129件中 31 - 40件表示
  • インテル

    インテルから見たノーテルネットワークス

    1995年8月 - コンパック(現在のHP)、DEC、IBM、マイクロソフト、NEC、ノーザンテレコム(現在のノーテルネットワークス)とともに、これまでのシリアルポート、パラレルポート、PS/2ポートなどを置き換えるインターフェイス規格、ユニバーサル・シリアル・バス(USB)を推進する業界団体USB-IFを発足。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たコンパック

    1995年8月 - コンパック(現在のHP)、DEC、IBM、マイクロソフト、NEC、ノーザンテレコム(現在のノーテルネットワークス)とともに、これまでのシリアルポート、パラレルポート、PS/2ポートなどを置き換えるインターフェイス規格、ユニバーサル・シリアル・バス(USB)を推進する業界団体USB-IFを発足。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たゼネラル・エレクトリック

    ブランド調査会社インターブランドのBusinessWeek誌と共同で行った"The Best Global Brand Ranking 2006"の調査では、インテルのブランド価値は約300億ドルに相当し、コカ・コーラ、マイクロソフト、IBM、ゼネラル・エレクトリックに次いで世界で5番目となっている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たNOR型フラッシュメモリ

    2007年5月 - NOR型フラッシュメモリ事業をSTマイクロエレクトロニクス、フランシスコ・パートナーズとの合弁会社「Numonyx」に移管。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た連邦取引委員会

    米インテルは1998年6月より米連邦取引委員会(FTC)の独占禁止法違反に関する審理を受け、1999年3月に和解している。日本法人は2005年3月8日に独占禁止法違反で日本の公正取引委員会より排除勧告を受けている。ヨーロッパでは、インテルが欧州で不当な販売方法を行っているとして欧州委員会が2001年から調査してきた。一時静かだった後、あらためて欧州委員会が2004年に調査を開始した。この結果、2007年7月27日に欧州委員会は米インテルに対して欧州連合競争法違反の疑いがあると告知した。日本と欧州連合の勧告では、CPUの販売で競合他社の製品を使わないように不当に働きかけたと指摘された。この取引に応じなかったシャープとインテルとは、一時期ほぼ断絶状態にあった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たマイクロプロセッサ

    主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と一部の命令を除いて互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPU(マイクロプロセッサ)があり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPentium III

    1999年2月 - ストリーミングSIMD拡張命令 (SSE)をサポートするPentium III(クロック周波数450MHz-1.40GHz、プロセス技術250-130nm)を発表。この製品でクロック周波数が1GHzの大台を突破した。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel 80386

    1985年10月 - DRAM事業から撤退し、CPUの開発・生産に経営資源を集中。x86シリーズでは初の32ビットマイクロプロセッサーであるi386(後にi386DXと改称。クロック周波数16-33MHz、トランジスター数27万5000個、プロセス技術1.5-1μm)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たベンチャーキャピタル

    インテルはその豊富な資金力を背景にインテル キャピタル (Intel Capital)の名称でベンチャーキャピタル活動も行っており、日本企業に限っても過去に以下のような企業に出資している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たItanium

    主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と一部の命令を除いて互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPU(マイクロプロセッサ)があり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。インテル フレッシュアイペディアより)

129件中 31 - 40件表示

「米インテル」のニューストピックワード