221件中 71 - 80件表示
  • 近藤隆雄

    近藤隆雄から見たエクソンモービルエクソンモービル

    東京都生まれ。モービル石油人事部勤務 、立教大学社会学部助手、日本労働研究機構研究員、フルブライト留学生(カリフォルニア大学経営大学院)、HRリサーチセンター代表取締役、 杏林大学社会科学部講師、多摩大学経営情報学部・大学院教授、ウォーリック大学客員研究員を経て現職。行政学修士(国際基督教大学)。博士(商学)(明治大学)。近藤隆雄 フレッシュアイペディアより)

  • JXTGエネルギー和歌山製油所

    JXTGエネルギー和歌山製油所から見たエクソンモービルエクソンモービル

    和歌山下津港に位置する。エクソンモービルが「エッソ」・「モービル」・「ゼネラル」のブランドで展開するガソリンスタンドに供給する燃料油、潤滑油、石油化学製品を生産している。JXTGエネルギー和歌山製油所 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化詐欺 (映画)

    地球温暖化詐欺 (映画)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    映画の中で多くの学者、環境保護主義者、シンクタンクのコンサルタントや作家がインタビューを受け、映画の主張を支持した。その中には、グリーンピースの初期メンバーであったがここ21年は批判をしている Patrick Moore や、マサチューセッツ工科大学の気象学の教授の Richard Lindzen、バージニア大学の環境科学の教授の Patrick Michaels、1962年から1966年まで New Scientist 誌の編集者をしていた ナイジェル・コールダー、アラバマ大学の地球システム科学センターの教授であり所長の John Christy、パスツール研究所の Paul Reiter、イギリスの元財務大臣の Nigel Lawson、イギリスの気象予報士の Piers Corbyn がいた。映画に登場した科学者のうち、Christy、Lindzen、Michaelsを含む8人は、アメリカの新保守主義や右翼のシンクタンクと関係があり、それらのシンクタンクは石油メジャーであるエクソンモービルから数千万ドルを受け取っている。地球温暖化詐欺 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • テンギス油田

    テンギス油田から見たエクソンモービルエクソンモービル

    テンギス油田はが管理を行っており、40年間に渡り何十億バレルの石油を採取してきた。テンギスシェブオイル (TCO)のコンソーシアムは1993年4月に設立されて以降、テンギス油田の開発を行ってきた。テンギスシェブオイルのパートナーはシェブロン (50%)、エクソンモービル (25%)、カザフスタン政府の代理である (20%)、ルクオイル (5%)である。テンギス油田 フレッシュアイペディアより)

  • 三傳商事

    三傳商事から見たエクソンモービルエクソンモービル

    1847年、初代三浦傳六が茶紙荒物商を創業。初代は苗字帯刀を許された。2代目傳六は、第四十八国立銀行や秋田商法会議所の設立に参画。さらに土崎の竹内長九郎と共に匿名組合を組織。米国スタンダードヴァキューム社(現:エクソンモービル)と提携を結んだ。1917年合名会社三傳商店を設立。1934年三傳商事株式会社と改組した。三傳商事 フレッシュアイペディアより)

  • サハリンプロジェクト

    サハリンプロジェクトから見たエクソンモービルエクソンモービル

    2009年現在、サハリン4とサハリン5について、エクソンモービル社が中心となって試掘が行っているが、具体的成果の発表がないまま現地の拠点を撤収している。サハリンプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • ミューチュアル・ファンド

    ミューチュアル・ファンドから見たエクソンモービルエクソンモービル

    粘り強い追及のあと、1940年投資会社法で、投資会社が他の投資会社の既発行議決権付株式の3%以上を取得してはならないと定められた。これを脱法するために、共通のスポンサーや引受人が複数の投信会社を統括するファンド複合体(ファンド・コンプレックス)がつくられていった。複合体は利子・配当・キャピタルゲインの全てを追求できた。ファンド複合体の管理者は投資顧問とよばれ、そのグループが特定の証券に影響力をもてるよう采配できた。1950-60年代最大のミューチュアル・ファンド複合体は、JPモルガン傘下のIDS(Investors Diversified Services, アレゲーニー・コーポレーションの傘下企業。エクソンモービル等に影響力をもった。首位)であった。証券取引委員会の調べでは、1966年で純資産の合計が51.7億ドルに達し、約30.2億ドルのMIT(Massachusetts Investors Trust, エドワード・レフラーの古巣、第二位)や、およそ26.8億ドルのフィデリティ・インベストメンツを引き離した(三位)。およそ22.4億ドルのワデル・アンド・リード(Waddell & Reed)、約20.5億ドルのウェリントン・マネジメント(Wellington Management Co.)が四位と五位に続く。六位は15.8億ドルのインベスターズ・マネジメント(数年後にアンカー・グループと改称)、七位は14.4億ドルのユニオン・サービス、八位は12.8億ドルのアベット男爵商会(Lord Abbett)であった。キーストーン(Keystone Investments, 2001年ワコビアと対等合併、現ウェルズ・ファーゴ)とパトナム(Putnam Management, パワー・コーポレーション系列)がそれぞれおよそ1.2億ドルにとどまった(九・十位)。上位10複合体は、投資会社資産全体の45%を管理・運用していた。ミューチュアル・ファンド フレッシュアイペディアより)

  • スタンダード・オイル

    スタンダード・オイルから見たエクソンモービルエクソンモービル

    スタンダード・オイル・オブ・ニューヨーク(ソコニー、その後ヴァキューム・オイルと合併)- モービルに改名後現在エクソンモービルの一部スタンダード・オイル フレッシュアイペディアより)

  • オートチューン

    オートチューンから見たエクソンモービルエクソンモービル

    1996年、技師として石油会社のエクソンモービルで働いていたアンディ・ヒルデブランド(Andy Hildebrand)は、地震データ解析用ソフトが音程の補正にも使えることを偶然発見する。翌1997年にアンタレス社はこの技術を製品化、「オートチューン」と命名し発売した。1998年には、シェールが自身の楽曲「Believe」において本来の音程補正目的ではなく、ロボットボイスを生むエフェクターとしてこのソフトを使用。同楽曲がヒットしたことによって、オートチューンは一躍有名になった。オートチューン フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タサ1700形貨車

    国鉄タサ1700形貨車から見たエクソンモービルエクソンモービル

    落成当時の所有者はスタンダードヴアキューム石油、日本石油運送、丸善石油、日本石油、昭和石油、シェル石油、三菱石油、北日本石油、丸善海運であった。その後石油業界の再編により大半の会社が合併等の理由により社名が変更になった。国鉄タサ1700形貨車 フレッシュアイペディアより)

221件中 71 - 80件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード