前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
867件中 1 - 10件表示
  • CPU年表

    CPU年表から見たインテルインテル

    コンピュータのCPUは従来、多数のトランジスタや集積回路 (IC) を組み合わせて機能を実現していたが、1970年代に入ると、CPUの機能を1つのICで実現したマイクロプロセッサ (MPU) が登場した。MPU登場の背景には、1960年代後半に日本で起こった電卓戦争と呼ばれる開発競争があった。電卓戦争の中で世界初の商用シングルチップMPU(=CPU) インテル 4004が誕生した。CPU年表 フレッシュアイペディアより)

  • マイクロプロセッサ

    マイクロプロセッサから見たインテルインテル

    一般用マイクロプロセッサは、1971年にインテルによって開発された。このマイクロプロセッサは当初電卓用に開発された、性能が非常に限られたものであったが、生産や利用が大幅に容易となったため大量に使われるようになり、その後に性能は著しく向上し、価格も低下していった。この過程でパーソナルコンピュータやRISCプロセッサも誕生した。また同じくインテルにより「マイクロプロセッサの性能は約18ヶ月で倍になる」というムーアの法則も唱えられ、今日までこの法則に従い性能が向上し続けている。マイクロプロセッサ フレッシュアイペディアより)

  • トランスメタ

    トランスメタから見たインテルインテル

    トランスメタはそのマイクロプロセッサ技術を極めて革新的で先進的なものとして低消費電力市場に売り込んできた。彼らはx86市場で電力面でも性能面でも一番となることを目標としていた。しかし最初のCrusoeは、計画に比べて性能がかなり不十分だった。しかも市場はCrusoeの開発の間にも進んでいた。インテルとAMDはどんどん性能を向上させ、低消費電力化にも取り組み始めていた。したがって、最初のCrusoeはすぐに市場の片隅、あまり数の見込めない小型の低消費電力市場に追いやられてしまったのである。トランスメタ フレッシュアイペディアより)

  • ディジタル・イクイップメント・コーポレーション

    ディジタル・イクイップメント・コーポレーションから見たインテルインテル

    そのPDPシリーズとVAXシリーズは1970年代と1980年代の科学技術分野において、最も一般的なミニコンピュータだった。1957年から1992年まで、本社はマサチューセッツ州メイナードにあるかつてのウール工場だった Clock Tower Place に置かれていた。1998年にコンパックに買収され、コンパックが2001年にヒューレット・パッカード (HP) に買収されている事から、現在、その製品群はHPの名前で販売され続けている。かつてのDECの一部事業(特にコンパイラ関連)やマサチューセッツ州ハドソンの工場はインテルに売却されている。ディジタル・イクイップメント・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • セカンドソース

    セカンドソースから見たインテルインテル

    需要者である電機メーカーなどは、最終製品の設計を行った後では、その半導体を他の製品に置き換えることは不可能なほど、その半導体の機能に依存した製品開発を行うようになっており、こういった幾分不確実な供給に対しても、ただ供給量の向上を待つ他にすべがない事が多い。需要者は半導体製品の採用決定過程で、可能ならば、単独の供給源しかない製品を避け、複数のメーカーが生産しているものを選ぶという対策を取った。例えば、IBM社が自社パーソナルコンピュータの開発を行う途上、インテルよりCPUの供給を仰ぐに際して、他社とセカンドソース契約を結ぶ様に義務づけた。セカンドソース フレッシュアイペディアより)

  • DEC Alpha

    DEC Alphaから見たインテルインテル

    1998年、DECがコンパックに買収されると、Alphaアーキテクチャもコンパックのものとなった。コンパックはインテルの顧客でもあり、予定されていたHP/インテルのItaniumアーキテクチャを採用するためAlphaを徐々にフェーズアウトさせることにし、Alpha関連の知的財産権を2001年にインテルに売却し、実質的に製品として見切りをつけた。2002年HPがコンパックを買収し、2004年まで既存製品の開発を継続し、既存顧客向けに2006年10月までAlphaベースのシステムの販売継続を約束した(その後2007年4月に延長)。DEC Alpha フレッシュアイペディアより)

  • カシオペア (コンピュータ)

    カシオペア (コンピュータ)から見たインテルインテル

    Pocket PC 2002。SD/CFカード両方に対応。マイクロソフトの方針変更によりARM系となる。CPU:インテルStrongARM SA-1110 206MHzカシオペア (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ

    コンピュータから見たインテルインテル

    コンピュータの内部では命令は二進コード、つまり2を底とする計数法で表現される。例えば、インテル系のマイクロプロセッサで使われるあるコピー命令のコードは10110000である。ある特定のコンピュータがサポートする特定の命令セットをそのコンピュータの機械語と呼ぶ。コンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たインテルインテル

    パーソナルコンピュータの種類にはデスクトップ、ノートブック、タブレットPCなどがあるがアーキテクチャ的にはほとんど同じものである。パソコンCPU市場はインテルが圧倒的なシェアを誇り、AMDがそれに次ぐ。両社がパソコン向けに供給するマイクロプロセッサは全てx86互換である(組み込みシステムで普及しているARMアーキテクチャなどは設計を多数のメーカーにライセンスする方式をとり、おびただしい種類のASICが存在するのとは対照的である)。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みLinux

    組み込みLinuxから見たインテルインテル

    Linuxに関する統括的団体であるリナックスファウンデーションも組み込みLinuxを推進している。2005年にリナックスファウンデーションに合流した Embedded Linux Consortium (2000年3月結成) には、IBM、インテル、LynuxWorks などが参加し、APIの標準化を行っていた。そこで作成された ELCPS (Embedded Linux Consortium Platform Specification) は、組み込みLinuxを使った機器の開発において、アプリケーションの移植性を有する標準プラットフォームとしてどのような機能を含めるべきかのガイドとなっている。組み込みLinux フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
867件中 1 - 10件表示