985件中 61 - 70件表示
  • HP Integrity NonStop

    HP Integrity NonStopから見たインテルインテル

    2005年6月 インテル®Itanium®2プロセッサ搭載 「HP Integrity NonStop サーバ NS16000」発表HP Integrity NonStop フレッシュアイペディアより)

  • Advanced Comprehensive Operating System

    Advanced Comprehensive Operating Systemから見たインテルインテル

    i-PX7300シリーズ: インテルXeonプロセッサによるACOS-2系対応の小型機Advanced Comprehensive Operating System フレッシュアイペディアより)

  • Pentium M

    Pentium Mから見たインテルインテル

    Pentium M(ペンティアム・エム)は、インテルが2003年3月に発売した、主にノートパソコン向けのx86アーキテクチャのマイクロプロセッサ(CPU)。Pentium M フレッシュアイペディアより)

  • TK-80

    TK-80から見たインテルインテル

    TK-80の特徴はデータの入出力のために、他の機器を必要としなかったことである。当時の他社のトレーニングキット(インテル製やモトローラ製など)の多くはデータ入出力を行うために、シリアル通信機能を備えた端末装置(テレタイプやVDT装置など)を接続する必要があった。それに対しTK-80は16進入力キーパッドと8桁の7セグメントLEDを基板上に備えており、端末装置なしでシステムを使うことができたのである。TK-80 フレッシュアイペディアより)

  • BeOS

    BeOSから見たインテルインテル

    翌年にはBeOSはPower Macintoshに移植され、Mac OSの次世代OS候補として注目を集めることになった(BeBox事業は終了したが、サポートはその後数年間継続した)。旧弊なMac OSに代わる次世代OSを求めている事を知り得たガセーは、BeOSの良さをアピールすべくアップルに働きかけ、当時のアップルCEOのギル・アメリオらに簡単なデモを行った。ガセーはアメリオに買収に関する条件に付いて提示をしたが、アップルの見積ではBeOSの価値は5000万ドルであったのに対しガセーは3億ドルと法外に高額な金額を提示した。当時、BeOSは6年かかっても未完成であり、完全な商用製品と呼べるシステムには至っておらず、更にMacに搭載した場合のコストとBeOS自体の開発費用等を含めるととてつもない金額となり、その上に急を要する次世代Mac用のOS開発に膨大な時間がかかる事が分かる。またギル・アメリオの腹心だったエレン・ハンコックがIBMにソフトウェア担当上級副社長として勤めていた際に技術オンチだった幹部陣がインテルやマイクロソフトに言い様にしてやられる様を見てきた為、結論を急ぎ過ぎないよう進言した。BeOS フレッシュアイペディアより)

  • Socket 370

    Socket 370から見たインテルインテル

    Socket 370(ソケット370、またはPGA370 Socket)は、当初インテルがPentium IIIとCeleronプロセッサで使用し、古いSlot 1 CPUインタフェースを置き換えた、PCのCPUソケットの形式である。"370"は、CPUのピンを刺すためのソケットの穴の数を表している。最近(2009年現在)では、Socket 370はMini-ITXマザーボードや組み込みシステムで使用されている。Socket 370 フレッシュアイペディアより)

  • CPUバス

    CPUバスから見たインテルインテル

    CPUバスはCPUに直接繋がったバスである。キャッシュをつなげるバスとノースブリッジをつなげるバスを分ける構成の場合は、ノースブリッジ側をシステムバス、フロントサイドバスとも呼ぶ場合がある(インテルがx86でそのような構成を導入した際にそう呼んだ)。複数のプロセッサ間を結ぶ共有バスとしても使われる(対称型マルチプロセッサ)。x86の歴史で見ると、486の時代には拡張バスとしても使われていた(VLバス)。CPUバス フレッシュアイペディアより)

  • ワンボードマイコン

    ワンボードマイコンから見たインテルインテル

    1975年にインテルの評価キット(発売時135,000円)が発売された。それまでの評価キットは既にボードに部品が付いている完成品であったが、SDK-80は未配線で必要な部品をセットにしただけの組立キットであった。これは、キットを技術者自らに組み立てさせることが教育的に有効であると判明したためであった。この方式は好評を博し、後発の製品に影響を与えた。SDK-80はテレタイプ端末を想定したデバッグモニタが付いており高機能であったが、必要とされるテレタイプは数十万円と高価であり、とても個人で所有するものではなかった。テレタイプを持たない一部の好事家が先走ってこれを購入し、後になってその点に気づいた例もあった。ワンボードマイコン フレッシュアイペディアより)

  • Matrox

    Matroxから見たインテルインテル

    これらの製品は同社のビデオカードと組み合わせても動作せず、インテルのチップセット内蔵グラフィックおよびnVidiaとATIのビデオカードの出力にしか対応していない。Matrox フレッシュアイペディアより)

  • PDP-11

    PDP-11から見たインテルインテル

    インテルの8086などはセグメント方式による拡張で16ビットのアドレス空間を超え、32ビット化などという大層なことをしなくても 1Mバイトまでのメモリを扱えた。これは成長過程にあった IBM PC 互換機市場には十分だったが、80286が登場する前に1Mバイトの限界が問題となってきた。80286はセグメントアドレス空間を拡大し、80386では32ビットのリニアなアドレス空間がサポートされた。PDP-11 フレッシュアイペディアより)

985件中 61 - 70件表示

「米インテル」のニューストピックワード