185件中 11 - 20件表示
  • アメリカ合衆国の技術と産業の歴史

    アメリカ合衆国の技術と産業の歴史から見たエクソンモービルエクソンモービル

    ジョン・D・ロックフェラーはアメリカ石油産業の強力な統合推進者であった。1865年以降、ロックフェラーは製油所、鉄道、パイプラインおよび油井を購入し、その会社スタンダード・オイルの競争者を情け容赦も無く切り捨てた。1879年までにアメリカで精製された石油の90%を支配した。スタンダード・オイルは鉄道のタンク車に積み卸しするよりも、ニュージャージー、クリーブランド、フィラデルフィアおよびボルチモアの製油所とペンシルベニアの生産地を直接パイプラインで結び、効率と利益を大きくすることができた。スタンダード・オイルのネットワークの規模が予想もしていなかったくらい大きくなったので、会社は管理、財務および組織に新しい手法を開発していった。会社法は州を跨る事業の可能性を制限していたので、スタンダード・オイルは中央のトラストの利用を始め、それが各州にある構成会社の所有と管理を行った。他の産業でもトラストを使うことは、1890年のシャーマン反トラスト法の成立で競争を抑制し独占価格を引き出すものとして規制された。1911年、「ニュージャージー州スタンダード・オイル対アメリカ合衆国事件」の判決で、最高裁はスタンダード・オイルのトラストを解散し、競合する会社に分割することを命じた。この結果、エクソン(ニュージャージー州スタンダード・オイル)モービル(ニューヨーク州スタンダード・オイル)およびシェブロン(カリフォルニア州スタンダード・オイル)ができた。アメリカ合衆国の技術と産業の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • エクソンバルディーズ号原油流出事故

    エクソンバルディーズ号原油流出事故から見たエクソンモービルエクソンモービル

    委員会は事情聴取のためエクソン社に対し乗組員の就業パターンの変更などを次々要求した。エクソンバルディーズ号原油流出事故 フレッシュアイペディアより)

  • 西上田駅

    西上田駅から見たエクソンモービルエクソンモービル

    1970年および1983年の専用線一覧表では住友セメントの他にも、三井物産石油(現・三井石油)の専用線(モービル石油(現・エクソンモービル)が第三者利用者となっている)が記載されている。西上田駅 フレッシュアイペディアより)

  • スタトイル

    スタトイルから見たエクソンモービルエクソンモービル

    スタトイルは北海の大陸棚、加えてアゼルバイジャンから西欧諸国に向けてのパイプラインを運営している。前者はZeepipe、Statpipe、Europipe I、Europipe II、Franpipe、後者はバクー・トビリシ・ジェイハンパイプラインがある。ノルウェーからのパイプラインはスタトイルハイドロの他に、Petoro、ConocoPhillips Skandinavia、Eniの子会社のEni Norge、エクソンモービル子会社のExxonMobil E&P Norway及び Mobil Development Norway、Norsea Gas、ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社のNorske Shell Pipelines、トタルの子会社のTotal E&P Norge、DONG Energyの子会社のDong E&P Norgeが出資した:en:Gassledを通して行われる。スタトイル フレッシュアイペディアより)

  • 山江サービスエリア

    山江サービスエリアから見たエクソンモービルエクソンモービル

    2008年2月1日 : 上り線のガソリンスタンドをエクソンモービルから九州石油へ変更。山江サービスエリア フレッシュアイペディアより)

  • ジュロン島

    ジュロン島から見たエクソンモービルエクソンモービル

    対岸のジュロン工業団地の開発が進んだ1960年代後半から1970年代前半にかけて、3つの大きな石油企業がこれらの島々に進出する計画を立てた。すなわち、エッソがPulau Ayer Chawanに、Singapore Refinery CompanyがPulau Merlimauに、エクソンモービルがPulau Pesekに、それぞれ石油精製工場を建設するというものである。シンガポール政府はこれを機会として、経済成長のための戦略として石油化学工業を振興するという選択をおこなった。1970年代の経済成長によって、この選択の成功が証明されることとなった。ジュロン島 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ湾岸油田

    メキシコ湾岸油田から見たエクソンモービルエクソンモービル

    2007年現在、最深の掘削リグは、エクソンモービル社の水深8,600フィート(約2,580メートル)のものであるが、10,000フィートを超える掘削リグの設置計画を持つ社も存在する。急速に展開が進められた大深度の油田開発は、新型の浮遊式プラットフォームや半潜水型プラットフォーム、パイプライン敷設など生産施設の分野で画期的な技術革新を促しており、メキシコ湾岸で培われた技術は石油メジャーの優位性をさらに高めてゆくものと考えられている。メキシコ湾岸油田 フレッシュアイペディアより)

  • 海底油田

    海底油田から見たエクソンモービルエクソンモービル

    2007年現在、世界最深の油田は、アメリカ合衆国メキシコ湾岸油田でエクソンモービル社が保有する油田。水深8,600フィート(約2,580メートル)に達しているが、同地域では年々規模の拡大が続いており、水深10,000フィートを超える掘削リグの設置計画を持つ社も存在している。海底油田 フレッシュアイペディアより)

  • 小島信一

    小島信一から見たエッソ・スタンダード石油エクソンモービル

    東京出身。中央大学卒。佐藤春夫に師事。1954年からエッソ・スタンダード石油に11年間勤務。万葉集を現代詩化した『万葉集―運命の歌』で1971年芸術選奨新人賞受賞。小島信一 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・スープラ LM-GT

    トヨタ・スープラ LM-GTから見たエクソンモービルエクソンモービル

    主なスポンサーは、日本電装(現:デンソー)・トヨタ自動車・トヨタ車体・トヨタテクノクラフト・ダンロップ・レイズ・エクソンモービル・アイシン・iDC大塚家具・レカロ・豊田合成・豊田紡織・小糸工業・豊田自動織機・トミー・ヒルフィガー・Cottage Hôtel・太産工業・PITTURAである。トヨタ・スープラ LM-GT フレッシュアイペディアより)

185件中 11 - 20件表示