126件中 31 - 40件表示
  • インテル

    インテルから見たゼネラル・エレクトリック

    ブランド調査会社インターブランドのBusinessWeek誌と共同で行った"The Best Global Brand Ranking 2006"の調査では、インテルのブランド価値は約300億ドルに相当し、コカ・コーラ、マイクロソフト、IBM、ゼネラル・エレクトリックに次いで世界で5番目となっている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIA-32

    主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPentium III

    1999年2月 - ストリーミングSIMD拡張命令 (SSE)をサポートするPentium III(クロック周波数450MHz?1.40GHz、プロセス技術250?130nm)を発表。この製品でクロック周波数が1GHzの大台を突破した。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel 80386

    1985年10月 - DRAM事業から撤退し、CPUの開発・生産に経営資源を集中。x86で初の32ビットマイクロプロセッサーであるi386(後にi386DX。クロック周波数16?33MHz、トランジスター数27万5,000個、プロセス技術1.5〜1ミクロン)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たベンチャーキャピタル

    インテルはその豊富な資金力を背景にインテル キャピタル (Intel Capital)の名称でベンチャーキャピタル活動も行っており、日本企業に限っても過去に以下のような企業に出資している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たItanium

    主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel Core i7

    2008年11月18日 - Nehalemファミリー最初の製品となるCore i7(クロック周波数2.66-3.20GHz)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel 8086

    主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPentium II

    1997年5月 - MMXテクノロジーをサポートするPentium II(クロック周波数233?450MHz、トランジスター数750万個、プロセス技術0.35〜0.18ミクロン)を発表。CPUパッケージには、これまでの正方形のパッケージに代わり、Single Edge Contact (S.E.C.) カートリッジが採用された。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たNOR型フラッシュメモリ

    2007年5月 - NOR型フラッシュメモリ事業をSTマイクロエレクトロニクス、フランシスコ・パートナーズとの合弁会社「Numonyx」に移管。インテル フレッシュアイペディアより)

126件中 31 - 40件表示

「米インテル」のニューストピックワード