221件中 31 - 40件表示
  • XOM

    XOMから見たエクソンモービルエクソンモービル

    XOM フレッシュアイペディアより)

  • グランドジャンクション (コロラド州)

    グランドジャンクション (コロラド州)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    1880年代に開拓者が入ってきた時から1960年代まで、地域の主要経済活動は農業と牧畜業だった。小売業が次第に重要性を増し(ガソリン販売、猟と漁にかかわる小売り)、またウラン鉱業に関わる活動も重要になった。市内にはアメリカ原子力エネルギー委員会にウラン鉱石を供給したクライマックス・ウラニウム・ミルがあったが、現在は廃坑になった。教育と医療も重要になってきており、特に1950年代からはコロラド・メサ大学とセントメアリー病院が主要な雇用主となった。パイシアンス盆地のパラシュート近くに広大なオイルシェールが埋蔵していることが知られている。1970年代の石油禁輸とガスの高価格によってこの地域に金融界の関心が高まった。エクソンモービルが採鉱権を取得し、グランドジャンクションに操業拠点を置いた。グランドジャンクション (コロラド州) フレッシュアイペディアより)

  • ケネス・リー・サラザール

    ケネス・リー・サラザールから見たエクソンモービルエクソンモービル

    2005年、サラザールは自動車やトラックを対象とした企業平均燃料節約基準の厳格化に反対票を投じた。サラザールはその理由として、この立法に関与した環境保護団体の自然保護有権者同盟が作成したメモが、資源の無駄遣いであるためであると述べた。また同年、サラザールはエクソンモービルその他の主要石油企業に与えていた減税を撤廃する修正法案に、反対票を投じた。ケネス・リー・サラザール フレッシュアイペディアより)

  • クラッシュ・ザ・タンカー/流出危機

    クラッシュ・ザ・タンカー/流出危機から見たエクソンモービルエクソンモービル

    事故の報告を受けたアラスカ環境保護局のヴァルディーズ支部長であるダン・ローンは、沿岸警備隊のヴァルディーズ支部を訪れて海軍中佐のスティーヴ・マッコールから事故の概要について話を聞き、沿岸警備隊の船で現場の視察に行くことにする。テキサス州ヒューストンの自宅にいたエクソン・シッピングの社長のフランク・アイアロッシはエクソン・ヴァルディーズ座礁の連絡を聞き、事故の詳細な情報を調べるよう各方面に指示してアラスカ州に飛ぶ。船で座礁現場近くまで来たローンは、調査のためビデオカメラで船体の状態と海面に流れ出た原油の様子を撮影する。そしてヴァルディーズ号に乗り込んだローンと沿岸警備隊は、手分けして船の内部を調べる。するとまだ大量の原油が海に流出していることを知ったローンは、アリエスカの責任者に連絡して原油の流出を止める緊急対応を行っていないことを責める。アリエスカ・パイプラインの社長のジョージ・M・ネルソンに電話したアイアロッシ社長は、アリエスカ協定で原油流出事故の責任はオーナー会社のエクソンにあると伝えられ、善処することを約束して到着するまではアリエスカの方で対処してくれるよう頼む。一方アリエスカ・パイプラインには特殊車両を使える人間がいないためとても非効率な作業状態が続いていた。クラッシュ・ザ・タンカー/流出危機 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・スープラ LM-GT

    トヨタ・スープラ LM-GTから見たエクソンモービルエクソンモービル

    主なスポンサーは、日本電装(現:デンソー)・トヨタ自動車・トヨタ車体・トヨタテクノクラフト・ダンロップ・レイズ・エクソンモービル・アイシン・iDC大塚家具・レカロ・豊田合成・豊田紡織・小糸工業・豊田自動織機・トミー・ヒルフィガー・Cottage Hôtel・太産工業・PITTURAである。トヨタ・スープラ LM-GT フレッシュアイペディアより)

  • シナジーF1

    シナジーF1から見たエクソンモービルエクソンモービル

    シナジーF1 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ17000形貨車

    国鉄タキ17000形貨車から見たエクソンモービルエクソンモービル

    落成時の所有者は、日本石油、共同石油、、シェル石油、モービル石油の4社であった。国鉄タキ17000形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 連邦取引委員会

    連邦取引委員会から見たエクソン・モービルエクソンモービル

    1999年12月、米石油最大手のエクソンによる同第二位のモービルの買収を、ガソリンスタンドや石油精製所などの一部売却を条件に承認、世界最大手のエクソン・モービルが誕生。連邦取引委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ベイタウン (テキサス州)

    ベイタウン (テキサス州)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    1916年、ハンブル石油精製会社がテキサス州知事を経験したロス・S・スターリングとその仲間によって設立され、グースクリーク油田を開発し、テキサス州では初、国内でも2番目のオフショア掘削施設を建設した。後にはベイタウン製油所を建設し、世界最大級のエクソンの製油所となった。その後多くの製油所が地域に建設された。エクソンモービルが市内の主要雇用主の1つとなっており、地域で10以上のプラントを運転している。ベイタウン (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • コザン

    コザンから見たエクソンモービルエクソンモービル

    2008年4月24日、コザンは、ブラジルにおけるエクソンモービルの下流部門を買収した。この買収により、コザンはブラジル国内における砂糖及びアルコール生産の地位の強化に成功するとともに、ブラジルにおけるサトウキビ生産量の約10%に当たる5600万トンを掌握することとなった。また、コザンが運営する工場の数も23になった。コザン フレッシュアイペディアより)

221件中 31 - 40件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード