985件中 131 - 140件表示
  • コンパイラ最適化

    コンパイラ最適化から見たインテルインテル

    マシン依存の最適化の具体例を示す。レジスタに0を設定する最もシンプルな方法は、命令内で 0 という定数(イミディエート値)をレジスタに設定することである。別のより技巧的な方法では、レジスタを自分自身とのXORの演算結果で置き換える方法がある。どちらの方法を利用するかはコンパイラ次第である。多くのRISCの場合、どちらの方法でも命令長と実行時間に違いはない。インテルx86系などでは、XORを使った方法がより短く速い。これはイミディエート値をデコードする必要がなく、内部のimmediate operand registerを使わないため。またXOR命令がレジスタの依存関係によってパイプライン停止を招くことがあるが、自分自身のXORではパイプラインは停止しない。コンパイラ最適化 フレッシュアイペディアより)

  • コンパック

    コンパックから見たインテルインテル

    1998年1月、コンパックは絶好調に達した。CEOのファイファーは、マイクロソフトとインテルの「ウィンテル」は「ウィンテルパック」という言葉で置き換えられるだろうと予言した。コンパック フレッシュアイペディアより)

  • IBM PC

    IBM PCから見たインテルインテル

    IBM PC (IBM 5150)はマイクロソフトBASIC(IBMカセットベーシック)をROMに搭載し、モノクロディスプレイを利用できるMDAアダプタか、標準的なテレビを利用できるCGAビデオカードかを選択できた。標準記憶装置はカセットテープで、フロッピーディスクはオプションでハードディスクは利用できない。5つの拡張スロットを装備し、IBM純正の最大拡張メモリ容量は256KBで、メイン基板上の64KBと3本の64KBの拡張カードという構成であった。CPUは4.77 MHzの8088で(1978年 初期バージョン。インテル版は1978年、1982年、1982年のバージョンがあり、1983年以降はAMDのセカンドソース版も採用された)、日本電気 (NEC) V20と交換することで若干高速化できた。また8087コプロセッサを追加することで計算処理能力を強化できた。IBMは9、36、16 KBのDRAMチップのいずれかを使って16KBまたは64KBのRAMをプリインストールした構成で販売した。最終的にはより多くの拡張ボードスロットを搭載し、同時にハードディスクを搭載可能な拡張筐体 IBM 5161 をリリースした。IBM PCは家庭市場向けとしては高価すぎたが、意外にもビジネス市場で大きな成功を収めた。IBM PC フレッシュアイペディアより)

  • Advanced Host Controller Interface

    Advanced Host Controller Interfaceから見たインテルインテル

    Advanced Host Controller Interface (AHCI) とは、インテルが策定したシリアルATA (SATA) ホストバスアダプタのインターフェース仕様である。Advanced Host Controller Interface フレッシュアイペディアより)

  • シリコンバレー

    シリコンバレーから見たインテルインテル

    名称は、多数の半導体メーカー(半導体の主原料はケイ素、)が集まっていたこと、および地形(渓谷、)に由来する。この地域からはアップル、インテル、ナショナル・セミコンダクター、Google、Facebook、Yahoo、アドビシステムズ、シスコシステムズなどに代表されるソフトウェアやインターネット関連企業が多数生まれ、IT企業の一大拠点となっている。シリコンバレー フレッシュアイペディアより)

  • NVIDIA

    NVIDIAから見たインテルインテル

    2005年 インテル向けのチップセットの投入。チップセットメーカーのULiを買収すると発表。NVIDIA フレッシュアイペディアより)

  • ブロックチェーン

    ブロックチェーンから見たインテルインテル

    2017年5月、R3は、SBIホールディングスの主導でBank of America、Merrill Lynch、HSBC、Intel、Temasekなどの参加により1億700万ドルの資金を調達したと発表した。他にも、ING、Banco Bradesco、Itaü Unibanco、Natixis、Barclays、UBS、Wells Fargoなどが賛同、出資に参加している。ブロックチェーン フレッシュアイペディアより)

  • 呼出規約

    呼出規約から見たインテルインテル

    インテルx86ベースのシステム上のC/C++では cdecl 呼出規約が使われることが多い。cdeclでは関数への引数は右から左の順でスタックに積まれる。関数の戻り値は EAX(x86のレジスタの一つ)に格納される。呼び出された側の関数ではEAX, ECX, EDXのレジスタの元の値を保存することなく使用してよい。呼び出し側の関数では必要ならば呼び出す前にそれらのレジスタをスタック上などに保存する。スタックポインタの処理は呼び出し側で行う。呼出規約 フレッシュアイペディアより)

  • PowerPC

    PowerPCから見たインテルインテル

    1991年、PowerPCはAIM連合における最大要素の一つとなった。当時のパーソナルコンピュータ市場ではマイクロソフトがWindowsを開発中であり、インテル製プロセッサはその支配を強めつつあった。また、CISCアーキテクチャのインテル80386及び80486が大半のコンピュータに採用されており、後継のPentiumプロセッサの開発も順調に進んでいた。PowerPCプロセッサは冒険的な要素を含んでいたものの、拡大するマイクロソフトとインテルによる支配に対抗するため、開発が進められた。PowerPC フレッシュアイペディアより)

  • サン・マイクロシステムズ

    サン・マイクロシステムズから見たインテルインテル

    2000年9月には、インテル系のCPUとLinuxの組合せのサーバを販売していたコバルトシステムを買収し、インテル系のCPUとLinuxを組み合わせたサーバが2001年からサンから販売された。2005年にはStorageTek(STK)、2008年1月にはMySQLの買収を発表した。サン・マイクロシステムズ フレッシュアイペディアより)

985件中 131 - 140件表示

「米インテル」のニューストピックワード