985件中 81 - 90件表示
  • 8人の反逆者

    8人の反逆者から見たインテルインテル

    ジュリアス・ブランク、ヴィクター・グリニッチ、ジャン・ホーニ、ユージーン・クライナー、ゴードン・ムーア、シェルドン・ロバーツ、ジェイ・ラスト、ロバート・ノイスの8人。ウィリアム・ショックレーは彼らの退社を「裏切り」と呼んだが、8人はシャーマン・フェアチャイルドと合意に至り、フェアチャイルドセミコンダクターを設立した。この企業は急速に半導体産業のリーダーとして成長し、シリコンバレーに於けるインキュベーターとしてAMDやインテルなど多くの企業の創業に貢献した。8人の反逆者 フレッシュアイペディアより)

  • ワークステーション

    ワークステーションから見たインテルインテル

    2004年では、EWSの上位機種においては64ビットマルチプロセッサや、64ビットPCIインタフェースに対応したグラフィック系の処理能力を持つハードウェアを有することが多かった。2007年1月現在ではマルチコアCPUやPCI Expressの普及が始まっている。インテル系のPCではワークステーションに導入されたハードウェアが少し遅れてPCでも使われ、ワークステーションとPCのハードウェアにおける性能的な境界は曖昧になっている。このため、メーカーがインテル系のワークステーションをPCの上位機種として位置づけることもある。ワークステーション フレッシュアイペディアより)

  • SDRAM

    SDRAMから見たインテルインテル

    SDRAMのコンセプトは1970年代には既に知られており、インテルの初期のプロセッサでも使われていたが、広く使われるようになったのは1993年以降のことである。1993年、サムスン電子がSDRAMチップ KM48SL2000 を導入。性能がよいため、コンピュータの主記憶として使われるDRAMは2000年までにほぼ全てがSDRAMとなった。SDRAM フレッシュアイペディアより)

  • トランスレーション・ルックアサイド・バッファ

    トランスレーション・ルックアサイド・バッファから見たインテルインテル

    例えば、インテルのNehalemマイクロアーキテクチャでは、4ウェイ・セットアソシアティブの L1 DTLB(4KiBページでは64エントリ、2/4MiBページでは32エントリ)、2スレッドでスタティックに分割して使用する4KiBページで128エントリの L1 ITLB(4ウェイ・セットアソシアティブ)と2/4MiBページで14エントリの L1 ITLB(フルアソシアティブ)、そして統合型の4KiBページ/512エントリの L2 TLB(4ウェイ・セットアソシアティブ)がある。トランスレーション・ルックアサイド・バッファ フレッシュアイペディアより)

  • 東光台 (つくば市)

    東光台 (つくば市)から見たインテルインテル

    つくば市中部に位置し、筑波研究学園都市周辺開発地区に位置する。全域が「豊里町東部土地区画整理組合」により1979年(昭和53年)から1983年(昭和57年)に開発された、開発総面積89,000m2の「東光台研究団地」である。一丁目〜四丁目は住宅地、五丁目は工業地域であり、二丁目にはバッハの森コミュニティセンター、五丁目には東光台体育館、東光台運動公園のほか、インテルの日本法人であるインテル株式会社、アステラス製薬など、薬品、半導体、真空技術、セラミックス、コンピュータ、バイオの基礎研究に関する多数の研究・工業施設がある。東光台 (つくば市) フレッシュアイペディアより)

  • チップセット

    チップセットから見たインテルインテル

    チップス・アンド・テクノロジーズ(後の1997年にインテルに買収された)などが初期の代表的なメーカで、初期には、単に統合ASICと呼ばれることが多く、PCやマザーボードのカタログでも、取り立てて強調するようなことはなかった。チップセットという言葉が広く認知され始めたのは、PCIへの移行の初期頃の、インテルのi420TX (Saturn) やi430NX (Neptune) あたりからであり、PCの機能や性能への影響が大きくなったことと、パソコン自作のためにあまり表に出ないパーツが意識されるようになったためである。チップセット フレッシュアイペディアより)

  • iMac

    iMacから見たインテルインテル

    2006年にはCPUがインテルのCore Duoに変更された。インテルCPUへの切り替え後は、他社の同レベルのディスプレイ一体型デスクトップ機に比較して高い価格競争力を持ち、アップルの主軸商品として、成長の原動力になっているという。iMac フレッシュアイペディアより)

  • アンダークロック

    アンダークロックから見たインテルインテル

    以後の説明は、動作クロックを変更しやすいIntel社のIntel Core 2 Quad Q6600を、汎用的なマザーボードに搭載し、ベースクロックは266MHz、クロック倍率は9倍にしている状態を基準にして行う。設定変更の操作に関してはマザーボードの設計に依存するが、どの方法をとっても同じ結果が得られるため特に定めない。また、ベースクロックの周波数の小数部分は切り捨てて表記する。アンダークロック フレッシュアイペディアより)

  • アイルランドの経済

    アイルランドの経済から見たインテルインテル

    1987年、フィアナ・フォイルは公共支出を削減し、競争を促進した。これにより、1990年代に入るとアイルランド経済初とも言われるほどの経済的な活況を呈し、これはケルトの虎と呼称された。インテルやマイクロソフト、アップルなどのアメリカ企業の欧州進出に伴い、外資の進出に対して政府が税制上その他での優遇措置をとり、安価でなおかつ高い教育レベルの労働力を持ち、英語がネイティブ言語であるという条件により多くのアメリカ企業の欧州工場、欧州拠点がアイルランドに設置された。アイルランドの経済 フレッシュアイペディアより)

  • Silicon Integrated Systems

    Silicon Integrated Systemsから見たインテルインテル

    低価格製品を主力にしており、2000年代初頭まではメーカー製PCのエントリーモデルなどに採用されていた。かつてはSiS 645・SiS 650・SiS 651の様に安価かつ安定性の高い製品が多いこと、インテルのライセンスがクリアだったことで一定の評価を得ていた。Silicon Integrated Systems フレッシュアイペディアより)

985件中 81 - 90件表示

「米インテル」のニューストピックワード