867件中 31 - 40件表示
  • Matrox

    Matroxから見たインテルインテル

    これらの製品は同社のビデオカードと組み合わせても動作せず、インテルのチップセット内蔵グラフィックおよびnVidiaとATIのビデオカードの出力にしか対応していない。Matrox フレッシュアイペディアより)

  • 東光台 (つくば市)

    東光台 (つくば市)から見たインテルインテル

    一丁目?四丁目は住宅地、五丁目は工業地域であり、二丁目にはバッハの森コミュニティセンター、五丁目には東光台体育館、東光台運動公園のほか、インテルの日本法人であるインテル株式会社、アステラス製薬など、薬品、半導体、真空技術、セラミックス、コンピュータ、バイオの基礎研究に関する多数の研究・工業施設がある。東光台 (つくば市) フレッシュアイペディアより)

  • 相互運用性

    相互運用性から見たインテルインテル

    消費者向け医療機器の主要な生産者であるインテルの観点では、業界が相互運用性を達成する能力に影響を与える6つの大きな要因がある。第一に相互運用性を持つ製品への需要が必要である。第二に、この分野で相互運用性が何を意味するのかを定義する、標準と規則が必要である。第三に、業況が製造業者にその製品を相互運用可能にするよう促さなければならない。第四に、解釈する会社にとってしばしば複雑なものになりがちな標準をより容易にするガイドラインが存在しなければならない。第五に、独立した検査によって適合性が検証されなければならない。そして最後に、相互運用性は積極的に推進されなければならない。無線通信技術の急進は、相互運用性が達成可能なものであることを実証している。相互運用性 フレッシュアイペディアより)

  • トランスレーション・ルックアサイド・バッファ

    トランスレーション・ルックアサイド・バッファから見たインテルインテル

    例えば、インテルのNehalemマイクロアーキテクチャでは、4ウェイ・セットアソシアティブの L1 DTLB(4KiBページでは64エントリ、2/4MiBページでは32エントリ)、2スレッドでスタティックに分割して使用する4KiBページで128エントリの L1 ITLB(4ウェイ・セットアソシアティブ)と2/4MiBページで14エントリの L1 ITLB(フルアソシアティブ)、そして統合型の4KiBページ/512エントリの L2 TLB(4ウェイ・セットアソシアティブ)がある。トランスレーション・ルックアサイド・バッファ フレッシュアイペディアより)

  • iSCSI

    iSCSIから見たインテルインテル

    Intel-iSCSI (インテル) - 概念実証用にインテルからLinux向けにリリースされたiSCSIイニシエータとターゲット。(sourceforge上では削除済み?)iSCSI フレッシュアイペディアより)

  • ΜCOMシリーズ

    ΜCOMシリーズから見たインテルインテル

    1970年代前半から日本電気は多種のCPUおよびマイクロコントローラを開発・製造した。それらの中の汎用的な製品にはμCOM-から始まるシリーズ名が付けられていた。μCOM-4系(4ビット)とμCOM-16系(16ビット)はオリジナル製品、μCOM-8系(8ビットおよび16ビット)は主にインテルやザイログの互換品だがオリジナル製品もあった。そのほかに電卓用のマイカル・シリーズやチューナ用のμPD1700シリーズ、AMD Am2900互換のμPB2900シリーズといったμCOM-以外のシリーズもあった。μCOM-のシリーズ名は、1980年代になってVシリーズや78Kシリーズが登場すると使われなくなり、例えばμCOM-87ADシリーズは単に87ADシリーズと記載されるようになった。ΜCOMシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • SDRAM

    SDRAMから見たインテルインテル

    SDRAMのコンセプトは1970年代には既に知られており、インテルの初期のプロセッサでも使われていたが、広く使われるようになったのは1993年以降のことである。1993年、サムスン電子がSDRAMチップ KM48SL2000 を導入。性能がよいため、コンピュータの主記憶として使われるDRAMは2000年までにほぼ全てがSDRAMとなった。SDRAM フレッシュアイペディアより)

  • NCR (企業)

    NCR (企業)から見たインテルインテル

    1990年、System 3000 をリリース。インテルの386および486CPUを採用した、ラップトップから超並列まで7段階の機種をそろえたファミリである。その多くは広く使われていたISAではなくIBMの Micro Channel Architecture を採用し、SCSIを採用していた。そのため高性能だが価格設定も高かった。NCR (企業) フレッシュアイペディアより)

  • Mini-ITX

    Mini-ITXから見たインテルインテル

    Mini-ITXのマザーボードは組み込みシステムで用いられることを前提に設計され、製品としてはVIA製のEden、EPIA(C3)シリーズなどが大多数を占めているが、インテルやAMDのCPU向けの製品も少数ながら作られている。2008年6月にIntel Atom搭載のMini-ITXマザーボードをインテルが発売して以降、各社が続々と同様のマザーボードを販売しており、着目されている。Mini-ITX フレッシュアイペディアより)

  • Am80286

    Am80286から見たインテルインテル

    Am80286 (Am286) は、インテルのライセンス供与を受けてアドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD) が製造した80286マイクロプロセッサ。Am80286 フレッシュアイペディアより)

867件中 31 - 40件表示