985件中 31 - 40件表示
  • Dynamic Random Access Memory

    Dynamic Random Access Memoryから見たインテルインテル

    リフレッシュという用語は、米インテル社によって付けられた。なお、コンデンサ・メモリの元祖であるABCでは、ジョギングと呼ばれていた。Dynamic Random Access Memory フレッシュアイペディアより)

  • x64

    x64から見たインテルインテル

    実際には、AMDが発表したAMD64命令セット、続けてインテルが採用したIntel 64命令セット(かつてIA-32eまたはEM64Tと呼ばれていた)などを含む、各社のAMD64互換命令セットの総称である。x86命令セットと互換性を持っていることから、広義にはx86にx64を含む場合がある。x64 フレッシュアイペディアより)

  • Project Monterey

    Project Montereyから見たインテルインテル

    Project Montereyは1998年10月に発表され、いくつかのUNIXベンダーが参加した。当時、IA-64 がUNIXサーバ市場を支配するとの見方があり、計画の中心は IA-64向けの高信頼なUNIXを開発することになった。1998年IBMはAIXからPOWERおよびPowerPCサポート機能を提供した。SCOはインテル IA-32サポート機能を提供した。シークエントはDYNIX/ptxからマルチプロセッサ機能を提供した。インテルは、当時まだリリースされていなかった IA-64 に関する情報を提供し、独立系ソフトウェアベンダーが IA-64 向けにアプリケーションを移植する際の資金協力をした。Project Monterey フレッシュアイペディアより)

  • Am80286

    Am80286から見たインテルインテル

    Am80286 (Am286) は、インテルのライセンス供与を受けてアドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD) が製造した80286マイクロプロセッサ。Am80286 フレッシュアイペディアより)

  • シンピュータ

    シンピュータから見たインテルインテル

    プロセッサは初めインテルStrongARM 206MHzだったが、現在のモデルはIntel PXA255を使っている。RAMは64Mバイト。フラッシュメモリは32Mバイト。シンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • Mini-ITX

    Mini-ITXから見たインテルインテル

    Mini-ITXのマザーボードは組み込みシステムで用いられることを前提に設計され、製品としてはVIA製のEden、EPIA(C3)シリーズなどが大多数を占めているが、インテルやAMDのCPU向けの製品も少数ながら作られている。2008年6月にIntel Atom搭載のMini-ITXマザーボードをインテルが発売して以降、各社が続々と同様のマザーボードを販売しており、着目されている。Mini-ITX フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・ファジン

    フェデリコ・ファジンから見たインテルインテル

    フェデリコ・ファジン(伊: Federico Faggin、1941年12月1日 - )は、イタリア生まれの物理学者にして電気工学者であり、世界初のマイクロプロセッサの設計に関わり、Intel 4004 の開発プロジェクトとマーケティングを成功に導いたことで知られている。インテルの初期の5年間、マイクロプロセッサ設計の中心的人物として働いた。その後の5年間、世界初のマイクロプロセッサ専業メーカーであるザイログを創立し、CEO として同社を先導した。フェデリコ・ファジン フレッシュアイペディアより)

  • ネットワークコンピュータ

    ネットワークコンピュータから見たインテルインテル

    NCにはインテルのCPUとマイクロソフトのソフトウェアが採用されていなかったため、NCによって彼らのデスクトップコンピュータ市場のシェアを奪われないよう、マイクロソフトとインテルは競合する標準 NetPC を開発した。ネットワークコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • ノースブリッジ

    ノースブリッジから見たインテルインテル

    AMDのOpteron/AMD FX/Phenom/AthlonやインテルのIntel Core iシリーズでは、CPU自身がメモリインタフェースを持つため、それらのためのノースブリッジにはメモリインターフェースは含まれていない。ノースブリッジ フレッシュアイペディアより)

  • CLMUL instruction set

    CLMUL instruction setから見たインテルインテル

    CLMUL instruction set(Carry-less Multiplication instruction set、CLMUL、あるいはPCLMULQDQとも)は、インテルおよびAMDのマイクロプロセッサに用いられているx86命令セットである。2008年にインテルによって提唱され、2010年のWestmereプロセッサから利用可能となった。この命令セットの目的は、有限体上での乗法に基づいた、ブロック暗号の暗号利用モードの一つであり認証付き暗号であるGalois/Counter Modeの高速化である。CLMULによって、従来の命令セットと比較してGF(2k) の有限体上での乗法をより効率的に実装することができる。もう一つの目的は、CRCの計算の高速化である。CLMUL instruction set フレッシュアイペディアより)

985件中 31 - 40件表示

「米インテル」のニューストピックワード