221件中 41 - 50件表示
  • パイプライン輸送

    パイプライン輸送から見たエクソンモービルエクソンモービル

    日本における石油、ガスなどのパイプライン輸送は、土地の所有権が細分化されている上に地価が高いこと、起伏が多い地形や地震などの理由から採算が合わず少なかったが、天然ガスの分野では石油資源開発(JAPEX)が精力的にパイプラインを敷設した。JAPEXの総延長は2012年2月現在、苫小牧市〜小樽市、新潟市〜仙台市、白石〜郡山の間など総延長826kmにも及ぶ。ロシアサハリン州沖で天然ガス田(サハリン1)の開発が進められている。この天然ガスの輸送には、ロシア〜日本間の大規模パイプラインの建設が検討されてきた。しかし、2004年11月に、開発の主体であるエクソンモービル社は中国のエネルギー需要の伸びに目をつけ、日本向けのパイプライン輸送を白紙撤回する方針を固めた。2006年には全量が中国へ輸出されることが決定し、計画は頓挫した。パイプライン輸送 フレッシュアイペディアより)

  • トーランス (カリフォルニア州)

    トーランス (カリフォルニア州)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    かつてトーランスは主要な産油地域として何百もの油井が存在した。現在では油井はもう見られないものの、市内及び近郊に多数存在する石油精製プラントにその名残を見る事ができる。市の北端にあるエクソンモービルの精製所は南カリフォルニアのガソリン供給の多くを賄っている。事実上、南カリフォルニアのガソリン供給の多くがトーランスから数マイル以内の精製所で製造されている。ARCOはカーソンでガソリンを製造し、ユノカルはサンペドロに精製所を持ち、シェブロンは州で最古の精製所をエル・セグンドに持っている。トーランス (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • スピンドルトップ

    スピンドルトップから見たエクソンモービルエクソンモービル

    スピンドルトップ(Spindletop)はアメリカ合衆国テキサス州ボーモント市の南に位置する岩塩ドーム油田。1901年1月10日、スピンドルトップに「ルカス1号油井」が完成、現代の石油産業の誕生の日付けを記した。一日10万バレルの産油量で、夜通し噴出する噴出油井でアメリカ合衆国の石油生産は3倍になり、第二次産業革命の燃料は、木材と石炭から、石油とその副産物に代わることを確実にした。今日よく知られるエクソンモービルやテキサコといった企業がスピンドルトップを開発した。1966年11月13日、アメリカ合衆国の国定登録史跡に指定された。スピンドルトップ フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-26

    マクラーレン・MP4-26から見たエクソン・モービルエクソンモービル

    燃料 モービル無鉛(5.75%のバイオ燃料を含む)マクラーレン・MP4-26 フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-27

    マクラーレン・MP4-27から見たエクソン・モービルエクソンモービル

    燃料 モービル無鉛(5.75%のバイオ燃料を含む)マクラーレン・MP4-27 フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-28

    マクラーレン・MP4-28から見たエクソン・モービルエクソンモービル

    燃料 エクソン・モービル製ハイパフォーマンス無鉛燃料(5.75%はバイオ燃料)マクラーレン・MP4-28 フレッシュアイペディアより)

  • コノコフィリップス

    コノコフィリップスから見たエクソンモービルエクソンモービル

    旧セブン・シスターズのエクソンモービル・シェブロン・BP・ロイヤル・ダッチ・シェルと共にスーパーメジャーと呼ばれる6大石油会社の1つに名を連ねている。現在では積極的に次世代エネルギーへの投資を進めている。コノコフィリップス フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-30

    マクラーレン・MP4-30から見たエクソンモービルエクソンモービル

    燃料:エクソンモービル High Performance Unleadedマクラーレン・MP4-30 フレッシュアイペディアより)

  • ドトールコーヒーショップ

    ドトールコーヒーショップから見たエクソンモービルエクソンモービル

    石油元売り大手のエクソンモービルと提携したことで、セルフ式ガソリンスタンドと併設している店舗も幹線道路沿いを中心に設置されるようになった。併せて、2004年(平成16年)には東京都千代田区霞が関の中央省庁が集まる官庁街にある日本郵政公社(現・日本郵政)本社、中央合同庁舎第2号館および第5号館にも出店した。この他にも、郊外部だと大型ショッピングモールのフードコートへの出店が多い。また大型総合病院に出店している例もある。ドトールコーヒーショップ フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・パーネル

    ショーン・パーネルから見たエクソン・モービルエクソンモービル

    パーネルが州の上院を去ったのは、石油会社コノコフィリップスのアラスカ州政府担当理事に就くためであった。2005年にはパットン・ボッグスのロビー事務所に入り、大規模な原油・天然ガス開発計画に対して州政府や連邦政府が設けている規制をクライアントに説明した。このパットン・ボッグスはエクソン・ヴァルディーズ号原油流出事故で、エクソン・モービルの代理人となったことがある。2005年4月にはワシントニアン誌とダラス・モーニング・ニュース紙が、最も収入の多いロビイスト団体と報じた。2006年10月3日、パーネルはノーススロープ・ガス田の商業化に向けた問題についてサラ・ペイリン州知事に助言するため、2年も経たないうちにパットン・ボッグスのもとを離れた。ショーン・パーネル フレッシュアイペディアより)

221件中 41 - 50件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード