985件中 111 - 120件表示
  • ファイバーチャネル・オーバー・イーサネット

    ファイバーチャネル・オーバー・イーサネットから見たインテルインテル

    CNAのメーカーにはブロケード、Emulex、インテル、QLogicがある。スイッチのメーカーにはブロケード、シスコシステムズなどがある。ファイバーチャネル・オーバー・イーサネット フレッシュアイペディアより)

  • やくしまるえつこ

    やくしまるえつこから見たインテルインテル

    2009年 9月14日 「分解くんの歌」「宇宙ちゃんの歌」限定無料配信。インテルのCMソング。やくしまるえつこ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ノイス

    ロバート・ノイスから見たインテルインテル

    ロバート・ノートン・ノイス(, 1927年12月12日 - 1990年6月3日)は、フェアチャイルドセミコンダクター(1957年創業)とインテル(1968年)の共同創業者の1人であり、the Mayor of Silicon Valley(シリコンバレーの主)とあだ名された人物。ジャック・キルビーと並んで集積回路を発明したことでも知られている。彼の事業の成功は、その後の世代の起業家(例えばアップルを起業したスティーブ・ジョブズなど)にとっては、師であり目標だった。ロバート・ノイス フレッシュアイペディアより)

  • CPU設計

    CPU設計から見たインテルインテル

    1秒当たりの命令実行数 - 多くの消費者は既存の多数あるソフトウェアをそのまま実行できるアーキテクチャを選ぶ傾向にある(通常、インテルのIA-32アーキテクチャ)。また、そのような大多数の人々はベンチマークについて知識を持たず、クロック周波数でCPUを選ぶ傾向がある。CPU設計 フレッシュアイペディアより)

  • ハイパースレッディング・テクノロジー

    ハイパースレッディング・テクノロジーから見たインテルインテル

    ハイパースレッディング・テクノロジー (Hyper-Threading Technology、HTT) とは、インテルのハードウェアマルチスレッディング実装に対する同社の商標である。当初は、NetBurstマイクロアーキテクチャにおける同時マルチスレッディング (Simultaneous Multithreading; SMT) の実装に対して用いられていたが、その後、コードネームMontecitoの名で知られるプロセッサナンバー 90xxのItaniumに於けるSwitch-on-Event Multi-threading (SoEMT) (ブロック型マルチスレッディングの一種)にも用いられ、LPIA (Low Power on Intel Architecture) 製品の1つであるインオーダープロセッサのIntel AtomのSMT実装もハイパースレッディング・テクノロジーと称している。ハイパースレッディング・テクノロジー フレッシュアイペディアより)

  • プロテクトモード

    プロテクトモードから見たインテルインテル

    プロテクトモードは1982年、インテルの 80286 (286) プロセッサのリリースと共にx86アーキテクチャに追加され、1985年の 80386 (386) で拡張された。プロテクトモードの追加による機能向上によって広く採用され、同時にそれがその後のx86アーキテクチャの全ての強化の基礎となった。プロテクトモード フレッシュアイペディアより)

  • FPU

    FPUから見たインテルインテル

    AMDではAm9511をAPU (Arithmetic Processing Unit) と呼んでおり(2011年以降はAPUをAccelerated Processing Unitの略称として使用)、インテルではx87をNDP(Numeric data processor, 数値演算コプロセッサ)、またその命令についてNPX(Numeric Processor eXtension)とも呼んでいる。FPU フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク市立大学シティカレッジ

    ニューヨーク市立大学シティカレッジから見たインテルインテル

    Grove School of Engineering (工学) - 2005年に卒業生であるインテルの共同創業者アンドルー・グローヴ氏が2千6百万ドルという巨額を工学部に寄与した。グローヴ・スクールの名称は彼の名前に因み名付けられた。ニューヨーク市立大学シティカレッジ フレッシュアイペディアより)

  • NCR (企業)

    NCR (企業)から見たインテルインテル

    1990年、System 3000 をリリース。インテルの386および486CPUを採用した、ラップトップから超並列まで7段階の機種をそろえたファミリである。その多くは広く使われていたISAではなくIBMの Micro Channel Architecture を採用し、SCSIを採用していた。そのため高性能だが価格設定も高かった。NCR (企業) フレッシュアイペディアより)

  • PA-RISC

    PA-RISCから見たインテルインテル

    HPとインテルは Itanium(IA-64 ISA)を共同開発し、PA-RISCはItaniumに取って代わられた。2008年末にはPA-RISCベースの HP 9000 システムの販売を終了したが、サポートは2013年まで継続予定である。PA-RISC フレッシュアイペディアより)

985件中 111 - 120件表示

「米インテル」のニューストピックワード