1129件中 61 - 70件表示
  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たアップル インコーポレイテッドアップル インコーポレイテッド

    1977年(昭和52年)、コモドール、アップル、タンディ・ラジオシャックの各社から相次いで、本体がプラスチックケースにきれいにおさめられBASICインタプリタを内蔵し、オールインワンの完成品で出荷される、今日のパーソナルコンピュータの原型と言える型のコンピュータが登場する。これらはCRTディスプレイ、キーボード、そして外部記憶装置やプリンターのインタフェースを一通り備えており、ディスプレイに接続して電源プラグをコンセントに差し込みさえすれば動作するものであった。中でもApple IIは表計算ソフト VisiCalcがキラーアプリケーションとなり大成功した。Apple IIは標準でカラー画像出力や音声出力に対応しており、パソコンゲームのプラットフォームとしても人気を博した。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • MkLinux

    MkLinuxから見たアップル インコーポレイテッドアップル インコーポレイテッド

    MkLinux(エムケーリナックス)は、Linuxディストリビューションの一つである。AppleのPowerPC搭載Macintoshで動作する。マイクロカーネルであるMach 3.0を使用している。MkLinux フレッシュアイペディアより)

  • デスクトップ環境

    デスクトップ環境から見たアップル インコーポレイテッドアップル インコーポレイテッド

    世界初のデスクトップ環境は、ゼロックスのパロアルト研究所で1970年代に開発された暫定Dynabook環境(例えばAlto)である。これがオフィス用パーソナルコンピュータ Xerox Star (1980) として製品化されたが、マーケティングが積極的でなかった点と高価だった点から商業的には失敗に終わった。アップルは Lisa (1983) でデスクトップ環境をより安価なパーソナルコンピュータ上で実装したが、これも商業的には失敗した。デスクトップ環境 フレッシュアイペディアより)

  • Open Firmware

    Open Firmwareから見たアップル インコーポレイテッドアップル インコーポレイテッド

    Open Firmware(またはOpenBoot)はハードウェアに依存しないファームウェア(オペレーティングシステムをロードするソフトウェア)であり、サン・マイクロシステムズのミッチ・ブラッドリーによって開発され、IEEEにより標準化され、サン・マイクロシステムズ、アップル、IBMなどによって使われている。Open Firmware フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ史

    パーソナルコンピュータ史から見たアップル インコーポレイテッドアップル インコーポレイテッド

    アップルコンピュータを興したスティーブ・ジョブズが1976年に、ガレージで製造したワンボードマイコンのApple I(スティーブ・ウォズニアックによる設計)を販売、ごく少数販売するに留まったが、翌年発売したApple IIは大成功を収め同社の基礎を作るとともにパーソナルコンピューターの普及を促した。これは整数型BASICインタプリターをROMで搭載し、キーボードを一体化、カラービデオディスプレイ出力機能を内蔵したもので、今日のパーソナルコンピューターの基本的な構成を満たしている。Apple II はオープンアーキテクチャーであったため多くの互換機をも生み出すこととなり、同時にシェアも奪われることにつながった。後に互換機メーカーへの警告や提訴を行ったが、互換機メーカーが無くなることはなかった。パーソナルコンピュータ史 フレッシュアイペディアより)

  • スマートフォン

    スマートフォンから見たアップル インコーポレイテッドアップル インコーポレイテッド

    iOS(当初は OS X iPhone、その後 iPhone OS、現在 iOS) - Appleが開発した自社ハードウェア専用のOS。XNUカーネルやCocoa Touch、WebKitなどMac OS Xと共通するコンポーネントから構成されるが、UIは大きく異なり、バイナリ互換性はない。スマートフォン フレッシュアイペディアより)

  • 1997年

    1997年から見たアップル インコーポレイテッドアップル インコーポレイテッド

    8月6日 - マイクロソフトが1億5000万ドル相当のアップルコンピュータ株を購入し、両社は業務提携およびライセンス交換に合意する。1997年 フレッシュアイペディアより)

  • IEEE 802.11

    IEEE 802.11から見たアップル インコーポレイテッドアップル インコーポレイテッド

    2.4GHz/5GHzの周波数帯域を用い、最大伝送速度600Mbps(40MHzチャネルボンディング、4ストリーム時)、実効速度で100Mbps以上の実現に向け策定された規格。アップル社は「前世代の802.11gワイヤレスネットワークの5倍のデータ転送速度と2倍の通信範囲」と解説している。IEEE 802.11 フレッシュアイペディアより)

  • Extended Copy Protection

    Extended Copy Protectionから見たアップル インコーポレイテッドアップル インコーポレイテッド

    付属するプレーヤーソフトウエアは音楽を再生することができるが、これ以外の操作は非常に限定されたものだけが許される。たとえば曲をある決まった回数だけ別のCDに焼くとか、それを、ほんの2〜3種類のポータブルプレーヤーのような、特定のサポートされているデバイスにダウンロードするなど。人気のiPod(ソニーの商売敵であるアップルコンピュータが販売している)はサポートされていない。Extended Copy Protection フレッシュアイペディアより)

  • 新・mac板

    新・mac板から見たアップル インコーポレイテッドアップル インコーポレイテッド

    新・mac板(しん・マックいた)はインターネットの匿名掲示板2ちゃんねるにある板のうちの一つ。Macintoshやアップルに関する話題を取り扱う板である。新・mac板 フレッシュアイペディアより)

1129件中 61 - 70件表示