221件中 91 - 100件表示
  • メソポーラスシリカ

    メソポーラスシリカから見たエクソンモービルエクソンモービル

    一般的には界面活性剤を鋳型としたゾルゲル法が用いられる。これを、分子鋳型法(テンプレート法)という。本法は1992年に米国石油会社モービルの研究グループによって開発された。メソポーラスシリカ フレッシュアイペディアより)

  • MCM-41

    MCM-41から見たエクソンモービルエクソンモービル

    MCM-41(えむしーえむふぉーてぃーわん、Mobil Crystalline Material 41、或いは、Mobil Composition of Matter 41)とは、1992年に米mobil社(現、エクソンモービル)により開発された、メソポーラス材料(メソ多孔質材料)である。MCM-41 フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ国営石油会社

    ベネズエラ国営石油会社から見たエクソンモービルエクソンモービル

    2006年にはチャベス政権が、オリノコ川流域で超重質油開発を行う外資系企業に対し「開発に関わる全ての合弁企業においてPDVSAが60%以上のシェアを持つ」ことを要求したため、これに反発したエクソンモービルら複数の石油メジャーがベネズエラから撤退。中でもエクソンモービルとは撤退に伴う損害を巡り裁判に発展している。ベネズエラ国営石油会社 フレッシュアイペディアより)

  • フェアファックス郡 (バージニア州)

    フェアファックス郡 (バージニア州)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    フェアファックス郡にはフォルクスワーゲン・グループ・オブ・アメリカやヒルトン・ワールドワイド、CSC(元コンピュータ・サイエンシズ)、ノースロップ・グラマン、サイエンス・アプリケーションズ・インターナショナル、SRAインターナショナル、ガネット、キャピタルワン、ジェネラル・ダイナミクス、ICFインターナショナル、フレディマック、サリーメイ、マンテックインターナショナル、マース、NII、NVRなど大規模雇用主もある。エクソンモービルは、元モービル石油の本社だった場所に、川下側の運営を行う本社を持っている。フォーチュン500では7社、ヒスパニック500では11社、ブラックエンタープライズ500では5社が本社を置いている。ノースロップ・グラマンは2010年に本社をロサンゼルスからフェアファックス郡に移すと発表した。フェアファックス郡 (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • パラグアイの歴史

    パラグアイの歴史から見たスタンダード・オイル・オブ・ニュージャージーエクソンモービル

    20世紀初頭には国土西部のチャコ地方を巡ってボリビアとの対立が始まったため、1907年に両国の武力衝突を回避するために、アルゼンチンの仲裁によって暫定国境線が引かれた。1920年代に入り、緊張が再燃すると、両国は軍拡競争や、スタンダード・オイル・オブ・ニュージャージーのような先進国の国際石油資本の意向を巻き込んで対立を尖鋭化させた。パラグアイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタF1

    トヨタF1から見たエクソンモービルエクソンモービル

    エクソンモービル - エッソブランドで潤滑油、燃料を提供トヨタF1 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島石油

    徳島石油から見たエクソンモービルエクソンモービル

    徳島県下の石油販売会社。かつてはシェルSSとモービルSSの二つを給油所網に持っていたが、現在はシェルSSに統一している。徳島石油 フレッシュアイペディアより)

  • 世界自然保護基金

    世界自然保護基金から見たエクソン・モービルエクソンモービル

    WWFの第二代総裁は、ロイヤル・ダッチ・シェル元会長のジョン・H・ラウドンが務める。WWFはロイヤル・ダッチ・シェルだけでなく、エクソン・モービル、モンサントのような企業からも資金提供を受けており、WWFの理事会のメンバーには、実業家や多国籍企業の重役や銀行経営者などが多数含まれており、しばし彼らは重大事故による環境破壊を引き起こしている当事者であることも少なくないが、その事故の責任については幹部理事ということで免責されている。世界自然保護基金 フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たエクソンモービルエクソンモービル

    第二次世界大戦後にも、エストニアと中国ではオイルシェールの利用が続けられた。しかし、オイルシェールの処理費用が高く、石油が安く入手できることから、大半の国では利用を断念した。1973年の第一次オイルショックの際に、オイルシェールの生産量は4600万トンのピークに達するが、1980年代以降は石油との競合により減少し、2000年の生産量は1600万トンに留まった。1982年5月2日、エクソンはコロラド州Parachute近郊に計画されたオイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • ドバ油田

    ドバ油田から見たエクソンモービルエクソンモービル

    エクソンモービル社が開発した油田。非常に有望な油田であり、既に200本を超える油井が掘られているという。ドバ油田 フレッシュアイペディアより)

221件中 91 - 100件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード