126件中 91 - 100件表示
  • インテル

    インテルから見たつくば市

    日本法人であるインテル株式会社は、東京都千代田区(東京本社)と、茨城県つくば市(筑波本社)の2ヵ所に本社を置く。登記上の本店は東京本社である。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPentium Pro

    1995年11月 - x86の第6世代に当たるPentium Pro(クロック周波数150-200MHz、トランジスター数550万個、プロセス技術0.8〜0.35ミクロン)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た半導体素子

    インテル()は、アメリカの半導体メーカーである。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たムーアの法則

    1968年7月18日 - フェアチャイルドセミコンダクターを退職したロバート・ノイス、ゴードン・ムーア(ムーアの法則で知られる)、アンドルー・グローヴらが設立した。当初は半導体メモリーの開発・製造・販売を目的としていた。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た標語

    「Intel」という名称はIntegrated Electronics(集積されたエレクトロニクス)からきている。スローガンは"Sponsors of Tomorrow"、日本語では「その好奇心で、未来をつくろう」。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たホログラム

    1990年代の初めにはニセ486やニセPentiumが大量にアジアの闇市場に出現して対策に苦慮した。これらはリマーク品といわれ低性能品のセラミックパッケージ表面の型番印刷を上手に削ぎ落とし、高性能品の型番を印字し直したものだった。良案はホログラムを貼り付ける方法だったが、当時のCPUパッケージには貼るスペースが全くなかった。新たなPentiumファミリーであるPentium IIとPentium III、Celeronではその二次キャッシュの実装問題と互換CPU問題をあわせて一挙に解決する方策としてCPUパッケージにS.E.C.C. (Single Edge Contact Cartridge)やS.E.P.P. (Single Edge Processor Package)が採用された。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た複合機

    インテルがデジタルカメラ用のプロセッサーをターゲットに開発していたが立ち消えになり、そのアーキテクチャーが画像処理用のプロセッサーを求めていたマーケットをターゲットにリファインされて2004年発表されたが、採用されたのは富士ゼロックスの複合機とスキャナだけで、その後の需要も見込めないことから消えてしまった。DSPの汎用性と、ハードウェア・アクセラレーターの強み、そしてソフトウェアで実現するメディアプロセッサーとしての素質は素晴らしいものだったが、いずれも性能や方向性が中庸的なものだったため受け入れられることはなかった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たノートパソコン

    2003年3月 - ノートパソコン向けに一から設計されたPentium Mを発表。同月に発表されたノートパソコン向けのプラットフォーム「Centrino モバイル・テクノロジー」を構成する部品の一つである。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た世田谷区

    1971年に渋谷区に設置された米国法人の日本支社が前身である。その後、1976年4月28日に世田谷区にインテルジャパン株式会社が設立され、1997年2月1日に現在の商号 インテル株式会社に変更した。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た日本語

    「Intel」という名称はIntegrated Electronics(集積されたエレクトロニクス)からきている。スローガンは"Sponsors of Tomorrow"、日本語では「その好奇心で、未来をつくろう」。インテル フレッシュアイペディアより)

126件中 91 - 100件表示

「米インテル」のニューストピックワード