129件中 81 - 90件表示
  • インテル

    インテルから見た複合機

    インテルがデジタルカメラ用のプロセッサーとして開発していたが一旦立ち消えになり、そのアーキテクチャーが、高度画像処理用のプロセッサーを求めていたCPU市場の需要をターゲットに洗練(リファイン)されて2004年に発表された。しかし、採用されたのは富士ゼロックスの複合機と走査(スキャン)だけで、その後の需要も見込めないことから消えてしまった。DSPの汎用性と、ハードウェア・アクセラレーターの強み、そしてソフトウェアで実現するメディアプロセッサーとしての素質は素晴らしいものだったが、いずれも性能や方向性が中庸的なものだったため高度画像処理用のプロセッサーを求めていた技術者には受け入れられることがなかった。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たノートパソコン

    2003年3月 - ノートパソコン向けに一から設計されたPentium Mを発表。同月に発表されたノートパソコン向けのプラットフォーム「Centrino モバイル・テクノロジー」を構成する部品の一つである。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た世田谷区

    日本法人(インテル株式会社)は、東京都千代田区(東京本社)に本社を置く。1971年に渋谷区に設置された米国法人の日本支社が前身である。その後、1976年4月28日に世田谷区にインテルジャパン株式会社が設立され、1997年2月1日に現在の商号に変更した。1981年に設立されて本社機能を持っていたつくばオフィスは2016年12月に閉鎖し、業務は1990年から二本社制の片翼を担っていた東京に移管された。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たx86

    1985年10月 - DRAM事業から撤退し、CPUの開発・生産に経営資源を集中。x86シリーズでは初の32ビットマイクロプロセッサーであるi386(後にi386DXと改称。クロック周波数16-33MHz、トランジスター数27万5000個、プロセス技術1.5-1μm)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たPentium 4

    2000年11月 - NetBurstマイクロアーキテクチャーを採用したPentium 4(プロセス技術180-65nm、トランジスター数4,200 万個、クロック周波数1.40-3.80GHz)を発表。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たCPU

    主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどを製造・販売している。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64(IA-32の64ビット拡張。AMD64と一部の命令を除いて互換性がある)などのパーソナルコンピュータ用CPU(マイクロプロセッサ)があり、PC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場ではここ数年80%近いシェアを維持している。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たCentrino

    2003年3月 - ノートパソコン向けに一から設計されたPentium Mを発表。同月に発表されたノートパソコン向けのプラットフォーム「Centrino モバイル・テクノロジー」を構成する部品の一つである。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たメモリ管理

    1981年発表の、インテル初の32ビットプロセッサーである。メインプロセッサーは2チップ構成。それまでの8080系CPUの限界に対して過去のしがらみを捨て、数々の先進的なマルチタスク機能とメモリ管理機能をハードウェアでサポートし、フォールトトレラント機能の搭載、マルチプロセッサ対応など、非常に高度で先進的で複雑なデザインだった。インテルはこのデザインをマイクロメインフレームと称した。しかし、コンパイラをはじめとするソフトウェアの完成度が低いなどの技術的理由で本来の性能を生かすことが出来ず、米軍のAdaコンピュータ以外にはほとんど普及しないままCPU市場から消え去った。この経験もあって8080系統の連綿と続くCPUの命令体系は、拡張に次ぐ拡張で階上階を重ねていくことで、最適化コンパイラなどのソフトウェアの継承を容易にした。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見た損害賠償

    訴訟では、不当行為の是正、州政府機関および顧客への損害賠償、追徴金などを求めている。インテル フレッシュアイペディアより)

  • インテル

    インテルから見たIntel 80286

    1982年2月 - 80286を発表(16ビット、クロック周波数6-12.5MHz、トランジスター数13万4000個、プロセス技術1.5μm)。インテル フレッシュアイペディアより)

129件中 81 - 90件表示

「米インテル」のニューストピックワード