129件中 111 - 120件表示
  • インテル

    インテルから見た造語

    1990年代後半から2000年頃、PCのハードウェアの中枢であるCPUの市場をほぼ独占したインテルと、ソフトウェアの中枢であるオペレーティングシステムの市場をほぼ独占したマイクロソフト(のWindows)、という状況を指す、「Wintel」(Windows + Intel)という造語があった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPentium D

    2005年5月 - メインストリーム・デスクトップパソコン向けのデュアルコア・プロセッサーPentium Dを発表。Pentium Extreme Editionとは違い、ハイパースレッディング・テクノロジー(HT テクノロジー)は無効化されている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たイスラエル

    海外事務所は50ヵ国以上、製造・研究拠点は8ヵ国17拠点にある。特にイスラエルの拠点は大きく、2007年現在で7000人の従業員を擁している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たUV-EPROM

    1971年9月 - 世界初のUV-EPROM 1702を発表(記憶容量2,048ビット)。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel 8048

    Intel 8048 - MCS-48ファミリーインテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel Atom

    2008年3月3日 - ネットブックやモバイル・インターネット・デバイス(MID)など向けにAtomを発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たWintel

    1990年代後半から2000年頃、PCのハードウェアの中枢であるCPUの市場をほぼ独占したインテルと、ソフトウェアの中枢であるオペレーティングシステムの市場をほぼ独占したマイクロソフト(のWindows)、という状況を指す、「Wintel」(Windows + Intel)という造語があった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たマーケティング

    そのカテゴリー呼称は技術的な区切りではなく、マーケティング用途での区分であり、Atomよりも高い単価によって、ASP(平均販売価格)の向上が期待されている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel 8085

    1976年3月 - 8085(8ビット、クロック周波数2MHz、トランジスター数6,500個、プロセス技術3μm)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たフォールトトレラント設計

    1981年発表の、インテル初の32ビットプロセッサーである。メインプロセッサーは2チップ構成。それまでの8080系CPUの限界に対して過去のしがらみを捨て、数々の先進的なマルチタスク機能とメモリ管理機能をハードウェアでサポートし、フォールトトレラント機能の搭載、マルチプロセッサ対応など、非常に高度で先進的で複雑なデザインだった。インテルはこのデザインをマイクロメインフレームと称した。しかし、コンパイラをはじめとするソフトウェアの完成度が低いなどの技術的理由で本来の性能を生かすことが出来ず、米軍のAdaコンピュータ以外にはほとんど普及しないままCPU市場から消え去った。この経験もあって8080系統の連綿と続くCPUの命令体系は、拡張に次ぐ拡張で階上階を重ねていくことで、最適化コンパイラなどのソフトウェアの継承を容易にした。インテル フレッシュアイペディアより)

129件中 111 - 120件表示

「米インテル」のニューストピックワード