213件中 71 - 80件表示
  • スティーブン・エロップ

    スティーブン・エロップから見たアドビシステムズアドビシステムズ

    オンタリオ州アンカスター出身、同州ハミルトンのマックマスター大学卒業。アドビシステムズやジュニパーネットワークスなどで重役を務め、2008年1月にマイクロソフトに入社、ビジネス部門担当プレジデントをつとめていた。スティーブン・エロップ フレッシュアイペディアより)

  • Wolframデモンストレーションプロジェクト

    Wolframデモンストレーションプロジェクトから見たアドビシステムズアドビシステムズ

    ウェブを介して小さいインタラクティブプログラムを配信する方法には、ほかにサン・マイクロシステムのJavaアプレットやアドビシステムズのFlash、オープンソースのProcessingがある。しかし、Wolframデモンストレーションプロジェクトのデモンストレーションは、Mathematicaのアルゴリズム的機能と可視化機能を利用できるため、テクニカルなデモンストレーションにより適したものとなっている。Wolframデモンストレーションプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • Spry

    Spryから見たアドビシステムズアドビシステムズ

    Spry(スプライ)は、アドビシステムズ株式会社が中心となって開発しているAjax用アプリケーションフレームワークである。Spry フレッシュアイペディアより)

  • Gnash

    Gnashから見たアドビシステムズアドビシステムズ

    Adobe は Flash の仕様書を公開している。しかし、以前は Flash の再生ソフトの開発に利用することを認めていなかった。そのため、Gnash の開発メンバーは Adobe のライセンスに縛られないように、それを参照せず Adobe の開発ツールを利用せずに、ウェブ上に存在する Flash ファイルを集めて解析するというクリーンルーム方式での開発を行っていた。しかし、2008年5月1日のライセンス変更で Open Screen Project が始まり、仕様書を参照しながら互換プレーヤーを作れるようになった。Gnash フレッシュアイペディアより)

  • Common Unix Printing System

    Common Unix Printing Systemから見たアドビシステムズアドビシステムズ

    CUPSはUnixの印刷スプーラとスケジューラ、フィルタ・システム、およびバックエンド・システムからなる。 このうち、フィルタ・システムは印刷データをプリンタが理解可能な形式へ変換することを受け持ち、バックエンド・システムはそのデータをプリンタへと送ることを受け持つ。CUPSは印刷ジョブとキューを取り扱う基盤としてIPP (Internet Printing Protocol)を用いている。またCUPSはUnixで伝統的なSystem V形式と BSD (バークレー) 形式のコマンド・ラインのインターフェースもサポートしており、さらに SMB プロトコルも部分的にサポートしている。CUPSが提供するデバイス・ドライバは、アドビのPPD (PostScript Printer Description)形式のテキスト・ファイルを用いて設定が可能である。CUPSを設定するためCUPS自身はウェブ (HTTP)を用いた組込みのインターフェースを有している。また多くのユーザ・インターフェースがさまざまなプラットフォームに対して用意されており、ESP Print Proといった商用パッケージだけでなく、KUPS、GtkLP、QtKUPS、XPPなどのオープンソースライセンスで開発されているGUIがいくつも存在する。 CUPSはGNU General Public LicenseとGNU Lesser General Public License, Version 2の元で配布されている。Common Unix Printing System フレッシュアイペディアより)

  • ボーリング・グリーン州立大学

    ボーリング・グリーン州立大学から見たアドビシステムズアドビシステムズ

    Shantanu Narayen  アドビシステムズ現社長およびCOO(Chief Operating Officer)ボーリング・グリーン州立大学 フレッシュアイペディアより)

  • 若野桂

    若野桂から見たアドビシステムズアドビシステムズ

    1986年、岐阜県立大垣東高等学校卒業。1980年代後半から活動を開始し、アップル社のMacintoshとアドビ社のソフトウエア Illustratorを使用したベジェ曲線を駆使した2DCGやハイパーカードを応用したデサイン指向かつ平面的なムービーをストリート・アートの世界に持ち込んだ。独特のファジーな色彩と1960年代から1980年代の文化やブラック・カルチャーにアーキグラム的解釈も融合した独自の手法と世界観を生み出し、世界中に膨大なフォロワーを生み、1990年代グラフィックのスタンダードな存在となる。アートの世界では、ベジェ曲線/2DCGグラフィックスのパイオニア的存在と認識される。若野桂 フレッシュアイペディアより)

  • 詰め組み

    詰め組みから見たアドビシステムズアドビシステムズ

    日本のグラフィックデザインは1980年代ころから、紙上のレイアウト作業からパーソナルコンピュータを用いたデスクトップ・パブリッシング (DTP) に移行し始める。コンピュータ上の欧文フォントではすでに、不定幅の文字やカーニングペアに対応するためプロポーショナルフォント技術が実用されていたが、これを日本語の仮名にも応用したフォントが生まれた。アドビシステムズはPostScriptフォント用文字セットの2000年版であるAdobe-Japan1-4で、仮名に「プロポーショナル幅」() のグリフを追加した。1997年(平成9年)に写研が写植機の製造を終了したことで、DTPへの移行は事実上完了した。詰め組み フレッシュアイペディアより)

  • Adobe Digital Publishing Suite

    Adobe Digital Publishing Suiteから見たアドビシステムズアドビシステムズ

    Adobe Digital Publishing Suiteは、米アドビシステムズが制作、販売するタブレット型電子機器向けの電子書籍出版用の包括的ソリューションである。Adobe Digital Publishing Suite フレッシュアイペディアより)

  • Ericom Software

    Ericom Softwareから見たAdobeアドビシステムズ

    さらに、Ericom BlazeはターミナルサーバーからAdobe PDFコンテンツを送信する際のパフォーマンス向上、Autodesk AutoCADのグラフィックスをRDP経由で送信する際のパフォーマンス向上を目的として用いる事もできる。Ericom Software フレッシュアイペディアより)

213件中 71 - 80件表示