126件中 51 - 60件表示
  • インテル

    インテルから見たファウンドリ

    その後のインテルは、CPUの半導体製造ライン(Fab)を、自社製造で貫き、外部契約半導体製造会社(ファウンドリ)に出さない。これは、技術情報漏洩防止だけでなく、そもそも最高密度の製造プロセスを使っての製造は、自社と自社と競合するプロセッサメーカーに限られるからである。特に最先端を行くインテルが求めている製造プロセス製造ラインを維持できるのは、技術力のみならず製造販売量も世界トップであるインテル以外には不可能で、外部の委託製造会社では最先端の製造ラインの開発建設維持のコストを負担するだけの業績が見込めないのが最大の理由である。半導体製造装置メーカーも常にインテルと共に新プロセス対応の新世代製造装置を開発しており、2008年12月15日〜17日に開催された「2008 International Electron Device Meeting」(IEDM 2008)で、2009年後半からラスト・ゲート方式HKMG(High-k, Metal Gate:高誘電率ゲート絶縁膜とメタルゲート電極)による32nmプロセスの量産を開始する予定と発表した。逆に、CPU以外のチップについては、CPUがより最新の製造技術に移った後のコストの償却が完了した旧世代の製造ラインで製造を行っている。そのため、インテル製チップセットやオンボードグラフィックスチップなどはCPUに比して何世代か前のプロセスで製造されている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た渋谷区

    1971年に渋谷区に設置された米国法人の日本支社が前身である。その後、1976年4月28日に世田谷区にインテルジャパン株式会社が設立され、1997年2月1日に現在の商号 インテル株式会社に変更した。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たマイクロプロセッサ

    主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たMicrosoft Windows

    1990年後半頃を中心に、PCの主たる構成要素の2つの部分である基本ソフトOSとCPUを、マイクロソフトとインテルでそれぞれほぼ独占している状況を揶揄的に表現して (Windows + Intel =) Wintel(ウインテル)と呼んだ。今日ではあまり用いられないが、その背景にマイクロソフトがインテルに対してAMD64を採用するよう要請したり、インテル以外のCPU開発に投資したり、逆にインテルがLinuxベンチャーキャピタルに投資する等、両者が互いに比較的健全な関係になったことが挙げられる。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た命令セットアーキテクチャ

    LPIA(Low Power on Intel Architecture)は、IA-32命令セットアーキテクチャに基づく低消費電力なCPU製品のカテゴリーである。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たインテル チック・タック

    インテルは、プロセス技術とマイクロアーキテクチャーを毎年交互に改良するチックタック戦略をとっている。2006年から2007年にかけてCoreマイクロアーキテクチャーに移行し、2008年には45nmプロセスに移行した。2008年末からはNehalemマイクロアーキテクチャーへの移行を進め、2009年第4四半期から32nmプロセスによるチップの量産を開始する予定である。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たサーバー

    2001年5月 - サーバー、ワークステーション向けのXeon(クロック周波数1.40〜3.80GHz、プロセス技術180〜45nm)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たコンピュータ

    主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たマルチコア

    この問題の究極の回答として、シングルコア(単一のプロセッサコア)でのこれ以上の無理な高速化を避けて、マルチコア(複数のプロセッサコア)による並列的な動作によって性能向上を図る道を採った。デュアルコアやクアッドコアの新世代CPUによって新たなコア数競争の時代に突入した。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たディジタル・イクイップメント・コーポレーション

    1980年 - ゼロックス、DEC(当時、現在のHP)と共同でLANの規格をIEEE 802委員会に「Ethernet 1.0規格」として提出・公開(詳細はイーサネットを参照)。インテル フレッシュアイペディアより)

126件中 51 - 60件表示