867件中 71 - 80件表示
  • ACOS

    ACOSから見たインテルインテル

    i-PX7300シリーズ: インテルXeonプロセッサによるACOS-2系対応の小型機ACOS フレッシュアイペディアより)

  • PDP-11

    PDP-11から見たインテルインテル

    インテルの8086などはセグメント方式による拡張で16ビットのアドレス空間を超え、32ビット化などという大層なことをしなくても 1Mバイトまでのメモリを扱えた。これは成長過程にあった IBM PC 互換機市場には十分だったが、80286が登場する前に1Mバイトの限界が問題となってきた。80286はセグメントアドレス空間を拡大し、80386では32ビットのリニアなアドレス空間がサポートされた。PDP-11 フレッシュアイペディアより)

  • MIPSアーキテクチャ

    MIPSアーキテクチャから見たインテルインテル

    いくつかのアドオン拡張も用意されている。例えば、MIPS-3D は3Dタスクで一般的な処理を行うための浮動小数点SIMD命令のシンプルなセットである。MDMX (MaDMaX) は、より広範な整数SIMD命令セットで、64ビット浮動小数点レジスタを流用する。MIPS16e は命令列を圧縮してプログラム格納域を小さくするための拡張である (ARMアーキテクチャのThumbエンコーディングに対抗したもの) 。MIPS MT は、米インテル社がハイパースレッディング・テクノロジーとして普及させた技術と同等の、マルチスレッディングに適した拡張である。MIPSアーキテクチャ フレッシュアイペディアより)

  • ライトアンプリフィケーション

    ライトアンプリフィケーションから見たIntelインテル

    Intel and SiliconSystems (acquired by Western Digital in 2009) used the term write amplification in their papers and publications as early as 2008. Write amplification is typically measured by the ratio of writes coming from the host system and the writes going to the flash memory. Without compression, write amplification cannot drop below one. Using compression, SandForce has claimed to achieve a typical write amplification of 0.5, with best-case values as low as 0.14 in the SF-2281 controller.ライトアンプリフィケーション フレッシュアイペディアより)

  • FM TOWNS

    FM TOWNSから見たインテルインテル

    CD-ROMと3.5インチFDD、電源スイッチ、音量のレベルメーターなどを正面に配した縦型のプラスチック成型の独特の筐体に、インテルの32ビットCPU80386を搭載し、マウスによるGUIと、ゲームパッドによる操作を基本とした。その他にもFM音源ステレオ6音、PCM音源ステレオ8音を標準搭載した。GUIによる独自のシェルを標準搭載したTownsOSが専用OSである。内容的にはMS-DOSをDOSエクステンダと呼ばれるモジュールで拡張し386プロテクトモードでの動作を可能にしたもので、各種マルチメディアAPIに対応していた。メモリ使用上の制約はMS-DOSより大幅に改善されたが、セグメントを跨ぐアクセスに関しては問題も多く後述のように論議の的となる。FMRシリーズとはメモリー・マッピングやBIOS等が異なったが、FM TOWNS専用版MS-DOSで起動することによりFMRシリーズ用のアプリケーションやフリーウェアの多くが動作した。FM TOWNS フレッシュアイペディアより)

  • PC/AT互換機

    PC/AT互換機から見たインテルインテル

    1994年には、次世代CPUとしてインテルとHPがIA-64を、また、IBMがPowerPCベースのPRePを発表したが、主流となったのはx86との上位互換性を持つAMDのAMD64の規格であるx64であった。PC/AT互換機 フレッシュアイペディアより)

  • PowerPC

    PowerPCから見たインテルインテル

    1991年、PowerPCはAIM連合における最大要素の一つとなった。当時のパーソナルコンピュータ市場ではマイクロソフトがWindowsを開発中であり、インテル社製プロセッサはその支配を強めつつあった。また、CISCアーキテクチャのインテル80386及び80486が大半のコンピュータに採用されており、後継のPentiumプロセッサの開発も順調に進んでいた。PowerPCプロセッサは冒険的な要素を含んでいたものの、拡大するマイクロソフトとインテルによる支配に対抗するため、開発が進められた。PowerPC フレッシュアイペディアより)

  • やくしまるえつこ

    やくしまるえつこから見たインテルインテル

    2009年 9月14日 「分解くんの歌」「宇宙ちゃんの歌」限定無料配信。インテルのCMソング。やくしまるえつこ フレッシュアイペディアより)

  • 高木正勝

    高木正勝から見たインテルインテル

    インテルのWebプロジェクト "The Museum of Me" の為に制作された曲集。iTunes配信限定高木正勝 フレッシュアイペディアより)

  • Z80

    Z80から見たインテルインテル

    嶋正利らインテルを退社した8080の開発スタッフが設計を行っており、8080とはバイナリレベルで上位互換性がある。Z80 フレッシュアイペディアより)

867件中 71 - 80件表示

「米インテル」のニューストピックワード