295件中 111 - 120件表示
  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たアメリカ合衆国

    アップル(Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州クパティーノに本社を置く、インターネット、デジタル家電製品および同製品に関連するソフトウェア製品を研究・設計・製造・販売する多国籍企業である。旧名アップル・コンピュータ(Apple Computer Inc.)。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見た取締役会

    しかし、1984年のクリスマスシーズンは、需要の予測を大きく誤り、Macintoshの過剰在庫に悩まされることになった。この第4四半期で初の赤字を計上、従業員の1/5にあたる人数の削減を余儀なくされた。アップルの経営を混乱させているのはジョブズだと考えるようになったスカリーは、1985年4月にMacintosh部門からの退任をジョブズに要求、取締役会もこれを承認した。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たディスプレイ (コンピュータ)

    これと前後してウォズニアックは、アップルに注力するためにヒューレット・パッカードを退社。Apple Iの再設計を開始した。処理能力の向上と外部ディスプレイへのカラー表示、内部拡張スロット、内蔵キーボード、データ記録用カセットレコーダをもつApple IIをほとんど独力で開発し、1977年4月に発表する。価格は1,298ドル。Apple IIは爆発的に売れ、1980年には設置台数で10万台、1984年には設置ベースで200万台を超え、莫大な利益をアップルにもたらした。Apple II発売に際してApple Iを回収、無償交換キャンペーンでバージョンアップ対応したため現存するものは少ない。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たDTP

    そしてアップルは、Macintosh向けにキヤノンと共同開発したレーザープリンターであるLaserWriterを登場させることで、コンピュータ上で描いた文字や絵を出力する際にドットの粗いディザを表示させることなく、奇麗なアウトラインで出力することを可能にした。また、アルダス社(現アドビシステムズ)の開発したPageMakerとMacintosh、レーザーライターを組み合わせることで、DTPという市場を創造した。現在でもDTP用途ではMacintoshが多用されているのは、この2つの製品による革命と、高価ではあったがグラフィック処理にも耐え得るモトローラ製CPUの採用に起因していると言える。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たデザイン

    2003年10月24日、Mac OS X v10.3 Pantherが発売された。 iPodの売れ行きの好調さ、デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、無線LAN環境の普及により、パソコンの「Digital Hub」化の流れが定着した。Mac OS Xでも大手印刷会社への入稿受け入れが整ったため、遅れていたデザイン、出版分野への導入が徐々に進み始める。またライセンス使用料の追加がないクライアント無制限のMac OS X Server搭載の1UサーバXserve導入とディスクレスNetBoot機能が評価され、東京大学、東京女子大学に大量導入された。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たキーボード (コンピュータ)

    これと前後してウォズニアックは、アップルに注力するためにヒューレット・パッカードを退社。Apple Iの再設計を開始した。処理能力の向上と外部ディスプレイへのカラー表示、内部拡張スロット、内蔵キーボード、データ記録用カセットレコーダをもつApple IIをほとんど独力で開発し、1977年4月に発表する。価格は1,298ドル。Apple IIは爆発的に売れ、1980年には設置台数で10万台、1984年には設置ベースで200万台を超え、莫大な利益をアップルにもたらした。Apple II発売に際してApple Iを回収、無償交換キャンペーンでバージョンアップ対応したため現存するものは少ない。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たベンチャーキャピタル

    Apple Iの最初の取引で、約8,000ドルの利益を手にした。Apple Iを大量に作って売ろうと考えたジョブズは、アタリ時代のボスであったノーラン・ブッシュネルに相談する。ブッシュネルは、ベンチャーキャピタル会社を紹介するが、ジョブズの話に興味を持てず、マイク・マークラを紹介した。マークラは、フェアチャイルドセミコンダクターとインテルのストックオプションで財を成し、若くして隠遁生活を送っていたが、ジョブズの話に興味を持ち1976年11月にアップルに加わった。マークラは個人資産の92,000ドルを投資し、さらにバンク・オブ・アメリカから信用貸付枠を勝ち取った。1977年1月3日、3人はアップルコンピュータを法人化した。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見た1984年 (小説)

    そんなAppleのCMで、とりわけ話題になったものがある。それは、1984年のスーパーボウルの試合中に放送された。タイトルは、その名の通り「1984」。内容は、「1984年1月24日、Apple社はMacintoshを発表いたします。そして我々は、今年1984年が小説『1984年』に描かれているような年にならないということをお目にかけましょう…」と言うもの、このCMは、映画「エイリアン」や「ブレードランナー」、「ブラック・レイン」などを手掛けた監督・リドリー・スコット作によるもので、ビッグ・ブラザーなる独裁者をIBMに見立てており、闇を支配する独裁者を打ち砕くという内容だった。センセーショーナルなこのCMは、数々の賞を総なめにし、これ以降のAppleのCMセンスが確立されたとも言える。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たIntel 8080

    1975年にインテルがi8080をリリースすると、Altair(アルテア)8080というコンピュータ・キットが早速発売されるようになり人気を博した。ウォズは、8080より、MC6800の流れを汲むMOSテクノロジー社のMOS 6502の方が安く、しかも簡易な回路のコンピュータができると確信し、1975年10月から半年間かけて設計、1976年3月に最初のプロト機を完成させた。ホームブリュー・コンピュータ・クラブでデモを行った。ジョブズは自分達で売る事を考えていたが、ウォズはヒューレット・パッカードの社員であるが故に「開発した製品を見せなければならない」と上司にこの機械を見せるが製造販売を断られ、自分達で売り出すこととなった。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たポップアート

    1985年、芸術家でポップアートの旗手として有名なアンディ・ウォーホルは、Appleとのコラボレーションにより6色アップルのMacintoshロゴマークをモチーフにした作品「APPLE」を発表。晩年の代表作である。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

295件中 111 - 120件表示

「米アップル」のニューストピックワード

  • Classic C1

  • Upgrade to Galaxy(iPhoneからGalaxyに買い換えよう)

  • 政治コンサルティング会社Cambridge