185件中 81 - 90件表示
  • モンロー郡 (オハイオ州)

    モンロー郡 (オハイオ州)から見たエクソン・モービルエクソンモービル

    2011年12月20日頃、ニュージャージー州の石油会社エクソン・モービル社が、子会社のXTOエナジーを通じて、ベック・エナジー社からモンロー郡ユーティカ・シェイルガス田、広さ20,056エーカー (80.2 km2) のリース契約を受けた。モンロー郡 (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • 国際石油開発

    国際石油開発から見たエクソンモービルエクソンモービル

    東カリマンタンにおいてトタルと共同で巨大油田ハンディルを発見。同社事業の基盤はインドネシアに集中していたが、以後、オーストラリア、カスピ海などに拡張し、特に2000年にカスピ海北東部のカザフスタン沖でイタリアEni社やエクソンモービルなどと共同で発見したカシャガン油田は、世界最大級の油田として注目されている。また、東カリマンタンを中心にガス開発にも力を入れ、子会社のジャパン石油開発株式会社を通じて中東にも進出している。国際石油開発 フレッシュアイペディアより)

  • ベネトン・フォーミュラ

    ベネトン・フォーミュラから見たエクソンモービルエクソンモービル

    ブランドルに代わり、ウィリアムズからリカルド・パトレーゼを迎えてチャンピオン争いに加わるためにハイテクマシンの開発に力を注ぐ。第2戦までは前年のB192を1993年のレギュレーションに併せたB193Aを投入。第3戦のヨーロッパGPからハイテク装備のB193Bを投入した。ホンダが撤退し、同じフォードエンジンを搭載する事になったマクラーレンとの最新エンジン獲得戦争に注目が集まった。結果的にシーズン開幕当初はワークス・チームであるベネトンに最新のエンジンが供給され、「カスタマー」のマクラーレンはベネトンより1ランク下のエンジンが供給されていたにもかかわらず、マクラーレンがベネトンを上回る活躍を見せたため、フランスGPからはベネトンと同じワークスエンジンがマクラーレンにも供給される事となった。それでもシューマッハはシーズン中盤から終盤にかけてはセナを上回る走りを見せ、ポルトガルGPで優勝を果たすが、それでもウィリアムズ・ルノーの前には歯が立たなかった。コンストラクターズランキングもセナによる5勝を挙げたマクラーレンに敗れ3位に終わった。パトレーゼはマシンに慣れる事が出来ずこの年限りでF1を去る。なお、この年からオイルサプライヤーをモービルからエルフ(実質は子会社のエルフミノール)に変更している。ベネトン・フォーミュラ フレッシュアイペディアより)

  • ルパン三世 燃えよ斬鉄剣

    ルパン三世 燃えよ斬鉄剣から見たエクソンモービルエクソンモービル

    この時点でルパン三世を演じる山田康雄の体調がかなり悪化していたため、声は前作にも増して勢いがなくファンを心配させた。その不安は結果的に的中することとなり、これが24年間ルパンを演じてきた山田の事実上の遺作(CM等も含めれば、同年末に収録され、翌年1月から放映されたエクソンモービル(ESSO石油)の企画で登場したルパン三世を演じたものが最後の出演)となった。ルパン三世 燃えよ斬鉄剣 フレッシュアイペディアより)

  • エクソン・ヴァルディーズ

    エクソン・ヴァルディーズから見たエクソンモービルエクソンモービル

    エクソン・ヴァルディーズ(Exxon Valdez)は、エクソンの所有する石油タンカー。エクソン・ヴァルディーズは1989年3月24日に船長のジョセフ・ヘイゼルウッドが指揮する中、アラスカ州のプリンス・ウィリアム湾で座礁し、1,100万ガロン(24万バレル)の原油を流出させた(エクソン・ヴァルディーズ号原油流出事故)。これは史上最大の生態学的災害のうちの1つとして記録された。エクソン・ヴァルディーズ フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・ホドルコフスキー

    ミハイル・ホドルコフスキーから見たエクソンモービルエクソンモービル

    ホドルコフスキーの逮捕・追及は、2003年後半にホドルコフスキーがプーチン大統領への批判を公言し始め、ロシア連邦共産党を含む野党に対し献金を行っていたことが直接的な原因であるが、さらにエリツィン時代に台頭したボリス・ベレゾフスキーやウラジーミル・グシンスキー等のロシアの新興財閥(オリガルヒ)を抑圧するなど、これ以上のロシア政治への関与に反対するシロヴィキを中心としたプーチン政権側の警告というのが一般的な見方である。また、ユコスとシブネフチの合併で誕生するはずだった新会社の株式40%をアメリカの石油メジャーであるエクソンモービル社に取得させる交渉をしていたことも、石油の国家管理を進めるプーチン政権の反発を招いた。ミハイル・ホドルコフスキー フレッシュアイペディアより)

  • アーヴ・カネモト

    アーヴ・カネモトから見たエクソンモービルエクソンモービル

    にチームは500ccクラスに復帰した。アレックス・バロスを擁してMobilカラーのマシンで参戦し、シリーズ7位の成績を収めた。にはかつての盟友カダローラと再び組み、シーズン2勝・シリーズ3位に入る活躍を見せた。カダローラの駆ったNSR500は、大きなスポンサーのない純白のカラーリングだった。アーヴ・カネモト フレッシュアイペディアより)

  • 東小倉駅

    東小倉駅から見たエクソンモービルエクソンモービル

    かつては、駅北側の北九州港小倉地区に集うモービル石油・ゼネラル石油・共同石油・大協石油の油槽所や日本セメントの小倉包装所、小倉駅北側にある住友セメント小倉サービスステーション、駅西側にあった東京製綱小倉工場(2002年閉鎖)などへの専用線があった。東小倉駅 フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たエクソンモービルエクソンモービル

    第二次世界大戦後にも、エストニアと中国ではオイルシェールの利用が続けられた。しかし、オイルシェールの処理費用が高く、石油が安く入手できることから、大半の国では利用を断念した。1973年の第一次オイルショックの際に、オイルシェールの生産量は4600万トンのピークに達するが、1980年代以降は石油との競合により減少し、2000年の生産量は1600万トンに留まった。1982年5月2日、エクソンはコロラド州Parachute近郊に計画されたオイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • 大分ヒートデビルズ

    大分ヒートデビルズから見たエクソンモービルエクソンモービル

    シーズンを前にエクソンモービルの元会長、ローレンス・ロールの長男で個人投資家であるビンス・ロールが資本参加。増資した3048株(1株5万円)のうち1700株を取得。発行済み株式(3918株)における持ち株比率は43.4%となり、1816株(46.4%)を所有する矢野裕史社長に次ぐ大株主となる。外国資本による日本国内のプロスポーツチームへの直接出資は初めてとなる。大分ヒートデビルズ フレッシュアイペディアより)

185件中 81 - 90件表示