985件中 71 - 80件表示
  • SuperMUC

    SuperMUCから見たインテルインテル

    2012年6月18日にドイツのハンブルクで開催されたISCにて発表されたTOP500リストで、SuperMUCは4位となり、ヨーロッパで最速のスーパーコンピュータとなった。またSuperMUCは、世界のインテル互換系システムとしても最速となった。SuperMUC フレッシュアイペディアより)

  • x86

    x86から見たインテルインテル

    なおインテルのIA-64は全く異なる。x86 フレッシュアイペディアより)

  • ハイパーバイザ

    ハイパーバイザから見たインテルインテル

    高い利益を誇るサーバハードウェア市場分野へ興味をもっていることから、従来のデスクトップPCを含むインテルのx86命令セットのマシン用のハイパーバイザの開発が行われている。初期のPC向けハイパーバイザの一つは1998年に発表された商業用VMwareである。パラレルスはParallels Workstationを2005年に発表したが、その主な用途はPC上で使うことであった。2006年にはMac OS X上で動作するParallels Desktop for Macを発表した。ハイパーバイザ フレッシュアイペディアより)

  • 計算機の歴史

    計算機の歴史から見たインテルインテル

    ジャック・キルビーとロバート・ノイスがそれぞれ独自に集積回路を発明し、さらに爆発的に多数のコンピュータが使われるようになっていった。1970年代には、MOS集積回路により、インテルのテッド・ホフやフェデリコ・ファジンらによってマイクロプロセッサが発明されることになる。右の集積回路の写真は Intel 8742 という8ビットマイクロコントローラで、12MHzで動作するCPU、128バイトのRAM、20048バイトのEPROM、入出力部などを1つのチップに集積している。計算機の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ゴードン・ムーア

    ゴードン・ムーアから見たインテルインテル

    ゴードン・ムーア(Gordon E. Moore, 1929年1月3日 - )は、Intel Corporation(インテル)の設立者の一人であり、現名誉会長である(2005年現在)。ゴードン・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • PC98-NXシリーズ

    PC98-NXシリーズから見たインテルインテル

    PC98-NXシリーズ(ピーシーキュウハチ エヌエックス)は日本電気(現:NECパーソナルコンピュータ)が開発及び販売するPC/AT互換機ベースのパーソナルコンピュータのブランドの名称である。1997年9月24日に発表、10月23日に発売された。名称の「PC98」は後述の「PC98システムデザイン」から来ており、またNXの由来は「New eXcelent」の略で、キャッチフレーズとしては「新世界標準パソコン」と銘打った。事実上、設計にはインテルが加わり、当時のインテルの最新技術が盛り込まれた製品群でもある。なお、ブランド発足当初はそれまでの「PC-9800シリーズ」などとはハイフンの位置が違い、「PC-98NX」は誤りであるとされていたが、近年では日本電気が作成したマニュアル等にも「PC-98NX」の表記が見られる。(例:日本電気株式会社発行「デスクトップコミュニケータDC550クイックガイド」第5.1版 (A50-014221-001) 2012年4月刊など)PC98-NXシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • オズボーン効果

    オズボーン効果から見たインテルインテル

    2005年に発表されたアップルコンピュータのインテル製プロセッサ移行(後述)をめぐってオズボーン効果に関する議論が再燃した後に、コラムニストのロバート・クリンジリーはオズボーン社の元従業員であるマイク・マッカーシーにインタビューを行って「オズボーン効果」の裏事情を明らかにしている。オズボーン効果 フレッシュアイペディアより)

  • メディア転送プロトコル

    メディア転送プロトコルから見たインテルインテル

    マイクロソフトのパートナーとして、クリエイティブテクノロジー、インテル、アイリバー、サムスンがマイクロソフトのPortable Media Center specificationに基づいて、このプロトコルを実装したデバイスを製造している。それらの機器は2004年のコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで初公開された。メディア転送プロトコル フレッシュアイペディアより)

  • AIM連合

    AIM連合から見たインテルインテル

    AIM連合の目標は、新しいコンピュータ設計と次世代のオペレーティングシステムにより、支配的なウィンテルのコンピューティングプラットフォームに挑戦することであった。それは、マイクロプロセッサの設計としてインテルのx86が採用しているCISCプロセッサには将来が無く、他方RISCには未来があり、今後の数年が大きな機会のある期間となる、との考えでPowerPC構想が開始された。AIM連合 フレッシュアイペディアより)

  • RDRAM

    RDRAMから見たインテルインテル

    Intel 840 (Pentium III)、Intel 850 (Pentium 4)、Intel 860 (Pentium 4 Xeon) チップセットの登場に伴い、インテルはバス幅を32ビットに増やすことで転送速度を2倍にしたデュアルチャンネルのPC-800 RDRAMのサポートを追加した。その後、i850Eチップセットでは PC-1066 RDRAMが導入され、デュアルチャンネル時の合計転送速度を4200MB/sに拡大した。2002年に、インテルはE7205 Granitebayチップセットを発表した。デュアルチャンネルのDDRを導入し、対抗するRDRAMより若干低いレイテンシで4200MB/sの合計転送速度で提供している。RDRAM フレッシュアイペディアより)

985件中 71 - 80件表示

「米インテル」のニューストピックワード