295件中 91 - 100件表示
  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たMC68040

    その後、パソコン用の16ビットCPUは逐次32ビットに移行していく。アップルの採用したモトローラ系ではMC68000、MC68020、MC68030、MC68040と推移していく。モトローラのCPUは最初のMC68000から、32ビットへ容易に移行できるように設計されていた。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たiBooks

    iPhoneと同じオペレーティングシステムを採用しており、多くのソフトウェアはiPhoneと互換性がある。マルチタッチスクリーンを採用している。また、米国内で発売される当端末にはiBooksが搭載され、iBookStoreを開設し電子書籍分野にも進出することを発表した。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たPower Macintosh

    技術者が休暇中に趣味で作り上げた68000系エミュレータの出来がよく、またTaligentの開発は困難を極めたため、1994年、PowerPCと68LC040エミュレータを搭載し、従来の68000系のバイナリプログラムの動作も可能なPower Macintoshシリーズを発表する。それまでの上位機種であったQuadraをベースにしており、メモリに72pinSIMM、拡張スロットバスにNuBusを採用する等、ハードウェアの互換性も計られていた。しかし当時のMac OS(System 7.1.1や7.5.2)はバグが多く、度々エラーやフリーズを起こし、快適さと相反する不安定さも兼ね備えていた事実は否定出来ない。Mac OS 7.6までにはその不安定さは解消され、その後しだいに信頼性は向上したが、Mac OS 9.2.2に至るまで100%のPowerPCコードで作られたOSとはならず、メモリ保護もない脆弱さもそのままであった。これらの問題が完全に解消されたシステムは2001年のMac OS Xの登場まで待たねばならなかった。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たiPad mini

    2012年10月24日の製品発表会で手のひらサイズに小型化したiPad miniを発表。同時に、iBooksとiBooks Authorのバージョンアップを発表し、教育現場におけるiPad活用をアピールした。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たアップル認定資格プログラム

    上記のAppleショップと異なり、独立店舗としての展開を中心とする店舗形態。直営店やフランチャイズではなく、それぞれ別の法人が運営。上記に加え、全スタッフ、アップル認定のオンライントレーニングを受講とアップル認定技術者(ACSP)常駐、ワークショップやトレーニングの実施、修理受付サービスなど、よりApple Storeに近いサービスを提供する。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たフォルクスワーゲン・タイプ2

    ジョブズは、マウンテンビューにあったコンピュータショップのバイトショップのオーナーであったポール・テレルに基板(メインロジックボード)を見せた。テレルは非常に強い興味を持ち、30日以内に50台を納品できたら、現金で代金を支払うと提案する。ジョブズは愛車のワーゲンバスを1500ドルで売り、ウォズはヒューレット・パッカードのプログラム電卓を250ドルで売り払い、100台分の部品を集めた。さらにアタリで製図工をしていたロン・ウェインも株式10%分の権利を持つことを条件として参加した。彼はApple Iのマニュアルなどを作成する仕事に従事した。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たパロアルト研究所

    この頃、ジョブズはXEROX社にアップルの株式と交換にパロアルト研究所の見学を申し出る。XEROXの役員は特に意識していなかったのだが、現場の開発者からは「ジョブズが来るということは盗用されてもおかしくない」という不満の声もあった。しかし、結果的に見学の申し出は受け入れられ、1979年の11月と12月の2回に渡り見学が行われた。先進的なSmalltalkで動くGUIを持ち、ビットマップディスプレイとマウスで操作されるAltoのデモにインスピレーションを得たジョブズは、Lisaにアルトと同じ機能を持たせることを意図し、設計に過剰に介入をし始めた。ジョブズがLisaプロジェクトを混乱させている原因と考えた社長のスコットは、1980年の秋にジョブズに株式公開のための仕事を割り当てて、Lisaプロジェクトのメンバーからジョブズを外した。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たWorldwide Developers Conference

    1996年5月、アップルは「Worldwide Developers ConferenceでCoplandを「Mac OS 8」として発売する」と発表した。しかし、期待されていたベータ版の配布は行われず、基調講演でアメリオが新しいFinderのデモを見せる程度で終わってしまった。この頃、Coplandは各モジュールがバラバラに開発されている状態で、OSとして組み上げられないという悲惨なものであった。また、Gershwinは名前とコンセプトの触れ込みだけで、開発は全く手をつけられていなかった。この状況を調べ上げたCTO兼副社長のエレン・ハンコックは、Coplandが完成する見込みがないと早々に判断を下した。IBMやNovellの撤退でOpenDoc計画も中止になり、Coplandは次第に人々の記憶から消えていった。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たRISC

    新しいPCは、CPUにRISCチップであるPowerPC、OSとしてTaligent(開発コード:Pink)、アプリケーションとしてマルチメディア開発ツール・Script Xとも呼ばれた「カレイダ」からなる予定であった。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たPC/AT互換機

    1994年にアップルは、モトローラ、IBMなどにMacintoshのライセンスを与え、互換機ライセンスを開始する。1995年にパワーコンピューティングとパイオニアが初のMac OS互換機を発表すると、akia、UMAX、ラディウスなどが続々と参入した。しかし、PC/AT互換機からの市場奪還は進まず、互換機がMacintoshのシェアを浸食するという結果となった。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

295件中 91 - 100件表示

「米アップル」のニューストピックワード