185件中 61 - 70件表示
  • ガスプロム

    ガスプロムから見たエクソンモービルエクソンモービル

    2006年4月にはガスプロムの時価総額はマイクロソフトを超えて世界3位になり、エネルギー企業としてはエクソンモービルに次ぐ企業になった。ガスプロム フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ小野グループ

    トヨタ小野グループから見たエクソンモービルエクソンモービル

    このほか石油類販売(青森市・七戸町にてエクソンモービルの代理店としてESSOブランドでガソリンスタンドを運営)、保険代理店の業務も行っている。トヨタ小野グループ フレッシュアイペディアより)

  • ケネス・リー・サラザール

    ケネス・リー・サラザールから見たエクソンモービルエクソンモービル

    2005年、サラザールは自動車やトラックを対象とした企業平均燃料節約基準の厳格化に反対票を投じた。サラザールはその理由として、この立法に関与した環境保護団体の自然保護有権者同盟が作成したメモが、資源の無駄遣いであるためであると述べた。また同年、サラザールはエクソンモービルその他の主要石油企業に与えていた減税を撤廃する修正法案に、反対票を投じた。ケネス・リー・サラザール フレッシュアイペディアより)

  • 三愛石油

    三愛石油から見たエクソンモービルエクソンモービル

    特色として羽田空港の給油業務を独占して行っている。中部国際空港などにも運営社員を持っている。グループ企業は、自社ブランド「Obbli(オブリ)」、エクソンモービル、昭和シェル石油、ENEOS、東燃ゼネラル石油の特約店(ガソリンスタンド)を運営している。ENEOS等の主な元売系の特約代理店(元売系ディーラー)の老舗でもある。傘下にキグナス石油がある。三愛石油 フレッシュアイペディアより)

  • 湯浅 卓

    湯浅卓から見たエクソンモービルエクソンモービル

    ウォール街では、あくまで保守系のロックフェラーグループやエクソンモービルなどのテキサス石油市場関連の企業の仕事が多く、民主党系のモルガングループとは疎遠関係にある。湯浅卓 フレッシュアイペディアより)

  • サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプライン

    サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプラインから見たエクソンモービルエクソンモービル

    元々このパイプラインは主としてサハリン3プロジェクトで生産された天然ガスを輸送する計画であった。だがサハリン3の開発が遅れたため、ガスプロムはエクソンモービルの出資するサハリン1プロジェクトをガスの主要供給元としようとしたが、2011年7月の時点では契約に至っていない。2011年9月の稼働時にはサハリン2のガスが主要供給元となっている。サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプライン フレッシュアイペディアより)

  • ヘリテージ財団

    ヘリテージ財団から見たエクソンモービルエクソンモービル

    ヘリテージはチェース・マンハッタン銀行、ダウケミカル、フォード、ゼネラルモーターズ、モービル、P&G、グラクソ・スミスクラインなど100近くの大企業からも継続的な長期の寄付を受けている。1ヘリテージ財団 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=ルイ・ガセー

    ジャン=ルイ・ガセーから見たエクソンモービルエクソンモービル

    1944年に、フランスのパリに生まれる。オルセー大学で数学と物理学を学び、パリ大学の博士課程に進むが、修士号を取得したのちに退学。エクソンのフランス子会社やヒューレット・パッカード勤務の後、1981年にアップルコンピュータに移り、1985年からはアップルのフランス法人の社長となる。ジャン=ルイ・ガセー フレッシュアイペディアより)

  • コノコフィリップス

    コノコフィリップスから見たエクソンモービルエクソンモービル

    旧セブン・シスターズのエクソンモービル・シェブロン・BP・ロイヤル・ダッチ・シェルと共にスーパーメジャーと呼ばれる6大石油会社の1つに名を連ねている。現在では積極的に次世代エネルギーへの投資を進めている。コノコフィリップス フレッシュアイペディアより)

  • サウジアラムコ

    サウジアラムコから見たエクソンモービルエクソンモービル

    1936年、カリフォルニア・アラビアン・スタンダード・オイル・カンパニー(通称カソック)は米国のテキサコ(現:シェブロン)と50%ずつ株式を保有する合弁会社になり、1938年3月、石油を掘り当てた(ダンマン油田)。1944年1月31日、カリフォルニア・アラビアン・スタンダード・オイル・カンパニーは社名をアラビアン・アメリカン・オイル・カンパニー(通称アラムコ)に変更した。1948年、カリフォルニア・アラビアン・スタンダード・オイル・カンパニーとテキサコは50%ずつ保有していたアラビアン・アメリカン・オイル・カンパニーの株式の比率を30%に下げ、スタンダード・オイル・オブ・ニュージャージー(後のエクソン、現 エクソンモービル)が30%、ソコニー・バキューム・オイル(後のモービル。現:エクソンモービル)が10%保有することになった。サウジアラムコ フレッシュアイペディアより)

185件中 61 - 70件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード