221件中 11 - 20件表示
  • エクソンバルディーズ号原油流出事故

    エクソンバルディーズ号原油流出事故から見たエクソンモービルエクソンモービル

    委員会は事情聴取のためエクソン社に対し乗組員の就業パターンの変更などを次々要求した。エクソンバルディーズ号原油流出事故 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の技術と産業の歴史

    アメリカ合衆国の技術と産業の歴史から見たエクソンモービルエクソンモービル

    ジョン・D・ロックフェラーはアメリカ石油産業の強力な統合推進者であった。1865年以降、ロックフェラーは製油所、鉄道、パイプラインおよび油井を購入し、その会社スタンダード・オイルの競争者を情け容赦も無く切り捨てた。1879年までにアメリカで精製された石油の90%を支配した。スタンダード・オイルは鉄道のタンク車に積み卸しするよりも、ニュージャージー、クリーブランド、フィラデルフィアおよびボルチモアの製油所とペンシルベニアの生産地を直接パイプラインで結び、効率と利益を大きくすることができた。スタンダード・オイルのネットワークの規模が予想もしていなかったくらい大きくなったので、会社は管理、財務および組織に新しい手法を開発していった。会社法は州を跨る事業の可能性を制限していたので、スタンダード・オイルは中央のトラストの利用を始め、それが各州にある構成会社の所有と管理を行った。他の産業でもトラストを使うことは、1890年のシャーマン反トラスト法の成立で競争を抑制し独占価格を引き出すものとして規制された。1911年、「ニュージャージー州スタンダード・オイル対アメリカ合衆国事件」の判決で、最高裁はスタンダード・オイルのトラストを解散し、競合する会社に分割することを命じた。この結果、エクソン(ニュージャージー州スタンダード・オイル)モービル(ニューヨーク州スタンダード・オイル)およびシェブロン(カリフォルニア州スタンダード・オイル)ができた。アメリカ合衆国の技術と産業の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 山江サービスエリア

    山江サービスエリアから見たエクソンモービルエクソンモービル

    2008年2月1日 : 上り線のガソリンスタンドをエクソンモービル(ESSO)(林兼石油(株))から九州石油(九石商事(株))へブランド変更。山江サービスエリア フレッシュアイペディアより)

  • レックス・ティラーソン

    レックス・ティラーソンから見たエクソンモービルエクソンモービル

    レックス・ウェイン・ティラーソン(Rex Wayne Tillerson、1952年3月23日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、政治家。第69代アメリカ合衆国国務長官、アメリカ・石油メジャー最大手のエクソンモービル前会長(chairman of the board)兼最高経営責任者(CEO)。姓は「ティラソン」とも書かれる。2018年3月13日にトランプ大統領から、ツイッターで国務長官解任を発表された。レックス・ティラーソン フレッシュアイペディアより)

  • 石油

    石油から見たエクソンモービルエクソンモービル

    過日あまりに巨大化したスタンダード石油に対し、世論の反発が起き、1890年に成立したシャーマン反トラスト法により、同社は34の会社に解体された。ただし、消滅したわけではなく、分割されただけである。スタンダード石油が前身となって、現在あるエクソンモービル、シェブロンなどの旧7大メジャーができた。石油 フレッシュアイペディアより)

  • テキサス州

    テキサス州から見たエクソンモービルエクソンモービル

    メキシコ湾や内陸部に油田が多く、石油資源が豊富であり、エクソンモービルやヴァレロなどの石油会社が多い。カウボーイ文化に象徴される放牧業も盛んである。テキサス州 フレッシュアイペディアより)

  • インドネシアのエネルギー資源

    インドネシアのエネルギー資源から見たエクソンモービルエクソンモービル

    チェプ; アメリカのエクソンモービルの子会社であるMobil Cepu Ltdが管理しているチェプは、トゥバンの町の近くの中部および東部ジャワの国境に位置する。2001年3月に発見され、6億バレルの石油と1.7兆キュベットのガスの埋蔵量が確認された。この地域は、事業者とインドネシア政府との間で進行中の議論の対象となっている。生産量は、2012年初めの約20,000バレルから2014年末には約165,000バレルに増加すると予測された。インドネシアのエネルギー資源 フレッシュアイペディアより)

  • スタトイル

    スタトイルから見たエクソンモービルエクソンモービル

    スタトイルは北海の大陸棚、加えてアゼルバイジャンから西欧諸国に向けてのパイプラインを運営している。前者はZeepipe、Statpipe、Europipe I、Europipe II、Franpipe、後者はバクー・トビリシ・ジェイハンパイプラインがある。ノルウェーからのパイプラインはスタトイルハイドロの他に、Petoro、ConocoPhillips Skandinavia、Eniの子会社のEni Norge、エクソンモービル子会社のExxonMobil E&P Norway及び Mobil Development Norway、Norsea Gas、ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社のNorske Shell Pipelines、トタルの子会社のTotal E&P Norge、ドン・エナジーの子会社のDong E&P Norgeが出資した:en:Gassledを通して行われる。スタトイル フレッシュアイペディアより)

  • キグナス石油

    キグナス石油から見たエクソンモービルエクソンモービル

    JXTGエネルギーや出光興産といった大手と比べると規模はかなり小さいが、ハイオクガソリンを業界で初めて販売した企業である。ブランド名「KYGNUS」の由来ははくちょう座を意味するシグナス(CYGNUS)から。かつては、エクソンモービルグループ傘下であったが、2004年12月からは三愛石油の傘下となっている。SSの数は2016年現在で約480箇所存在する。キグナス石油 フレッシュアイペディアより)

  • JXTGエネルギー

    JXTGエネルギーから見たエクソンモービルエクソンモービル

    「Esso」(エッソ)、「Mobil」(モービル)は、東燃ゼネラル石油がエクソンモービルとのライセンス契約で使用していたブランド。合併後も契約で使用していたが、「ENEOS」ブランドに統一される。JXTGエネルギー フレッシュアイペディアより)

221件中 11 - 20件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード