126件中 71 - 80件表示
  • インテル

    インテルから見た損害賠償

    訴訟では、不当行為の是正、州政府機関および顧客への損害賠償、追徴金などを求めている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たXScale

    XScale PXA210/PXA25x/PXA26x/PXA27xシリーズ(2006年にMarvell社へ売却)インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たCMOS

    クロック周波数の高速化は、現在の半導体プロセスの主流のCMOSでは、消費電力が完全に比例する。これは、プロセスルールの微細化が面積当り消費電力に2乗で効いてくるのと合わせれば、光速度でも1GHz相当の時間内に30cmしか伝播できない物理法則による高速半導体設計の制約以前に、まずCPUダイが自らの熱で溶ける可能性が目前の危機となった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た16進数

    現在の多くのコンピュータに使用されているPCIバス規格において、インテルは機器の製造元を表すベンダーIDの値に同社黎明期のヒット作である8086の名前と同じ 8086(16進数表記)を使用している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPentium M

    2003年3月 - ノートパソコン向けに一から設計されたPentium Mを発表。同月に発表されたノートパソコン向けのプラットフォーム「Centrino モバイル・テクノロジー」を構成する部品の一つである。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIA-64

    主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たAda

    1981年発表のインテル初の32ビットプロセッサーである。メインプロセッサーは2チップ構成。それまでの8080系統CPUの限界に対して過去のしがらみを捨て、数々の先進的なマルチタスク機能とメモリ管理機能をハードウェアでサポートし、フォールトトレラント機能の搭載、マルチプロセッサ対応など、非常に高度で先進的で複雑なデザインだった。インテルはこのデザインをマイクロメインフレームと称した。しかし、コンパイラをはじめとするソフトウェアの完成度が低いなどの理由で性能が出ず、米軍のAdaコンピュータ以外にはほとんど普及しないまま消え去った。この経験もあって8080系統の連綿と続くCPUの命令体系は、拡張に次ぐ拡張で階上階を重ねていくことで、ソフトウェアの継承を容易にした。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPentium D

    2005年5月 - メインストリーム・デスクトップパソコン向けのデュアルコア・プロセッサーPentium Dを発表。Pentium Extreme Editionとは違い、ハイパースレッディング・テクノロジー(HT テクノロジー)は無効化されている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たイスラエル

    海外事務所は50ヵ国以上、製造・研究拠点は8ヵ国17拠点にある。特にイスラエルの拠点は大きく、2007年現在で7000人の従業員を擁している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel 8048

    Intel 8048 - MCS-48ファミリーインテル フレッシュアイペディアより)

126件中 71 - 80件表示

「米インテル」のニューストピックワード