185件中 91 - 100件表示
  • 伊藤忠エネクス

    伊藤忠エネクスから見たエクソンモービルエクソンモービル

    ガソリンスタンドは、自社ブランド「カーエネクス (carenex)」の店舗に加えて、昭和シェル石油・コスモ石油、JX日鉱日石エネルギーそしてエクソンモービルの各ブランドでも運営している。伊藤忠エネクス フレッシュアイペディアより)

  • Smartplus

    Smartplusから見たエクソンモービルエクソンモービル

    エクソンモービルエクスプレスSSの一部Smartplus フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ロックフェラー

    ジョン・ロックフェラーから見たエクソンモービルエクソンモービル

    ロックフェラーは1911年まで名目上の社長の肩書きを保ち、持ち株も保持していた。ついに1911年5月15日にアメリカ合衆国最高裁判所は、スタンダード・オイル(64%の市場占有率を保持した)がシャーマン法に違反しているとの判決を下した。その時点で同社は石油精製市場の70%を占めていたが、アメリカでの原油供給量の14%しか握っていなかった。最高裁はトラストが不法に市場を独占しているとして解体命令を下し、同社はおよそ37の新会社に分割された。現在のコノコフィリップスの一部となったコノコ、BPの一部となったアモコ、エクソンモービルの一部となったエッソとモービル、シェブロン、ペンゾイルといった石油企業は、旧スタンダード・オイルが前身になっている。ジョン・ロックフェラー フレッシュアイペディアより)

  • 脇阪寿一

    脇阪寿一から見たエクソンモービルエクソンモービル

    野田英樹に代わり、飯田章がチームに加入。第3戦 SUGOで優勝を果たした。優勝はこの1勝にとどまったが、堅実にポイントを稼ぎ、3勝したMobil1 NSXを1ポイント差で破り、シリーズチャンピオンを獲得した。脇阪寿一 フレッシュアイペディアより)

  • 中和石油

    中和石油から見たエクソンモービルエクソンモービル

    中和石油株式会社(ちゅうわせきゆ、英文社名:Chuwa Petro Co.,Ltd.)は、北海道において石油販売事業を展開する企業である。エクソンモービルブランドのガソリンスタンドを運営するほか、同様のガソリンスタンドを運営する販売店に製品を販売(卸売)している。中和石油 フレッシュアイペディアより)

  • スタンダード・オイル

    スタンダード・オイルから見たエクソンモービルエクソンモービル

    スタンダード・オイル・オブ・ニューヨーク(ソコニー、その後ヴァキューム・オイルと合併)- モービルに改名後現在エクソンモービルの一部スタンダード・オイル フレッシュアイペディアより)

  • 遠鉄石油

    遠鉄石油から見たエクソンモービルエクソンモービル

    遠鉄石油(えんてつせきゆ)は、遠鉄グループの企業の一つ。静岡県浜松市東区に本社を置き、石油販売(ガソリンスタンド)などを展開している。エクソンモービル系列のガソリンスタンドとして14の直営サービスステーションと洗車専門店1店舗がある。ガソリンなどの販売のほか、家庭用プロパンガスやリフォーム、工業用潤滑油、重油など幅広く商品展開している。遠鉄石油 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木信也

    佐々木信也から見たエクソンモービルエクソンモービル

    エッソ石油(ユニフロオイル、ナレーションのみ)佐々木信也 フレッシュアイペディアより)

  • 立川祐路

    立川祐路から見たエクソンモービルエクソンモービル

    2003年:全8戦中ポールポジションを4回獲り、2位2回、3位1回、4位1回と予選では好成績を残すが、決勝ではシーズンを通して結果を残すことができなかった。開幕戦ではスタート前にトラブルを起こし、スタートできないままリタイア。第2戦で失格。第3戦はピット失敗などもあり10位で終わった。第4戦はポールを獲得するもタイヤ選択が外れ4位。第5戦ではファイナルラップまでトップ(2位とは10秒差)だったもののスローパンクチャーが原因で3位に後退。第6戦では第5戦同様タイヤのトラブルで後退し、9位でゴール。第7戦でもポールを奪うが最後はファイナルラップのストレートでスローダウンしたエッソウルトラフロースープラを抜き3位となる。最終戦ではウエイトハンデ100kgを抱えながらも予選は2位に食い込む。しかし決勝では13位に終わった。立川祐路 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋チャンピオンスカウト

    東洋チャンピオンスカウトから見たエクソンモービルエクソンモービル

    毎週木曜21:30より90分の放送。題名から、地域タイトルを抱える東洋太平洋ボクシング連盟が当時東洋ボクシング連盟であったためそれと混同されがちであるが、タイトルの「東洋」は東洋工業(現・マツダ)が冠提供(協賛)スポンサーとなっているためである。後にモービル石油(現・エクソンモービル)もスポンサーに加わった。東洋チャンピオンスカウト フレッシュアイペディアより)

185件中 91 - 100件表示