126件中 11 - 20件表示
  • インテル

    インテルから見たマカフィー

    2011年3月2日 - マカフィーの買収を完了。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たロバート・ノイス

    1968年7月18日 - フェアチャイルドセミコンダクターを退職したロバート・ノイス、ゴードン・ムーア(ムーアの法則で知られる)、アンドルー・グローヴらが設立した。当初は半導体メモリーの開発・製造・販売を目的としていた。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たアンドルー・グローヴ

    1968年7月18日 - フェアチャイルドセミコンダクターを退職したロバート・ノイス、ゴードン・ムーア(ムーアの法則で知られる)、アンドルー・グローヴらが設立した。当初は半導体メモリーの開発・製造・販売を目的としていた。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たゴードン・ムーア

    1968年7月18日 - フェアチャイルドセミコンダクターを退職したロバート・ノイス、ゴードン・ムーア(ムーアの法則で知られる)、アンドルー・グローヴらが設立した。当初は半導体メモリーの開発・製造・販売を目的としていた。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIBM

    1981年8月 - IBMが同社初のパソコンIBM PCを発表。CPUに8088が採用されたことは、インテルが急成長するきっかけとなった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たMarvell

    2006年6月27日 - XScaleマイクロアーキテクチャなどの技術ライセンスとモバイル事業をMarvellへ売却することを発表。売却額は6億ドル。1400人の技術者・従業員もMarvellへ移籍し、買収は2006年11月8日に完了した。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たポール・オッテリーニ

    5代目 : ポール・オッテリーニ(2005年 - )インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た古川享

    1991年5月 - Intel Insideロゴ(日本語の『インテル、入ってる』が英訳されたもの)を発表。CMなどで広く使用されたのだが、実はこれは日本発のキャンペーンであり、発案者は古川享インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たデジタルカメラ

    インテルがデジタルカメラ用のプロセッサーをターゲットに開発していたが立ち消えになり、そのアーキテクチャーが画像処理用のプロセッサーを求めていたマーケットをターゲットにリファインされて2004年発表されたが、採用されたのは富士ゼロックスの複合機とスキャナだけで、その後の需要も見込めないことから消えてしまった。DSPの汎用性と、ハードウェア・アクセラレーターの強み、そしてソフトウェアで実現するメディアプロセッサーとしての素質は素晴らしいものだったが、いずれも性能や方向性が中庸的なものだったため受け入れられることはなかった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た公正取引委員会

    米インテルは1998年6月より米連邦取引委員会 (FTC)の独占禁止法 (Antitrust Law)違反に関する審理を受け、1999年3月に和解している。日本法人は2005年3月8日に独占禁止法違反で日本の公正取引委員会より排除勧告を受けている。ヨーロッパではインテルが欧州で不当な販売方法を行っているとして欧州委員会が2001年から調査してきたが、一時静かだった後あらためて欧州委員会が2004年に調査を開始していた。この結果、2007年7月27日 欧州委員会は米インテルに対してEU競争法(日本の独占禁止法に相当)違反の疑いがあると告知した。日本と欧州連合の勧告では、CPUの販売で競合他社の製品を使わないように不当に働きかけたと指摘された。この取引に応じなかったシャープと一時期ほぼ断絶状態にあった。インテル フレッシュアイペディアより)

126件中 11 - 20件表示