185件中 31 - 40件表示
  • 国本京佑

    国本京佑から見たエクソンモービルエクソンモービル

    レーシングカートでの実績が認められ、2005年にはフォーミュラトヨタレーシングスクール (FTRS) を受講し、スカラシップを獲得。限定A級ライセンスの発給を日本自動車連盟 (JAF) から受けた後、エッソフォーミュラ・トヨタシリーズ第7戦筑波ラウンドで4輪レースデビューを果たした。2006年はトヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム (TDP) のスカラシップ生としてフォーミュラ・トヨタ&フォーミュラチャレンジ・ジャパン (FCJ) の2シリーズを戦った。両シリーズとも1度ずつ表彰台を得たのだが、多くのライバルたちの存在もあって両シリーズともシリーズ7位の成績に終わった。2007年もフォーミュラ・トヨタとFCJの2シリーズに参戦。特にFCJでは、勝利数こそ3勝にとどまったものの安定して上位の成績を残し、見事第2代のシリーズチャンピオンに輝いた。国本京佑 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン1

    サハリン1から見たエクソンモービルエクソンモービル

    開発の主体となるエクソン・ネフテガス社(エクソンモービル社の子会社)のほか、日本のサハリン石油ガス開発社、ロシアのサハリン・モルネフテガスシェルフ社などがコンソーシアム形式で参加している。サハリン1 フレッシュアイペディアより)

  • カストロール

    カストロールから見たエクソンモービルエクソンモービル

    USカストロールが、超精製油(高度水素化分解された高粘度指数鉱物油 APIのベースオイル 基油の分類でグループ3になる。例 VHVIなど)を用いた、<Syntec>というエンジンオイルを「化学合成油」として販売する。これに対してモービルは「化学合成油はPAO(ポリアルファオレフィン グループ4)、もしくはエステル系(ポリオールエステル、ジエステルなど グループ5)を意味し、グループ3ベースオイルを用いたモーターオイルは化学合成油でない」と主張し、アメリカの広告審議会(NAD)の審判を仰ぐ。評決はカストロールが勝訴し、グループ3も化学合成油として表示することが認められた。今では訴えたモービル(現エクソンモービル)をはじめ、多くのオイル会社がグループ3を用いたオイルを化学合成油(シンセティックオイル)として販売している。カストロール フレッシュアイペディアより)

  • フィーリング・フリー

    フィーリング・フリーから見たエクソンモービルエクソンモービル

    エッソオイル、企業編、名古屋編(エッソスタンダード石油フィーリング・フリー フレッシュアイペディアより)

  • サハリンプロジェクト

    サハリンプロジェクトから見たエクソンモービルエクソンモービル

    2009年現在、サハリン4とサハリン5について、エクソンモービル社が中心となって試掘が行っているが、具体的成果の発表がないまま現地の拠点を撤収している。サハリンプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-26

    マクラーレン・MP4-26から見たエクソン・モービルエクソンモービル

    燃料 モービル無鉛(5.75%のバイオ燃料を含む)マクラーレン・MP4-26 フレッシュアイペディアより)

  • オカモトグループ

    オカモトグループから見たエクソンモービルエクソンモービル

    セルフ式のガソリンスタンド(=SS※サービスステーションの略称)。北海道初のセルフSSを帯広市にオープンし、帯広市・音更町を中心にSSを展開。に北海道北見市にプライベートブランドのセルフ北見をオープンさせた。帯広市・音更町のSSではゼネラルマークを掲げ、その他のエリアでは元売会社の看板を掲げることなく、プライベートブランド「オカモトセルフ」として北海道・東北地区に店舗を展開していたが、に北海道のプライベートブランドSSもエクソンモービルに転換。北海道内の同社SSのキャノピーにはESSOのロゴが描かれており、夏からはサインポールも設けられたほか、4月に初めて名称に「オカモトセルフ」を冠しないエクスプレス秋田北SS(同SSは秋田市の三傳商事グループが経営していたESSOエクスプレスを継承したものである)をオープン。同年9月にはプライベートブランドだったセルフ一関(岩手県一関市)・セルフ花巻(岩手県花巻市)・セルフ湯沢(秋田県湯沢市)の3箇所も次々とESSOマークを掲げた。オカモトグループ フレッシュアイペディアより)

  • 北陸エム・シー・オイル

    北陸エム・シー・オイルから見たエクソンモービルエクソンモービル

    富山県に10か所、石川県に3か所、合計13か所のガソリンスタンドを運営し、ENEOS(富山県内の6か所)、昭和シェル石油(富山県内の4か所)、エクソンモービル(石川県内の2か所)の各石油ガソリンスタンドのフランチャイズ契約を結んでいた。北陸エム・シー・オイル フレッシュアイペディアより)

  • 南西石油

    南西石油から見たエクソンモービルエクソンモービル

    沖縄県内の最大手の石油販売企業。以前は、アメリカのエクソンモービル傘下の東燃ゼネラル石油の子会社(出資比率:東燃ゼネラル石油87.5%、住友商事12.5%)だったが、2006年9月よりブラジルの国営石油企業であるペトロブラスが買収の交渉を開始。その約1年後の2007年11月10日に両社が合意し、ペトロブラスの子会社であるペトロブラス・インターナショナル・ブラスペトロが全株式を55億円にて買収した。南西石油 フレッシュアイペディアより)

  • 石油元売

    石油元売から見たエクソンモービルエクソンモービル

    エクソンモービル - 国内市場占有率2位石油元売 フレッシュアイペディアより)

185件中 31 - 40件表示