルライブ』(同年6月7日付)・『東京スポーツ』(同年11月8日付)は藤原紀香とそれぞれ女性芸能人の名前を挙げていた。白組司会については、『日刊スポーツ』(同年11月9日付)がSMAPが5人全員で白組司会を務めることが濃厚であると報道。先述にもある『リアルライブ』・『東京スポーツ』は藤原紀香・陣内智則夫妻(当時)が揃って両軍司会を務めるのではないかとも報じていた。和田アキ子は11月10日放送分のニッポン放送『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』内で本紅白の司会について、「男性候補のSMAPは80%間違いないと思う。女性候補は『NHKは話題性を大切にするので、まだ判らないよ』」と予想していた。司会決定後に『週刊現代』(2007年12月8日号)は「SMAPは3年前(2004年・第55回)に『新曲を出していないから』を理由に紅白を辞退している前例がある。これがトラウマになっていた紅白スタッフは、"宿願"である、SMAPメンバー勢揃いでの白組司会を実現しようと折衝を始めたんです」「SMAPの5人それぞれでコーナーや時間帯毎の責任区分を担当して貰うというものだったが、この案には、NHKの幹部クラスから「それじゃ『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ系列)と同じだろ!」となりボツになった」「紅組司会について、当初は昨年同様、仲間由紀恵という声が高かったが、仲間側に断られ、来年の大河ドラマ『篤姫』の主役・宮崎や長澤が候補に挙がった。ただ、宮崎側が『ドラマに集中したい』とこれも辞退。結局、長澤に狙いを定め、慣れないトークに不安のある彼女に"補佐役"として麻里をつけるということで、ほぼ決定しかけたが、ジャニーズ事務所側が難色を示したため流れた」とのNHK関係者の話を掲載した。第58回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
213件中 1 - 10件表示