867件中 21 - 30件表示
  • Dynamic Random Access Memory

    Dynamic Random Access Memoryから見たインテルインテル

    コンデンサ・メモリーの元祖であるABCではジョギングと呼ばれた。リフレッシュという用語は米インテル社によって付けられた。Dynamic Random Access Memory フレッシュアイペディアより)

  • スーパーコンピュータ

    スーパーコンピュータから見たインテルインテル

    さらに、21世紀からのx86プロセッサの価格性能比の向上に合わせ、インテルやAMDのCPUを採用するメーカーが増加している。x86の流れをくむx86-64アーキテクチャを含めると2010年6月に発表された第35回TOP500ランキングでは500台中450台がx86プロセッサを採用しており、PowerPCを含むPOWERベースのシステムと共に市場を二分しつつある。スーパーコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • マイクロプログラム方式

    マイクロプログラム方式から見たインテルインテル

    ただし、CISCであるインテルのx86系CPUも、i486以後でワイヤードロジックなどRISCの技術を徐々に取り入れた。またRISCであるサン・マイクロシステムズのSPARC、IBMのPOWERも必要に応じて命令セットの追加を繰り返しているため、現在ではCISC、RISCという分類の意義は薄れている。マイクロプログラム方式 フレッシュアイペディアより)

  • オーバークロック

    オーバークロックから見たインテルインテル

    その為、インテル、AMDの両CPUメーカーやマザーボード・パーツの各メーカーにとっても、オーバークロックは表向きには推奨しなくとも、宣伝・セールス面で無視する事ができない要素になっている(AMDは宣伝の一環として、オーバークロック専用に製造されたCPUを景品にしたオーバークロック大会を開催するほどである)。実際、マスメディア対応の一つとして、オーバークロック関連の記事を多く執筆しているパソコン関係のライターがいる編集部などに対しては、予めその方向でテスト使用される事を前提として、オーバークロックへの耐性が高そうなパーツを選別してテスター品として提供する事もある。また、明らかにオーバークロックで使用される事を前提にした、インテルの「Extreme Edition」、AMDの「Black Edition」のようなクロック倍率を固定していないCPUや、自動調整のオーバークロック機能を搭載したマザーボード、常時オーバークロック状態で動作する事を前提とした設定のビデオカードやメモリも販売されている。オーバークロック フレッシュアイペディアより)

  • 電卓

    電卓から見たインテルインテル

    電卓戦争の過程で、世界初のマイクロプロセッサであるインテル 4004が誕生した。電卓 フレッシュアイペディアより)

  • フェアチャイルドセミコンダクター

    フェアチャイルドセミコンダクターから見たインテルインテル

    カーターの後任は当然ノイスだと見られていたが、取締役会は彼を選ばなかった。シャーマンが取締役会を誘導してリチャード・ホジスンが社長に就任。数カ月後、ノイスが経営委員会を結成してホジスンを辞任させると、シャーマン・フェアチャイルドはノイス以外の新CEOを探し始めた。それを察知したノイスは研究開発部門責任者だったゴードン・ムーアと新会社を創業する計画を慎重に進めた。1968年、2人はフェアチャイルドを辞めてインテルを創業。間もなくアンドルー・グローヴを引き抜き、同時にフェアチャイルドの研究所で生まれた革新的なMOSシリコンゲート技術 (SGT) を入手した。MOS-SGTを生み出したのはフェデリコ・ファジンである。フェアチャイルドでは、SGTが単に高速・高信頼・高密度の集積回路製造技術というだけでない可能性を秘めていることは、すぐには理解されなかった。例えば、CCDイメージセンサ、DRAM、EPROMやフラッシュメモリなどの不揮発性メモリもMOS-SGTが基盤となっている。インテルはSGTをメモリ開発にすぐさま応用した。フェデリコ・ファジンはフェアチャイルド内で不満を溜め、1970年にインテルに移り、SGTを使った最初のマイクロプロセッサ設計に携わることになった。インテルの出資者としては、ホジスンとフェアチャイルド創設メンバー5人が名を連ねている。フェアチャイルドセミコンダクター フレッシュアイペディアより)

  • IA-64

    IA-64から見たインテルインテル

    IA-64(Intel Architecture 64、あいえーろくじゅうよん)はインテルとヒューレット・パッカードが共同で開発した、64ビットマイクロプロセッサのアーキテクチャであり、Itaniumで採用されている。IA-64 フレッシュアイペディアより)

  • Intel A100

    Intel A100から見たインテルインテル

    Intel A100(インテル エー100)は、インテルが開発製造販売を行っているマイクロプロセッサで、LPIAと呼ばれる低消費電力でIA-32命令セットアーキテクチャに基づくカテゴリの製品。IntelのCPUとしては例外的にブランドを持たず、形式番号のみで呼称されている。その為、シリーズを表す場合はトップナンバーのA100が用いられる。Intel A100 フレッシュアイペディアより)

  • HP Integrity NonStop

    HP Integrity NonStopから見たインテルインテル

    2005年6月 インテル®Itanium®2プロセッサ搭載 「HP Integrity NonStop サーバ NS16000」発表HP Integrity NonStop フレッシュアイペディアより)

  • SuperMUC

    SuperMUCから見たインテルインテル

    2012年6月18日にドイツのハンブルクで開催されたISCにて発表されたTOP500リストで、SuperMUCは4位となり、ヨーロッパで最速のスーパーコンピュータとなった。またSuperMUCは、世界のインテル互換系システムとしても最速となった。SuperMUC フレッシュアイペディアより)

867件中 21 - 30件表示