前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • MRIインターナショナル

    MRIインターナショナルから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    ウェルズ・ファーゴバンク(WELLS FARGO BANK)LAS VEGAS NEVADA支店(Swift:WFBIUS6SLAS) 口座番号 ****2634MRIインターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • ブロックチェーン

    ブロックチェーンから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    翌年にコンソーシアムを爆発的に拡大させた。2015年9月15日の参加者は次の通り。バークレイズ、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、JPモルガン、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、ステート・ストリート、UBS の9社であり、ここまでは日本でも幾つかのサイトで報じられている。2週間後、新たに13社が参加。内訳は次の通り。バンカメ、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、シティグループ、コメルツ銀行、ドイツ銀行、HSBC、三菱UFJフィナンシャル・グループ、モルガン・スタンレー、ナショナルオーストラリア銀行、カナダロイヤル銀行、SKF、ソシエテ・ジェネラル、トロント・ドミニオン銀行。10月28日にみずほ銀行、ノルデア銀行、ウニクレディトが参加。11月19日にパリバ、ウェルズ・ファーゴ、INGグループ、マッコーリー銀行、CIBCが参加。12月17日には12社も加勢した。顔ぶれは以下。モントリオール銀行、ダンスケ銀行、インテーザ・サンパオロ、ナティクシス、野村証券、ノーザン・トラスト、OP Financial Group、サンタンデール銀行、スコシアバンク、三井住友銀行、U.S. Bancorp、ウエストパック銀行。ブロックチェーン フレッシュアイペディアより)

  • ワコビア

    ワコビアから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    2009年より、ワコビアの商標がウェルズ・ファーゴに3年間で順次転換していくことが発表され、2011年10月15日にノースカロライナ州の最後の支店がウェルズ・ファーゴに転換され、消滅した。この衰退期には、メキシコの麻薬カルテルに関係した資金洗浄が摘発されて、2010年3月にワコビアは1.6億ドルの科料を払うことになった(英語版該当節)。ワコビア フレッシュアイペディアより)

  • 駅馬車

    駅馬車から見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    駅馬車は、悪天候や敵対的なインディアン、悪党などに見舞われる環境をセントルイスからサンフランシスコまで22日間かけて、可能ならば夜間も走る国土横断のなどでも使用された。こうした国土横断の駅馬車は、馬を替えるために途中のステーションにほんのわずかに停車するのみであった。旅客は貧弱な食事を得られるだけで、休憩はなかった。もし途中のステージで旅客が休憩のために降りると、次に来る馬車のステージに空き席がなければ、その場所に1週間以上も閉じ込められてしまうことがあった。馬が疲れ果ててしまったときに救援するため、あるいは道路が砂になっている区間で馬車を軽くするために、旅客は馬車から降りて歩くことを求められることがあり、また上り坂や泥沼につかまってしまった時などには馬車を押すことが求められることもあった。馬車に押し込められている旅客は、ウェルズ・ファーゴ(現在は金融業者になっているが、元は駅馬車運行業者)が以下のような旅客の行動に関する規則を各馬車に張り出さなければならないような状況を生み出した。駅馬車 フレッシュアイペディアより)

  • シャーロット (ノースカロライナ州)

    シャーロット (ノースカロライナ州)から見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    2000年代前半にはバンク・オブ・アメリカと双璧をなしていたワコビア(現ウェルズ・ファーゴ傘下)のシャーロットにおける淵源は、1897年に設立されたシャーロット・ナショナル・バンクと、1908年に設立されたユニオン・ナショナル・バンクにたどることができる。前者は1939年に、当時ウィンストン・セーラムに本社を置いていたワコビア・バンク・オブ・トラストに合併され、後者は1958年に、アシュビルやダーラムの銀行と合併してファースト・ユニオン・ナショナル・バンクになった。シャーロット (ノースカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • ショットガン・メッセンジャー

    ショットガン・メッセンジャーから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    ショットガン・メッセンジャー(英語:Shotgun messenger)は、19世紀後半から20世紀初めにかけてのアメリカ西部における、民間の「エクスプレス・メッセンジャー(特急配達業者)」兼ガードマンである。特に駅馬車、また鉄道に乗り、駅馬車の貴重品箱(Strongbox)や鉄道車両の金庫(Safe)に収められた高価な荷物を預かった。駅馬車のエクスプレス・メッセンジャーは、通常、馬車の運転台に、御者(右手で車輪ブレーキを操作するため、右側に座っていた)の左側に座った。1880年代のアメリカ西部において、ウェルズ・ファーゴのメッセンジャーが乗っておらず御者だけの駅馬車は、貴重品箱を積んでいないことを示しており、「ロード・エージェント(road agents)」と呼ばれる盗賊にとってはつまらない目標であった。ショットガン・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • Wells Fargo

    Wells Fargoから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    Wells Fargo フレッシュアイペディアより)

  • ウェルズ・ファーゴ・プラザ

    ウェルズ・ファーゴ・プラザから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    ウェルズ・ファーゴ・プラザ(Wells Fargo Plaza)は、テキサス州ヒューストンのダウンタウンにある地方銀行・ウェルズ・ファーゴ所有の高層ビルであり、アメリカで13番目に高いビルである。302mの高さで71階建て。ウェルズ・ファーゴ・プラザ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ジョーンズ

    アレックス・ジョーンズから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    2011年10月、ウォール街を占拠せよ(Occupy Wall Street)運動に対して、アレックスは当初、この運動を「アメリカ国民がついに目覚めた」と支持していたが、後に、ジョージ・ソロスが資金提供を行っていること、アル・ゴアやミハイル・ゴルバチョフなどの大物グローバリストが運動への支持を表明し始めると、この運動は社会主義者が組織した「統御された反対派 (Controlled Opposition)」であり、アメリカ版のカラー革命を起こそうとしているとして運動に批判的になった。アレックスは悪の根源は連邦準備制度と「六つの巨大銀行 (Six Mega-Banks)」(ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴ、モルガン・スタンレー、シティグループ)であるとして、「Occupy The Fed (連銀を占拠せよ)」運動を立ち上げ、ダラス連邦準備銀行前で抗議デモを行い、私有銀行による独占的な通貨発行権の廃止を訴えた。アレックス・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • メクレンバーグ郡 (ノースカロライナ州)

    メクレンバーグ郡 (ノースカロライナ州)から見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    以前にフォーチュン500に入っていたワコビアがシャーロットに本社を置いていたが、ウェルズ・ファーゴに151億米ドルで買収された。ウェルズ・ファーゴはシャーロットでのワコビアの機能の大半を維持している。連邦準備制度委員会はその合併を2008年10月12日に承認した。メクレンバーグ郡 (ノースカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「米ウェルズ・ファーゴ」のニューストピックワード