185件中 51 - 60件表示
  • フォーリン・アフェアーズ

    フォーリン・アフェアーズから見たエクソン・モービルエクソンモービル

    ABCニュース、AIG、バンクオブアメリカ、ブルームバーグ、ボーイング、シティ・グループ、シェブロン、コカ・コーラ、デビアス、エクソン・モービル、FedEx、フォード・モーター、ジェネラル・エレクトリック、ジェネラル・モーターズ、ゴールドマン・サックス、Google、IBM、JPモルガン・チェース、マッキンゼー、メリル・リンチ、ロッキード・マーチン、コールバーグ・クラビス・ロバーツなどフォーリン・アフェアーズ フレッシュアイペディアより)

  • 八城政基

    八城政基から見たエクソンモービルエクソンモービル

    1958年(昭和33年) - スタンダード・ヴァキューム・オイル(スタンバック)日本支社入社八城政基 フレッシュアイペディアより)

  • 各人に各人のものを

    各人に各人のものをから見たエクソンモービルエクソンモービル

    ドイツ語圏では、現代の広告キャンペーンでこの表現が用いられることもよくあり、ノキア、ドイツのスーパーマーケット・チェーン REWE、バーガーキング、メルクール銀行などの各社が、広告の文言として「Jedem das Seine」やその複数形の表現「Jedem den Seinen」を用いたことで物議を醸してきた。2009年1月、エクソンモービルは、広告キャンペーンでドイツのコーヒー・チェーン店チボの飲み物をエッソの店舗で提供した際に、スローガンとして「Jedem den Seinen !」を用いた。ドイツユダヤ人中央評議会からの抗議を受け、この広告は直ちに撤去されることになり、エクソンモービルのスポークスマンは、広告制作に当たった外注先が、この文言とナチズムとの関連を認識していなかったと述べた。2009年3月には、キリスト教民主同盟 (CDU)に関係する学生団体が、ノルトライン=ヴェストファーレン州でこの文言を教育キャンペーンのスローガンとして用い、後に批判を受けて取り下げるという事件があった。各人に各人のものを フレッシュアイペディアより)

  • 東亜丸 (飯野海運)

    東亜丸 (飯野海運)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    アメリカ軍の徴傭解除後、飯野海運ではスタンダード・ヴァキュームおよび東亜燃料工業と提携し、両社向けの原油輸送にあたることとなった。「東亜丸」がこの輸送に起用されることとなり、昭和25年11月20日に神戸を出港してサウジアラビアのに向かった。その後も「東亜丸」は1956年(昭和31年)までの間にペルシア湾との間を30航海、北アメリカとの間を5航海行い、日本を介さない三国間輸送も9航海行った。「東亜丸」は昭和31年9月に系列会社の内外海運に売却され、以後も飯野海運の傭船として石油輸送を行っていたが、1962年(昭和37年)10月にアラビア船主に売却、以後の消息は不明である。東亜丸 (飯野海運) フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化詐欺 (映画)

    地球温暖化詐欺 (映画)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    映画の中で多くの学者、環境保護主義者、シンクタンクのコンサルタントや作家がインタビューを受け、映画の主張を支持した。その中には、グリーンピースの初期メンバーであったがここ21年は批判をしている Patrick Moore や、マサチューセッツ工科大学の気象学の教授の Richard Lindzen、バージニア大学の環境科学の教授の Patrick Michaels、1962年から1966年まで New Scientist 誌の編集者をしていた ナイジェル・コールダー、アラバマ大学の地球システム科学センターの教授であり所長の John Christy、パスツール研究所の Paul Reiter、イギリスの元財務大臣の Nigel Lawson、イギリスの気象予報士の Piers Corbyn がいた。映画に登場した科学者のうち、Christy、Lindzen、Michaelsを含む8人は、アメリカの新保守主義や右翼のシンクタンクと関係があり、それらのシンクタンクは石油メジャーであるエクソンモービルから数千万ドルを受け取っている。地球温暖化詐欺 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 片岡龍也

    片岡龍也から見たエクソンモービルエクソンモービル

    SUPER GT・GT500クラス(Mobil 1 TOYOTA Team LeMans #6 Mobil 1 SC/SC430 UZZ40 3UZ-FE)(シリーズ12位)片岡龍也 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・91C-V

    トヨタ・91C-Vから見たエッソ石油エクソンモービル

    チーム体制は前年と変わらず、トムス、サードが参戦したが、サードがタイヤをダンロップからトムスと同じブリヂストンに変更した。ミノルタ・トヨタ36号車、エッソ・トヨタ37号車がトムスから、デンソー・トヨタ38号車がサードからそれぞれエントリーした。トヨタ・91C-V フレッシュアイペディアより)

  • エクスプレス (サービスステーション)

    エクスプレス (サービスステーション)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    サービスステーションとしてのエクスプレスとは、エクソンモービルグループのエッソ(ESSO)、モービル(Mobil)、東燃ゼネラル石油のセルフサービスステーション(セルフ式ガソリンスタンド)。エクスプレス (サービスステーション) フレッシュアイペディアより)

  • パイプライン輸送

    パイプライン輸送から見たエクソンモービルエクソンモービル

    ロシアサハリン州沖で天然ガス田(サハリン1)の開発が進められている。この天然ガスの輸送には、ロシア〜日本間の大規模パイプラインの建設が検討されてきた。しかし、2004年11月に、開発の主体であるエクソンモービル社は中国のエネルギー需要の伸びに目をつけ、日本向けのパイプライン輸送を白紙撤回する方針を固めた。2006年には全量が中国へ輸出されることが決定し、計画は頓挫した。パイプライン輸送 フレッシュアイペディアより)

  • ブラスケム

    ブラスケムから見たエクソン・モービルエクソンモービル

    ブラスケム()は、ブラジル・サンパウロに本社を置く石油化学事業を営む会社である。2008年には、ラテンアメリカで最大、南北アメリカ大陸においてもエクソン・モービル、ダウ・ケミカルに次ぐ第3位の事業規模にまで成長した。ブラスケム フレッシュアイペディアより)

185件中 51 - 60件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード