221件中 61 - 70件表示
  • ビスレットゲームズ

    ビスレットゲームズから見たエクソンモービルエクソンモービル

    ビスレットゲームズ()は、ノルウェー・オスロのビスレット・スタディオンで例年6月に行なわれる陸上競技大会。IAAFダイヤモンドリーグを構成する一大会であり、2009年まではIAAFゴールデンリーグの一大会として行なわれていた。エクソンモービルが大会を後援しており、エクソンモービル・ビスレットゲームズ(ExxonMobil Bislett Games)として知られている。日本ではビスレーゲームズ、ビスレー大会、あるいはオスロ国際、ダイヤモンドリーグオスロ大会、DLオスロなどとも表記される。ビスレットゲームズ フレッシュアイペディアより)

  • 各人に各人のものを

    各人に各人のものをから見たエクソンモービルエクソンモービル

    ドイツ語圏では、現代の広告キャンペーンでこの表現が用いられることもよくあり、ノキア、ドイツのスーパーマーケット・チェーン REWE、バーガーキング、メルクール銀行などの各社が、広告の文言として「Jedem das Seine」やその複数形の表現「Jedem den Seinen」を用いたことで物議を醸してきた。2009年1月、エクソンモービルは、広告キャンペーンでドイツのコーヒー・チェーン店チボの飲み物をエッソの店舗で提供した際に、スローガンとして「Jedem den Seinen !」を用いた。ドイツユダヤ人中央評議会からの抗議を受け、この広告は直ちに撤去されることになり、エクソンモービルのスポークスマンは、広告制作に当たった外注先が、この文言とナチズムとの関連を認識していなかったと述べた。2009年3月には、キリスト教民主同盟 (CDU)に関係する学生団体が、ノルトライン=ヴェストファーレン州でこの文言を教育キャンペーンのスローガンとして用い、後に批判を受けて取り下げるという事件があった。各人に各人のものを フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見サンマリン

    鶴見サンマリンから見たエクソンモービルエクソンモービル

    1982年(昭和57年) - モービル石油と取引開始鶴見サンマリン フレッシュアイペディアより)

  • Speedpass

    Speedpassから見たエクソンモービルエクソンモービル

    Speedpass(スピードパス)とは、エクソンモービル系 (エッソ、モービル、ゼネラル石油)のセルフサービスステーション、エクスプレスでの給油などに使用できる決済方法の一種であり、給油機のリーダーにかざすだけで決済することができる仕組みである。日本国内での認知度はまだ高くないが、欧米では広く普及している。Speedpass フレッシュアイペディアより)

  • MOCマーケティング

    MOCマーケティングから見たエクソンモービルエクソンモービル

    2014年7月1日より石油販売事業はEMGマーケティング合同会社へ統合された。MOCマーケティングの完全子会社で直営のガソリンスタンドを展開していた東洋石油販売は、全店舗がエッソにブランド変更され、後に東洋石油販売は東燃ゼネラル石油のグループ会社である中央石油販売と合併した。MOCマーケティング フレッシュアイペディアより)

  • 八城政基

    八城政基から見たエクソンモービルエクソンモービル

    1958年(昭和33年) - スタンダード・ヴァキューム・オイル(スタンバック)日本支社入社八城政基 フレッシュアイペディアより)

  • カストロール

    カストロールから見たエクソンモービルエクソンモービル

    USカストロールが、超精製油(高度水素化分解された高粘度指数鉱物油 APIのベースオイル(基油)の分類でグループ3になる。例 VHVIなど)を用いた、<Syntec>というエンジンオイルを「化学合成油」として販売する。これに対してモービルは「化学合成油はPAO(ポリアルファオレフィン グループ4)、もしくはエステル系(ポリオールエステル、ジエステルなど グループ5)を意味し、グループ3ベースオイルを用いたモーターオイルは化学合成油でない」と主張し、アメリカの広告審議会(NAD)の審判を仰ぐ。評決はカストロールが勝訴し、グループ3も化学合成油として表示することが認められた。今では訴えたモービル(現エクソンモービル)をはじめ、多くのオイル会社がグループ3を用いたオイルを化学合成油(シンセティックオイル)として販売している。カストロール フレッシュアイペディアより)

  • ヘリテージ財団

    ヘリテージ財団から見たエクソンモービルエクソンモービル

    ヘリテージはチェース・マンハッタン銀行、ダウケミカル、フォード、ゼネラルモーターズ、モービル、P&G、グラクソ・スミスクラインなど100近くの大企業からも継続的な長期の寄付を受けている。1ヘリテージ財団 フレッシュアイペディアより)

  • モータースポーツマガジン Mobil1 THE GRID

    モータースポーツマガジン Mobil1 THE GRIDから見たエクソンモービルエクソンモービル

    題名を見てもわかる通り、エクソンモービルのエンジンオイルブランド「モービル1」の一社提供番組。モータースポーツマガジン Mobil1 THE GRID フレッシュアイペディアより)

  • 東亜丸 (飯野海運)

    東亜丸 (飯野海運)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    アメリカ軍の徴傭解除後、飯野海運ではスタンダード・ヴァキュームおよび東亜燃料工業と提携し、両社向けの原油輸送にあたることとなった。「東亜丸」がこの輸送に起用されることとなり、昭和25年11月20日に神戸を出港してサウジアラビアのに向かった。その後も「東亜丸」は1956年(昭和31年)までの間にペルシア湾との間を30航海、北アメリカとの間を5航海行い、日本を介さない三国間輸送も9航海行った。「東亜丸」は昭和31年9月に系列会社の内外海運に売却され、以後も飯野海運の傭船として石油輸送を行っていたが、1962年(昭和37年)10月にアラビア船主に売却、以後の消息は不明である。東亜丸 (飯野海運) フレッシュアイペディアより)

221件中 61 - 70件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード