4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ
129件中 121 - 129件表示
  • インテル

    インテルから見たXeon

    2001年5月 - サーバー、ワークステーション向けのXeon(クロック周波数1.40-3.80GHz、プロセス技術180-45nm)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たニューヨーク州

    2008年には、ニューヨーク州が米インテルに対して独占禁止法違反の疑いがあるとして、文章や情報を求める召喚状を送付した。同社がライバルのAMDをCPU市場から閉め出すことでAMDならびに消費者・コンピューターメーカーに損害を与え、独占禁止法に違反していないかを検討するのが目的だとされる。インテルは現在PC向けプロセッサ(MPU)市場の8割近くを占有しており、こうした地位を乱用していないかが争点とされている。政府機関による同様のインテル調査は2005年3月の日本を皮切りに、韓国、欧州の3拠点で立て続けに行われており、米国でのケースは4例目となる。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た独占禁止法

    米インテルは1998年6月より米連邦取引委員会(FTC)の独占禁止法違反に関する審理を受け、1999年3月に和解している。日本法人は2005年3月8日に独占禁止法違反で日本の公正取引委員会より排除勧告を受けている。ヨーロッパでは、インテルが欧州で不当な販売方法を行っているとして欧州委員会が2001年から調査してきた。一時静かだった後、あらためて欧州委員会が2004年に調査を開始した。この結果、2007年7月27日に欧州委員会は米インテルに対して欧州連合競争法違反の疑いがあると告知した。日本と欧州連合の勧告では、CPUの販売で競合他社の製品を使わないように不当に働きかけたと指摘された。この取引に応じなかったシャープとインテルとは、一時期ほぼ断絶状態にあった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPentium Extreme Edition

    2005年4月 - インテル初のデュアルコア・プロセッサーであるハイエンド・デスクトップパソコン向けのPentium Extreme Editionを発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たセカンドソース

    インテルは、4004から80286まではセカンドソースとしてAMDやNECにもセカンドソース製造契約を与え、普及とリスク分散を優先したが、普及した80386からはセカンドソース製造契約を停止した。また、インテルに出資していたIBMはi486までは製造権を持ち独自のカスタム版を出荷していた。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たStatic Random Access Memory

    1969年4月 - インテル初の製品であるSRAM 3101を発表(記憶容量64ビット)。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たサンノゼ

    また、カリフォルニア州サンノゼ市にある半導体製造工場には、インテルの歴史を紹介するインテル博物館が併設されている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たブライアン・クルザニッチ

    6代目 : ブライアン・クルザニッチ(2013年 - )インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た走査

    インテルがデジタルカメラ用のプロセッサーとして開発していたが一旦立ち消えになり、そのアーキテクチャーが、高度画像処理用のプロセッサーを求めていたCPU市場の需要をターゲットに洗練(リファイン)されて2004年に発表された。しかし、採用されたのは富士ゼロックスの複合機と走査(スキャン)だけで、その後の需要も見込めないことから消えてしまった。DSPの汎用性と、ハードウェア・アクセラレーターの強み、そしてソフトウェアで実現するメディアプロセッサーとしての素質は素晴らしいものだったが、いずれも性能や方向性が中庸的なものだったため高度画像処理用のプロセッサーを求めていた技術者には受け入れられることがなかった。インテル フレッシュアイペディアより)

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ
129件中 121 - 129件表示

「米インテル」のニューストピックワード