295件中 121 - 130件表示
  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見た独裁者

    そんなAppleのCMで、とりわけ話題になったものがある。それは、1984年のスーパーボウルの試合中に放送された。タイトルは、その名の通り「1984」。内容は、「1984年1月24日、Apple社はMacintoshを発表いたします。そして我々は、今年1984年が小説『1984年』に描かれているような年にならないということをお目にかけましょう…」と言うもの、このCMは、映画「エイリアン」や「ブレードランナー」、「ブラック・レイン」などを手掛けた監督・リドリー・スコット作によるもので、ビッグ・ブラザーなる独裁者をIBMに見立てており、闇を支配する独裁者を打ち砕くという内容だった。センセーショーナルなこのCMは、数々の賞を総なめにし、これ以降のAppleのCMセンスが確立されたとも言える。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たMac OS X v10.2

    2002年8月24日、Mac OS X v10\.2 Jaguarがリリース。動作速度がより向上し、細かい部分の使い勝手に多くの改良が施された。事実上、このバージョンが現在に続くMac OS Xの完成型と言える。このバージョンからMac OS Xのみが起動する(Mac OS 9をサポートしない)Macが販売され、少しずつ旧ユーザにも受け入れられたようである。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たカリフォルニア大学サンディエゴ校

    一方で1979年にアップルに入社したジェフ・ラスキンは、Apple IIが一般の人々には複雑すぎると考えていた。マイク・マークラはラスキンに500ドル台のゲーム機(コードネーム:アニー)の担当を打診したが、彼は500ドル台のパーソナルコンピュータの開発を提案し許可される。彼はカリフォルニア大学サンディエゴ校での教え子であったビル・アトキンソンを雇い入れ、またApple IIのメンテナンス担当だったビュレル・スミスなど数人で1979年にMacintosh(マッキントッシュ) プロジェクトを開始する。Macintoshは北米ではポピュラーな小型のリンゴの品種名(ただしリンゴの綴りはMcIntosh、和名は「旭」)である。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たMacBook Pro

    MacBook Pro(13.3インチ、15.4インチ、17インチ)Intel Core i5, Core i7を搭載アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たIEEE 1394

    更に、ベージュや白だったコンピュータ業界を否定する様にトランスルーセントデザインを採用する事で、ジョブズはこのiMacにも似合う周辺機器が開発される事を見越しており、サードパーティー各社はこぞって新製品や現行品の改訂版として同様の半透明素材を採用した製品を発表した。アップルは後にこのiMacのリビジョン改訂を行い、5色になったiMacは"Candy"と名付けられ、色名も"ブルーベリー"、"タンジェリン"、"ストロベリー"、"グレープ"、"ライム"の名称が与えられる。その後もカラーテーマを替えて人目を惹き、それに付随する様にスロットローディングタイプのCD-ROMドライブを採用したり、Power Macintoshにしか与えられていなかったFireWireポートを採用する等でヒットを続け、iMacはアップルに久しぶりの大きな売り上げをもたらした。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たライセンス

    ジョブズがアップルを去ったのに前後して、1985年6月25日にスカリーとハード担当責任者であったガセー宛に、マイクロソフトのビル・ゲイツから「AT&Tやヒューレット・パッカード、ソニーなど有力メーカーにMacintoshのOSをライセンスするべきで、ゲイツ自身もその手助けを惜しまない」という内容のメールが送られた。ゲイツは自社でのOS開発凍結も考えていたほど本気だったようだ。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たエバンジェリスト

    Macintoshの開発は難航し、1984年1月にようやくスーパーボウルの伝説のCM『1984』とともにデビューを果たした。しかし、Apple IIとの互換性はまったくなく、当然対応するサード・パーティのソフトもほとんどなかった。そこでアップルは、外部のソフト会社にマック用のソフト開発を説得する職種であるエバンジェリスト(宣伝部)を作り、ガイ・カワサキらを任命した。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見た最高技術責任者

    1990年、スカリーはMacOS互換機(後述)及びニュートンの方向性を巡ってガセーと対立する事となる。ガセーを辞職させた後、スカリー自身は技術者でないのにも関らずアップルのCTO (最高技術責任者)に着任した。そして1992年、CPU にARMを採用し、ペンデバイスによる手書き認識などを実現した PDA、Newton Messagepadを発表した。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たソフトウェア開発キット

    その後iPhoneのOSはMac OS Xベースであることが公表され、2008年6月にはiPhone OS SDKが公開される。(iPhone OSは後に名称を"iOS"(アイオーエス)に変更) アップルにとってはNewton以来の実質的なPDAへの復帰である。2008年6月9日には、第三世代通信規格のUMTS、高速通信のHSDPAやA-GPSに対応した、iPhone 3Gが発表された。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見た携帯音楽プレーヤー

    ハードウェア製品として、スマートフォンのiPhone、タブレット型情報端末のiPad、パーソナルコンピュータのMacintosh(Mac)シリーズ、携帯音楽プレーヤーのiPodシリーズ。ソフトウェア製品としては、オペレーティングシステムのOS X・iOSや、統合ソフトウェアのiLife。クラウドサービスとしてはiCloudなどの研究・開発・販売を行っている。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

295件中 121 - 130件表示

「米アップル」のニューストピックワード

  • Classic C1

  • Upgrade to Galaxy(iPhoneからGalaxyに買い換えよう)

  • 政治コンサルティング会社Cambridge