前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
221件中 1 - 10件表示
  • 国際石油資本

    国際石油資本から見たエクソンモービルエクソンモービル

    また、エクソン、モービル、シェブロンは、ロックフェラーが創業し、1911年に34社に分割されたスタンダード・オイルが母体である。国際石油資本 フレッシュアイペディアより)

  • 東燃ゼネラル石油

    東燃ゼネラル石油から見たエクソンモービルエクソンモービル

    エクソンモービルと提携する企業で、原油の輸入から精製、販売までを手がけた。「エッソ」・「モービル」・「ゼネラル」の3ブランドでガソリンスタンドを展開していた。主取引行は三井住友銀行で、その他の取引行を三菱東京UFJ銀行、三井住友信託銀行、みずほ銀行であった。東燃ゼネラル石油 フレッシュアイペディアより)

  • カシャガン油田

    カシャガン油田から見たエクソンモービルエクソンモービル

    カスピ海への関心は1992年にカザフスタン政府が探索プログラムの立ち上げを発表した後に起こった。カザフスタン政府は関心を持つ30を超える企業に対して探索参加を呼びかけた。1993年、カザフスタン政府、エニ、、BP/スタトイル、モービル、ロイヤル・ダッチ・シェル、トタルが共同出資したコンソーシアム、カザフスタンカスピシェルフが設立された。このコンソーシアムはカスピ海付近で地震が発生した1997年まで4年間にわたって継続された。カシャガン油田 フレッシュアイペディアより)

  • 汐見町駅

    汐見町駅から見たエクソンモービルエクソンモービル

    当初、共同石油、三菱石油、日本石油、出光興産、昭和石油、丸善石油、モービル石油エクソンという具合に実に多くの油槽所への専用線が設けられた。また、リノール油脂(現・日清オイリオグループ)名古屋工場や三菱商事の薬品タンク等への専用線もあった。汐見町駅 フレッシュアイペディアより)

  • 極東石油工業

    極東石油工業から見たエクソンモービルエクソンモービル

    1963年(昭和38年)6月 米モービル石油(現エクソンモービル)と三井物産の合弁で極東石油工業設立。極東石油工業 フレッシュアイペディアより)

  • エクソン・ヴァルディーズ

    エクソン・ヴァルディーズから見たエクソンモービルエクソンモービル

    エクソン・ヴァルディーズ(Exxon Valdez)は、エクソンの所有する石油タンカー。エクソン・ヴァルディーズは1989年3月24日に船長のジョセフ・ヘイゼルウッドが指揮する中、アラスカ州のプリンス・ウィリアム湾で座礁し、1,100万ガロン(24万バレル)の原油を流出させた(エクソンバルディーズ号原油流出事故)。これは史上最大の生態学的災害のうちの1つとして記録された。エクソン・ヴァルディーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジュロン島

    ジュロン島から見たエクソンモービルエクソンモービル

    対岸のジュロン工業団地の開発が進んだ1960年代後半から1970年代前半にかけて、3つの大きな石油企業がこれらの島々に進出する計画を立てた。すなわち、エッソがPulau Ayer Chawanに、Singapore Refinery CompanyがPulau Merlimauに、エクソンモービルがPulau Pesekに、それぞれ石油精製工場を建設するというものである。シンガポール政府はこれを機会として、経済成長のための戦略として石油化学工業を振興するという選択をおこなった。そして1970年代の経済成長によって、この選択の成功が証明されることとなった。ジュロン島 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野正美

    宇野正美から見たエクソンモービルエクソンモービル

    また、世界の様々な事象の背後に存在するユダヤ人の「影響力」、世界を支配する4つの要素(石油、穀物、金融、情報)におけるユダヤ人の「支配力」に目を瞠っていた。具体的には、独占的な資源メジャーである、石油メジャー(ロイヤル・ダッチ・シェル、エクソン、ブリティッシュ・ペトロリアム、テキサコ、モービル、シェブロン)、穀物メジャー(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、ブンゲ、カーギル、ルイ・ドレフュス)、金融(FRB、BIS、IMF、投資銀行、証券会社)、情報の国際的通信社(ロイター、AP通信、UPI通信社、AFP通信)、世界的新聞社&マスメディア(タイムズ、フォーチューン、ニューズウィーク、ニューヨーク・タイムズ、ニューヨーク・ポスト、ウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポスト)、IBMなどコンピュータ関連企業などである。宇野正美 フレッシュアイペディアより)

  • アグロー

    アグローから見たエクソンモービルエクソンモービル

    ジェネラル・ドラフティング社は当時、道路地図のビッグスリーと呼ばれた米国有数の地図製作会社であった。ただし一般向けの地図出版は自社ブランドでは行わず、スタンダード・オイルや Socony(モービル石油を経て現在のエクソンモービル)といった石油会社と契約して、ガソリンスタンドで無料配布する道路地図の制作にあたっていた。この地名を作ったのは、ジェネラル・ドラフティング社社長のオットー・リンドバーグ(Otto G. Lindberg)と、アシスタントのアーネスト・アルパース(Ernest Alpers)で、 は、2人のイニシャルを並べ替えたもの(アナグラム)である。アグロー フレッシュアイペディアより)

  • モービル1

    モービル1から見たエクソンモービルエクソンモービル

    モービル1(モービルワン、Mobil 1)は、エクソンモービルが販売している化学合成エンジンオイルである。モービル1 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
221件中 1 - 10件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード