985件中 11 - 20件表示
  • マイクロプロセッサ

    マイクロプロセッサから見たインテルインテル

    当初のコンピュータにおいて、CPUは真空管やトランジスタなどの単独素子を大量に使用して構成されたり、集積回路が開発されてからも、たくさんの集積回路の組み合わせとして構成されてきた。製造技術の発達、設計ルールの微細化が進むにつれてチップ上に集積できる素子の数が増え、一つの大規模集積回路にCPU機能を納めることが出来るようになった。汎用のマイクロプロセッサとして最初のものは、1971年にインテルが開発したIntel 4004である。このマイクロプロセッサは当初電卓用に開発された、性能が非常に限られたものであったが、生産や利用が大幅に容易となったため大量に使われるようになり、その後に性能は著しく向上し、価格も低下していった。この過程でパーソナルコンピュータやRISCプロセッサも誕生した。ムーアの法則に従い、集積される素子数は増加し続けている。現在ではマイクロプロセッサは、大きなメインフレームから小さな携帯電話や家電まで、さまざまなコンピュータや情報機器に搭載されている。マイクロプロセッサ フレッシュアイペディアより)

  • Intel A100

    Intel A100から見たインテルインテル

    Intel A100(インテル エー100)は、インテルのLPIAカテゴリのIA-32マイクロプロセッサ。IntelのCPUとしては例外的にブランドを持たず、形式番号のみで呼称されている。そのため、シリーズを表す場合はトップナンバーのA100が用いられる。コードネームは Stealey(スティーリィ)。LPIAカテゴリの後続のプロセッサはAtomブランド(シリーズ)である。Intel A100 フレッシュアイペディアより)

  • ピクト

    ピクトから見たインテルインテル

    インテル インテル Centrino 2 プロセッサー・テクノロジー 「セントリーノ・ダンス」篇ピクト フレッシュアイペディアより)

  • Pentium FDIV バグ

    Pentium FDIV バグから見たインテルインテル

    Pentium FDIV バグは、インテルのPentiumプロセッサに含まれていた、特定の値の除算の結果が誤ったものになる、というバグである。Pentium FDIV バグ フレッシュアイペディアより)

  • マイクロプログラム方式

    マイクロプログラム方式から見たインテルインテル

    ただし、CISCであるインテルのx86系CPUも、i486以後でワイヤードロジックなどRISCの技術を徐々に取り入れた。またRISCであるサン・マイクロシステムズのSPARC、IBMのPOWERも必要に応じて命令セットの追加を繰り返しているため、現在ではCISC、RISCという分類の意義は薄れている。マイクロプログラム方式 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡郁夫

    西岡郁夫から見たインテルインテル

    西岡 郁夫(にしおか いくお、1943年生まれ- )は、株式会社イノベーション研究所の創業者、元インテル株式会社代表取締役社長・会長。大阪府出身。西岡郁夫 フレッシュアイペディアより)

  • 64ビット

    64ビットから見たインテルインテル

    インテルのIntel 64(Xeon Nocona以降、詳細は x64 を参照。)64ビット フレッシュアイペディアより)

  • オーバークロック

    オーバークロックから見たインテルインテル

    その為、インテル、AMDの両CPUメーカーやマザーボード・パーツの各メーカーにとっても、オーバークロックは表向きには推奨しなくとも、宣伝・セールス面で無視する事ができない要素になっている(AMDは宣伝の一環として、オーバークロック専用に製造されたCPUを景品にしたオーバークロック大会を開催するほどである)。実際、マスメディア対応の一つとして、オーバークロック関連の記事を多く執筆しているパソコン関係のライターがいる編集部などに対しては、予めその方向でテスト使用される事を前提として、オーバークロックへの耐性が高そうなパーツを選別してテスター品として提供する事もある。また、明らかにオーバークロックで使用される事を前提にした、インテルの「Extreme Edition」、AMDの「Black Edition」のようなクロック倍率を固定していないCPUや、自動調整のオーバークロック機能を搭載したマザーボード、常時オーバークロック状態で動作する事を前提とした設定のビデオカードやメモリも販売されている。オーバークロック フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みLinux

    組み込みLinuxから見たインテルインテル

    Linuxに関する統括的団体であるLinux Foundationも組み込みLinuxを推進している。2005年にLinux Foundationに合流した Embedded Linux Consortium (2000年3月結成) には、IBM、インテル、LynuxWorks などが参加し、APIの標準化を行っていた。そこで作成された ELCPS (Embedded Linux Consortium Platform Specification) は、組み込みLinuxを使った機器の開発において、アプリケーションの移植性を有する標準プラットフォームとしてどのような機能を含めるべきかのガイドとなっている。組み込みLinux フレッシュアイペディアより)

  • x86仮想化

    x86仮想化から見たインテルインテル

    本来のx86アーキテクチャは、命令セット中に特権命令でないセンシティブな命令がある。このためPopekとGoldbergの仮想化要件を満たしていない。2005年と2006年、インテルとAMDがそれぞれx86アーキテクチャを拡張することでこれに対応し、他の仮想化での問題にも対処した。x86仮想化 フレッシュアイペディアより)

985件中 11 - 20件表示

「米インテル」のニューストピックワード