985件中 51 - 60件表示
  • ヘテロジニアス・コンピューティング

    ヘテロジニアス・コンピューティングから見たIntelインテル

    Intel "Stellarton" (Atom + アルテラ FPGA)ヘテロジニアス・コンピューティング フレッシュアイペディアより)

  • マイクロアーキテクチャ

    マイクロアーキテクチャから見たインテルインテル

    マイクロアーキテクチャと命令コードの設計(命令セットアーキテクチャ、ISA)は、共にコンピュータ設計の一部である。なおインテルの場合は、主に命令セットを「アーキテクチャ」、各マイクロプロセッサの設計(実装)を「マイクロアーキテクチャ」と呼ぶ場合が多い(例:IA-32インテル アーキテクチャ、Coreマイクロアーキテクチャ)。マイクロアーキテクチャ フレッシュアイペディアより)

  • IA-32

    IA-32から見たインテルインテル

    インテル8086の命令セットアーキテクチャは拡張を加えつつ後継プロセッサに引き継がれ、(80186)、80286、386、486に到るまで、その名称からまとめてx86と呼ばれている。そのx86アーキテクチャの中で、アーキテクチャを32ビットに拡張した386以降、x64より前のアーキテクチャを指して(PentiumやCeleronやCoreやAtomなどのうちの32ビットのものも含む)、現在はIA-32という。IA-32 フレッシュアイペディアより)

  • チップス・アンド・テクノロジーズ

    チップス・アンド・テクノロジーズから見たインテルインテル

    1997年、インテルはC&Tのグラフィックスチップ事業を獲得するため、C&Tを買収した。チップス・アンド・テクノロジーズ フレッシュアイペディアより)

  • 計算機の歴史 (1960年代以降)

    計算機の歴史 (1960年代以降)から見たインテルインテル

    第四世代の基盤となったのは、インテルが開発したマイクロプロセッサの発明である。メインフレームを単に縮小したような第三世代のミニコンピュータとは異なり、第四世代の起源は電卓をワンチップ化するという発想であった。マイクロプロセッサを使ったコンピュータは当初計算能力も性能も低く、ミニコンピュータですぐに採用して小型化できるレベルではなかった。そのため、全く異なる市場を形成することになる。計算機の歴史 (1960年代以降) フレッシュアイペディアより)

  • ΜCOMシリーズ

    ΜCOMシリーズから見たインテルインテル

    以降、NECは多種のマイクロプロセッサおよびマイクロコントローラを開発・製造した。それらの中の汎用的な製品にはμCOM-から始まるシリーズ名が付けられていた。μCOM-4系(4ビット)とμCOM-16系(16ビット)はオリジナル製品、μCOM-8系(8ビットおよび16ビット)は主にインテルやザイログの互換品だがオリジナル製品もあった。ΜCOMシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ライトアンプリフィケーション

    ライトアンプリフィケーションから見たIntelインテル

    Intel and SiliconSystems (acquired by Western Digital in 2009) used the term write amplification in their papers and publications as early as 2008. →インテルとウェスタンデジタルは2008年迄には論文や出版物にライトアンプリフィケーションという単語を使用していた。Write amplification is typically measured by the ratio of writes coming from the host system and the writes going to the flash memory.ライトアンプリフィケーション値(WA値)は普通ホストよりの書込データ量とフラッシュメモリへ渡される書込データ量の比によって計られる。 Without compression, write amplification cannot drop below one. 圧縮無しにはWA値は1を下回ることはない。Using compression, SandForce has claimed to achieve a typical write amplification of 0.5, with best-case values as low as 0.14 in the SF-2281 controller.サンドフォースは圧縮を用いることで通常のWA値0.5、SF-2281コントローラーを使用し最善の状況で0.14、を達成したと主張した。ライトアンプリフィケーション フレッシュアイペディアより)

  • スマートテレビ

    スマートテレビから見たインテルインテル

    Google TV (Google、インテル、ソニー、Logitech による Android に基づくプラットフォーム)スマートテレビ フレッシュアイペディアより)

  • Low voltage differential signaling

    Low voltage differential signalingから見たインテルインテル

    1994年にANSI/TIA/EIA-644として標準規格となり、まずコンピュータでの高速ネットワークやバスなどから使用が始まった。1998年頃からは液晶ディスプレイの標準画像インターフェースとして採用が広がり、2000年から2010年現在にいたる間にノートパソコンをはじめ液晶モニタ、薄型テレビなど多くのデジタル表示機器でほとんど標準的な技術となっている。2010年現在では、LVDSの性能の限界から高性能な液晶ディスプレイでは新たな規格へ切り替えが進んでいる。インテルとAMDは2013年までにノートパソコンでのLVDSの搭載をやめ、DisplayPortなどに置き換える予定。Low voltage differential signaling フレッシュアイペディアより)

  • Intel Parallel Studio

    Intel Parallel Studioから見たインテルインテル

    Intel Parallel Studio (インテル パラレル スタジオ)とは、インテル社が開発・販売している、ソフトウェアの並列化に特化したツール群である。日本での販売・サポートはXLsoftが行なっている。Intel Parallel Studio フレッシュアイペディアより)

985件中 51 - 60件表示

「米インテル」のニューストピックワード