867件中 41 - 50件表示
  • サイリックス

    サイリックスから見たインテルインテル

    PC市場への最初のサイリックスの製品は、x87に互換性のあるFPU浮動小数点演算ユニットである。サイリックスのFasMathこと83D87・83S87は1989年に発表された。これは、80387DX/SX互換の高速なコプロセッサでインテルの387DXと比較し50%以上高性能であった。サイリックス フレッシュアイペディアより)

  • Basic Linear Algebra Subprograms

    Basic Linear Algebra Subprogramsから見たインテルインテル

    Basic Linear Algebra Subprograms(BLAS)は、ベクトルと行列に関する基本線型代数操作を実行するライブラリAPIのデファクトスタンダードである。1979年に初公開され、これを使ったLAPACKなどの上位パッケージが構築されている。高性能計算で多用され、高度に最適化されたBLAS実装がインテルなどの各ハードウェアベンダーなどから提供されている。オープンソースの移植性の高い最適化BLAS実装としてATLASがある。LINPACKベンチマークの性能は、BLASのサブルーチンであるDGEMM(倍精度汎用行列乗算)の性能に大きく影響される。Basic Linear Algebra Subprograms フレッシュアイペディアより)

  • メディア転送プロトコル

    メディア転送プロトコルから見たインテルインテル

    マイクロソフトのパートナーとして、クリエイティブテクノロジー、インテル、アイリバー、サムスンがマイクロソフトの Portable Media Center specification に基づいて、このプロトコルを実装したデバイスを製造している。それらの機器は2004年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで初公開された。メディア転送プロトコル フレッシュアイペディアより)

  • TK-80

    TK-80から見たインテルインテル

    TK-80の特徴はデータの入出力のために、ほかの機器を必要としなかったことである。当時の他社(インテルやモトローラなど)のトレーニングキットの多くはデータ入出力を行うために、シリアル通信機能を備えた端末装置(テレタイプやVDT装置など)を接続する必要があった。それに対しTK-80は16進入力キーパッドと8桁の7セグメントLEDを基板上に備えており、端末装置なしでシステムを使うことができたのである。TK-80 フレッシュアイペディアより)

  • Zigsow

    Zigsowから見たインテルインテル

    インテルの歴代CPUのレビューをsSpec単位で網羅しよう、というユーザー参加型企画。Zigsow フレッシュアイペディアより)

  • マルチゲート素子

    マルチゲート素子から見たインテルインテル

    マルチゲート・トランジスタの開発へ取り組みは、AMD社、日立社、IBM社、インフィニオン社、インテル社、TSMC社、フリースケール社, カリフォルニア大学バークレー校、そして、その他の多くの企業・団体が行っていると報告があり、国際半導体技術ロードマップ (ITRS) では 32nm世代以降で本技術が登場するのではないかと予想がなされていた。マルチゲート素子 フレッシュアイペディアより)

  • TSUBAME

    TSUBAMEから見たインテルインテル

    2010年にはインテルのXeonとNVIDIAのGPGPUを用いたTSUBAME 2.0にバージョンアップされ、2011年6月現在1192TFLOPSを記録し、全体では5位、日本国内では2位のスーパーコンピュータである。また同月のGreen500では世界2位に入った。TSUBAME フレッシュアイペディアより)

  • 負論理

    負論理から見たインテルインテル

    負論理【negative logic】、インテル負論理 フレッシュアイペディアより)

  • 同時マルチスレッディング

    同時マルチスレッディングから見たインテルインテル

    インテルの低消費電力プロセッサであるAtomにはSMTが採用された。Atomはインオーダー実行のプロセッサであり、NetBurstマイクロアーキテクチャとは異なるマイクロアーキテクチャである。同時マルチスレッディング フレッシュアイペディアより)

  • クレイ

    クレイから見たインテルインテル

    1980年代終盤、高性能マシンの市場は超並列コンピュータに席巻される。シンキング・マシンズ、、インテルのスーパーコンピューティング・システム部門、nCUBE、、などである。当初、クレイ・リサーチはこの手法を全く相手にしていなかった。超並列マシンを効率的に使うソフトウェアを作るのは困難と考えていたのである。これはILLIAC IVの時代には正しかったが、その頃には必ずしも真ではなかった。ついにクレイ社もそれが進化の唯一の道であると理解し、5年をかけた研究プロジェクトを開始し、追いつこうとした。その結果は DEC Alpha ベースの Cray T3D と Cray T3E のシリーズで、皮肉なことにこれによってクレイは2000年のアメリカの市場で唯一のスーパーコンピュータメーカーとなっていた。クレイ フレッシュアイペディアより)

867件中 41 - 50件表示