867件中 81 - 90件表示
  • ザイログ

    ザイログから見たインテルインテル

    ザイログ (Zilog) は、米インテル社の元社員がスピンアウトしてできた半導体製造会社である。Z80マイクロプロセッサで有名である。ザイログ フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たインテルインテル

    2006年にはCPUがインテルのCore Duoに変更され、現行機種(2011年5月現在)は、CPUに64ビットのIntel Core i5またはIntel Core i7を搭載し、GPUにはAMD Radeonを搭載したモデルが販売されている。インテルCPUへの切り替え後は、他社の同レベルのディスプレイ一体型デスクトップ機に比較して高い価格競争力を持ち、アップルの主軸商品として、成長の原動力になっているという。iMac フレッシュアイペディアより)

  • アセンブリ言語

    アセンブリ言語から見たインテルインテル

    機械語の命令セットは、プロセッサによって異なる。命令セットが同じでも様々なニーモニックやアセンブリ言語の文法が存在しうる。一般にプロセッサの設計者あるいは製造者によって定義されたニーモニックが標準とされるが、アセンブラによってはこれと異なるニーモニックを用いる場合もある(GNUアセンブラのgasのインテルプロセッサ用など)。アセンブリ言語 フレッシュアイペディアより)

  • Graphics Processing Unit

    Graphics Processing Unitから見たインテルインテル

    主なCPUメーカーは、従来のCPU機能だけにとどまらず、1つのCPUチップ内に複数のCPUコア(マルチコア)を搭載すると同時に、画像出力専用回路としてGPUコアも統合した製品を提供するようになった。例えば、米AMDでは「AMD Fusion」構想において1つのダイ上に2つ以上のCPUとGPUを統合し、米インテル社でもCore i5、Core i7、Core i3での"Sandy Bridge"世代から、同様の製品を提供している。CPUチップにGPUが含まれることで、従来必要だったCPU側の外部メモリ空間内のグラフィックスデータをGPUの外部メモリ空間側へ転送する操作は基本的に不要になるが、CPUとGPUの外部メモリが共用されるため、CPUチップの外部メモリバスにはCPUのアクセス帯域に加えてGPUのアクセス帯域も加わる。このため、仮にCPUチップに極めて高い性能のGPUを統合しても、統合チップのメモリアクセス帯域も相応に増強されないと、それがボトルネックとなって性能向上は望めない。Graphics Processing Unit フレッシュアイペディアより)

  • サン・マイクロシステムズ

    サン・マイクロシステムズから見たインテルインテル

    2000年9月には、インテル系のCPUとLinuxの組合せのサーバを販売していたコバルトシステムを買収し、インテル系のCPUとLinuxを組み合わせたサーバが2001年からサンから販売された。2005年にはStorageTek(STK)、2008年1月にはMySQLの買収を発表した。サン・マイクロシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • ゴードン・ムーア

    ゴードン・ムーアから見たインテルインテル

    ゴードン・ムーア(Gordon E. Moore, 1929年1月3日 - )は、Intel Corporation(インテル)の設立者の一人であり、現名誉会長である(2005年現在)。ゴードン・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ノイス

    ロバート・ノイスから見たインテルインテル

    ロバート・ノートン・ノイス(Robert Norton Noyce, 1927年12月12日 - 1990年6月3日)は、フェアチャイルドセミコンダクター(1957年創業)とインテル(1968年)の共同創業者の1人であり、the Mayor of Silicon Valley(シリコンバレーの主)とあだ名された人物。ジャック・キルビーと並んで集積回路を発明したことでも知られている。順序としてはキルビーの発明が6カ月ほど早かった。その後の世代の起業家(例えばアップルを起業したスティーブ・ジョブズなど)にとっては、師であり目標だった。ロバート・ノイス フレッシュアイペディアより)

  • シリコングラフィックス

    シリコングラフィックスから見たインテルインテル

    一時期、Microsoft Windowsを搭載したワークステーションを発売していたが、現在は従来からのIRIX/MIPSを搭載するマシンとLinux/インテル製プロセッサを搭載するマシンのふたつのラインを主に販売している。シリコングラフィックス フレッシュアイペディアより)

  • ワークステーション

    ワークステーションから見たインテルインテル

    2004年では、EWSの上位機種においては64ビットマルチプロセッサや、64ビットPCIインターフェースに対応したグラフィック系の処理能力を持つハードウェアを有することが多かった。2007年1月現在ではマルチコアCPU, PCI Expressの普及が始まっている。インテル系のPCではワークステーションに導入されたハードウェアが少し遅れてPCでも使われ、ワークステーションとPCのハードウェアにおける性能的な境界は曖昧になっている。このため、メーカーがインテル系のワークステーションをPCの上位機種として位置づけることもある。ワークステーション フレッシュアイペディアより)

  • CPU設計

    CPU設計から見たインテルインテル

    1秒当たりの命令実行数 - 多くの消費者は既存の多数あるソフトウェアをそのまま実行できるアーキテクチャを選ぶ傾向にある(通常、インテルのIA-32アーキテクチャ)。また、そのような大多数の人々はベンチマークについて知識を持たず、クロック周波数でCPUを選ぶ傾向がある。CPU設計 フレッシュアイペディアより)

867件中 81 - 90件表示

「米インテル」のニューストピックワード