31件中 11 - 20件表示
  • ワコビア

    ワコビアから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    2008年9月にアメリカで生じた金融危機はワコビアの急激な株価下落をもたらし、一時は同じく損失の拡大していたモルガン・スタンレーとの合併の可能性も報道されたが、同月29日、アメリカ連邦預金保険公社(FDIC)はシティグループが銀行事業を21億ドル(約2200億円)で買収することを発表した。この買収にはワコビアが保有している資産の損失が一定額を超えた場合には損失補てんが受けられる条項が入っている。これにより新銀行の資産は2兆9000億ドル(約307兆円)にのぼり、世界最大級になるはずだったが、経営不安を払拭するには至らず、10月3日に今度は米銀準大手のウェルズ・ファーゴがワコビアの株式を約151億ドル(約1兆6000億円)で取得すると発表(政府支援はなし)。同時に、シティグループによる合併をワコビア側が一方的に撤回することとなった。ワコビア フレッシュアイペディアより)

  • ワコビア

    ワコビアから見たウェルス・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    ウェルス・ファーゴ - 全米第5位、西部地盤ワコビア フレッシュアイペディアより)

  • フォーティナイナーズ

    フォーティナイナーズから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    成功者はむしろ、フォーティナイナーズの周辺で生まれた。有名なのがリーバイス創業者のリーバイ・ストラウスである。彼はまたテントや荷馬車の幌を作るためにキャンバス帆布を準備し、採鉱者達に販売することで財をなした。また、サム・ブラナンは、金採掘に必要な道具を独占することで巨利を得、ヘンリー・ウェルズとウィリアム・ファーゴは、輸送手段や金融サービスを提供して利益を上げた。今日のウェルズ・ファーゴの始まりである。フォーティナイナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 大列車強盗 (1973年の映画)

    大列車強盗 (1973年の映画)から見たウェルス・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    今回レーンが仲間を集めたのは、金塊探しをするためであった。連れてきた未亡人であるロウ夫人の死別した夫で、生前列車強盗をやったマット・ロウが、その列車強盗で強奪した50万ドルをとある場所に隠したという。その金塊を鉄道会社に届ければ、ウェルス・ファーゴから恩賞金として5万ドルが支払われるのだ。しかし、金塊の在処はロウ夫人しか知らず、ロウ夫人は夫の罪状に対する贖罪のためと、自分と息子が平穏に暮らせるために鉄道会社にそのお金をお返ししたいという考えから今回の金塊探しに乗り出し、レーンが彼女に手を貸す事になった。その危険な旅にも人手が必要なので、仲間を呼んだのだ。大列車強盗 (1973年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • パームデール

    パームデールから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    1890年代までにアンテロープ・バレーの名前に元になった野生のアンテロープが死に絶えてから間もなく、パームデールや近くのハロルドに農家が次々に移民してくるようになり、穀物や果物を栽培した。しかし、これらの開拓者の大半が砂漠気候での農業に不慣れだったので、干魃の年が続いたときに、その大半が開拓地を棄てた。1899年では、一家族のみが当初の村に残っていた。開拓者の残りは郵便局も含めて、サザン・パシフィック鉄道の線路近くに移転した。この新しい社会はパームデールと改名され、現在の市民センターがある所にあった。その線路近くに鉄道駅が建設された。この鉄道はサザン・パシフィック社によって運営され、ロサンゼルスとサンフランシスコを結んでいた。サンフランシスコとニューオーリンズの間には「ウェルズ・ファーゴ」社の駅馬車線もあり、同じ場所で停まった。パルメンタルとハロルドの開拓地があったという唯一の手掛かりは、現在のSアベニューと東20番通りの北東角にあるパームデール・パイオニア墓地である。ここは今後の歴史公園にする土地の一部としてパームデール市が最近取得し改修した。また現在は「マカダム公園」に移転した古い校舎があった。パームデール フレッシュアイペディアより)

  • オレンジ (カリフォルニア州)

    オレンジ (カリフォルニア州)から見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    歴史的にオレンジプラザは主に多様なアンティークショップがあり、古美術品蒐集家の中でよく知られた場所となってきた。最近の傾向としては衣類のブティック、幾つかの気軽な大型レストランが入ってきた。またスターバックス・コーヒーが2店舗あり、プラザを挟んで対象に位置している。ラジオシャック、ウェルズ・ファーゴ銀行、フリーメイソンの支部、さらには歩いて行ける範囲にチャップマン大学や再建された公共図書館もある。オレンジ (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ダベンポート (アイオワ州)

    ダベンポート (アイオワ州)から見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    中心街にはクアッド・シティズで最も背の高い建物2つがある。ウェルズ・ファーゴ銀行ビルは17階建て、ミッドアメリカン・ビルは15階建てである。他にも11階建てのブラック・ホーク・ホテルや10階建てのカール・ビルなど高いビルが幾つかある。ダベンポート (アイオワ州) フレッシュアイペディアより)

  • ポニー・エクスプレス

    ポニー・エクスプレスから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    1866年から1890年までポニー・エクスプレスのロゴは書留郵便と貨物の輸送を手がけたウェルズ・ファーゴが使っていた。アメリカ合衆国郵便公社は国内郵便の登録商標として「ポニー・エクスプレス」を使った。ロシアを本拠とするフレイトリンク宅配サービスはアメリカ合衆国郵便公社のものと類似したポニー・エクスプレスの登録商標とロゴを採用した。ポニー・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • ウェルズ・ファーゴ・センター (ポートランド)

    ウェルズ・ファーゴ・センター (ポートランド)から見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    ウェルズ・ファーゴ・センターでは、ウェルズ・ファーゴ銀行の地域本社が入居している。建物はダウンタウン・ポートランドに所在し、4番街、5番街、コロンビア通り、ジェファーソン通りに面している。連絡通路がタワーと隣接するデータ・プロセシング・ビルディング(この建物もウェルズ・ファーゴ・センターの一部を構成している)の間に架かっている。40の階数を有し、そのオレゴン随一の高さを誇る(階数は数え方によって41ともカウントされる)。本館ロビーにはウェルズ・ファーゴが使用していた古い駅馬車(1854年製)が置かれ、またウェルズ・ファーゴ歴史博物館の展示室も設置している。ウェルズ・ファーゴ・センター (ポートランド) フレッシュアイペディアより)

  • サンフランシスコ

    サンフランシスコから見たウェルズ・ファーゴウェルズ・ファーゴ

    ゴールドラッシュで成功した多くの企業家が、その財を元手に事業を展開した。1852年にはウェルズ・ファーゴが設立され、1864年にはカリフォルニア銀行が設立された。サンフランシスコ港の発展により、街は交易の中心地となった。リーヴァイ・ストラウスは衣類の事業を、ドミンゴ・ギラーデリーはチョコレート製造業を始めた。様々な移民労働者の存在により、街には多様な文化が入り交じり、例えば中国人の鉄道労働者によってチャイナタウンが生まれた。1873年にケーブルカーが敷かれ、クレイ・ストリートの急な坂を上るようになった。ビクトリア様式の家々が立ち並ぶようになり、広い公園の必要が叫ばれるようになって、ゴールデンゲートパークの計画につながった。学校、教会、劇場、その他様々な施設が建てられた。サンフランシスコ要塞は、太平洋岸におけるアメリカの最も重要な軍事施設となった。20世紀を迎える時点で、サンフランシスコは、その華やかさ、豪華なホテル、ノブヒル地区のけばけばしい邸宅、そして芸術の繁栄で知られるようになった。サンフランシスコ フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「米ウェルズ・ファーゴ」のニューストピックワード