129件中 91 - 100件表示
  • インテル

    インテルから見たXScale

    XScale PXA210/PXA25x/PXA26x/PXA27xシリーズ(2006年にMarvell社へ売却)インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIEEE

    1980年 - ゼロックス、DEC(現在のHP)と共同でLANの規格をIEEE 802委員会に「Ethernet 1.0規格」として提出・公開(詳細はイーサネットを参照)。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たCMOS

    現在の半導体プロセスの主流であるCMOSテクノロジーでは、クロックを高速化すると、それに完全に比例して消費電力が増大する。さらに、プロセスルールの微細化が面積当り消費電力に2乗で効いてくるので、「光速度でも1ns(=1GHzでの1クロック)の時間内には30cmしか情報を伝播できない」という物理法則の制約以前に、まずCPUダイが自らの熱で溶ける可能性が目前の危機となった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たStreaming SIMD Extensions

    1999年2月 - ストリーミングSIMD拡張命令 (SSE)をサポートするPentium III(クロック周波数450MHz-1.40GHz、プロセス技術250-130nm)を発表。この製品でクロック周波数が1GHzの大台を突破した。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel Pentium (1993年)

    1993年3月 - x86の第5世代に当たるPentium(クロック周波数60-300MHz、トランジスター数310万個、プロセス技術0.8-0.35μm)を発表。同社のCPUで初めて製品名に固有名詞を使った。その後、Pentiumの名称は、引き続き同社のCPUのブランドとして使われた。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た追徴金

    訴訟では、不当行為の是正、州政府機関および顧客への損害賠償、追徴金などを求めている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たオペレーティングシステム

    1990年代後半から2000年頃、PCのハードウェアの中枢であるCPUの市場をほぼ独占したインテルと、ソフトウェアの中枢であるオペレーティングシステムの市場をほぼ独占したマイクロソフト(のWindows)、という状況を指す、「Wintel」(Windows + Intel)という造語があった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た磁気コアメモリ

    1968年7月18日 - フェアチャイルドセミコンダクターを退職したロバート・ノイス、ゴードン・ムーア(ムーアの法則で知られる)らが設立した。3番目の社員としてアンドルー・グローヴが入社した。当初は半導体メモリを主力製品とし、磁気コアメモリの置き換え・駆逐を野望とした。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPentium M

    2003年3月 - ノートパソコン向けに一から設計されたPentium Mを発表。同月に発表されたノートパソコン向けのプラットフォーム「Centrino モバイル・テクノロジー」を構成する部品の一つである。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIBM PC

    1981年8月 - IBMが同社初のパソコンIBM PCを発表。CPUに8088が採用されたことは、インテルが急成長するきっかけとなった。インテル フレッシュアイペディアより)

129件中 91 - 100件表示

「米インテル」のニューストピックワード