126件中 81 - 90件表示
  • インテル

    インテルから見たXeon

    2001年5月 - サーバー、ワークステーション向けのXeon(クロック周波数1.40〜3.80GHz、プロセス技術180〜45nm)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPC/AT互換機

    主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPUがあり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たMMX

    1997年1月 - Pentiumにマルチメディア処理を強化するMMX拡張命令を追加したMMX Pentiumを発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たワークステーション

    2001年5月 - サーバー、ワークステーション向けのXeon(クロック周波数1.40〜3.80GHz、プロセス技術180〜45nm)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel 8080

    1974年4月1日 - 8080(8ビット、クロック周波数2MHz、トランジスター数6,000個、プロセス技術6ミクロン)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た反トラスト法

    米インテルは1998年6月より米連邦取引委員会 (FTC)の独占禁止法 (Antitrust Law)違反に関する審理を受け、1999年3月に和解している。日本法人は2005年3月8日に独占禁止法違反で日本の公正取引委員会より排除勧告を受けている。ヨーロッパではインテルが欧州で不当な販売方法を行っているとして欧州委員会が2001年から調査してきたが、一時静かだった後あらためて欧州委員会が2004年に調査を開始していた。この結果、2007年7月27日 欧州委員会は米インテルに対してEU競争法(日本の独占禁止法に相当)違反の疑いがあると告知した。日本と欧州連合の勧告では、CPUの販売で競合他社の製品を使わないように不当に働きかけたと指摘された。この取引に応じなかったシャープと一時期ほぼ断絶状態にあった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たアメリカ

    インテル()は、アメリカの半導体メーカーである。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel 80186

    80186:8086に周辺チップを統合させた製品インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たハイパースレッディング・テクノロジー

    2005年5月 - メインストリーム・デスクトップパソコン向けのデュアルコア・プロセッサーPentium Dを発表。Pentium Extreme Editionとは違い、ハイパースレッディング・テクノロジー(HT テクノロジー)は無効化されている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たマルチプロセッサ

    1981年発表のインテル初の32ビットプロセッサーである。メインプロセッサーは2チップ構成。それまでの8080系統CPUの限界に対して過去のしがらみを捨て、数々の先進的なマルチタスク機能とメモリ管理機能をハードウェアでサポートし、フォールトトレラント機能の搭載、マルチプロセッサ対応など、非常に高度で先進的で複雑なデザインだった。インテルはこのデザインをマイクロメインフレームと称した。しかし、コンパイラをはじめとするソフトウェアの完成度が低いなどの理由で性能が出ず、米軍のAdaコンピュータ以外にはほとんど普及しないまま消え去った。この経験もあって8080系統の連綿と続くCPUの命令体系は、拡張に次ぐ拡張で階上階を重ねていくことで、ソフトウェアの継承を容易にした。インテル フレッシュアイペディアより)

126件中 81 - 90件表示