295件中 71 - 80件表示
  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たジェフ・ラスキン

    一方で1979年にアップルに入社したジェフ・ラスキンは、Apple IIが一般の人々には複雑すぎると考えていた。マイク・マークラはラスキンに500ドル台のゲーム機(コードネーム:アニー)の担当を打診したが、彼は500ドル台のパーソナルコンピュータの開発を提案し許可される。彼はカリフォルニア大学サンディエゴ校での教え子であったビル・アトキンソンを雇い入れ、またApple IIのメンテナンス担当だったビュレル・スミスなど数人で1979年にMacintosh(マッキントッシュ) プロジェクトを開始する。Macintoshは北米ではポピュラーな小型のリンゴの品種名(ただしリンゴの綴りはMcIntosh、和名は「旭」)である。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たビル・アトキンソン

    一方で1979年にアップルに入社したジェフ・ラスキンは、Apple IIが一般の人々には複雑すぎると考えていた。マイク・マークラはラスキンに500ドル台のゲーム機(コードネーム:アニー)の担当を打診したが、彼は500ドル台のパーソナルコンピュータの開発を提案し許可される。彼はカリフォルニア大学サンディエゴ校での教え子であったビル・アトキンソンを雇い入れ、またApple IIのメンテナンス担当だったビュレル・スミスなど数人で1979年にMacintosh(マッキントッシュ) プロジェクトを開始する。Macintoshは北米ではポピュラーな小型のリンゴの品種名(ただしリンゴの綴りはMcIntosh、和名は「旭」)である。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たSiri

    iPhone 4S - 3モデル(16GB, 32GB, 64GB)。ブラックとホワイトの2色。CPUがApple A5に。一つのモデルで、UMTS (W-CDMA)・GSM及びCDMAのネットワークに対応した。音声アシスタント「Siri」を搭載した。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見た2009年

    2009年8月28日、Mac OS X v10.6 Snow Leopardが発売され、Intel Macのみをサポートした初のバージョンとなった。Finder・QuickTimeが全面的に作り直されるなどシステム全般にわたるブラッシュアップが行われるメジャーアップデートながら、シングルユーザライセンスは米国で29ドル、日本では3300円と低価格で提供されている。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たアタリ (企業)

    1974年、大学を中退しアタリの技師をしていたスティーブ・ジョブズとヒューレット・パッカードに勤務していたスティーブ・ウォズニアック(以下ウォズ)の2人は、地元のコンピュータマニアの集まりであったホームブリュー・コンピュータ・クラブ(「自家醸造」コンピュータ・クラブ)に参加するようになった。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たエイトインク

    Apple Mini Storeは、サンフランシスコに拠点を置くコラボレーティブデザイン事務所エイトインク(Eight Inc.)によって設計されたものである。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たインテル

    1975年にインテルがi8080をリリースすると、Altair(アルテア)8080というコンピュータ・キットが早速発売されるようになり人気を博した。ウォズは、8080より、MC6800の流れを汲むMOSテクノロジー社のMOS 6502の方が安く、しかも簡易な回路のコンピュータができると確信し、1975年10月から半年間かけて設計、1976年3月に最初のプロト機を完成させた。ホームブリュー・コンピュータ・クラブでデモを行った。ジョブズは自分達で売る事を考えていたが、ウォズはヒューレット・パッカードの社員であるが故に「開発した製品を見せなければならない」と上司にこの機械を見せるが製造販売を断られ、自分達で売り出すこととなった。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たフィリップス

    どんな形であってもアップルを売り出したい取締役連中は、その余りにも遅いIBMの動きだけに目をとらわれてしまい、実際のIBMの過去の動向には全く気付いていなかった。最終的にはIBMとの交渉は決裂してしまい、その後にはフィリップスと1株36ドルで交渉を行うが、フィリップスの役員会であっさりと否決されてしまう。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たナショナル セミコンダクター

    1977年5月、ナショナル セミコンダクターからマイケル・スコットを引き抜き、彼を社長の座につける。スコットはアップルをより組織的にするため、社員番号を入れた社員証を発行した。社員番号1は、ウォズニアックに与えられたが、ジョブズはこれをスコットに抗議する。しかし、社員番号1を与えればジョブズの放漫が増すと考えたスコットはこれを拒んだ。ジョブズは結局、社員番号0(振込先の銀行が0番に対応していなかったので実務上は2)を手に入れることで妥協した。ちなみにマークラが3番、スコットが4番の社員番号であった。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

  • アップル インコーポレイテッド

    アップル インコーポレイテッドから見たアップル・コア

    英アップル社(Apple Corps)と「Apple」の名称およびロゴの使用を巡って裁判で争ったことがあり、Apple Computerが音楽事業を行わないことで和解していたが、iPod や iTunes の登場によって契約違反として再度訴訟問題となった。この問題は、2007年に、Apple Inc. が Apple Corps に5億ドルを支払って「Apple」に関連する商標権を保有し、Apple Corps がライセンスを得て使用することで最終的に和解した。アップル インコーポレイテッド フレッシュアイペディアより)

295件中 71 - 80件表示

「米アップル」のニューストピックワード