221件中 81 - 90件表示
  • ダラス

    ダラスから見たエクソンモービルエクソンモービル

    20世紀になってテキサス東部で油田が発見され、市況は大いに潤った。また同年代に航空機産業誘致に成功し、とりわけ軍用機産業が発展、中南部最大の都市としてめざましい発展を遂げた。しかし、戦後の1963年11月22日にダラスで遊説中にケネディ大統領暗殺事件が発生すると、その汚名は世界中に知れ渡ることになり、「city of hate」のレッテルを貼られてしまう。これにより市のイメージが悪化し、多くのビジネスチャンスを失うこととなり、市況は停滞した。ところが1970年に国際的な原油価格の高騰の恩恵を受け、市経済は再び活況を取り戻した。更に1975年には近郊都市のフォートワースとの間にダラス・フォートワース国際空港を建設、アメリカン航空のハブ空港として大いに機能し、拠点性を更に高めた。1980年代はアメリカ全体の不況の煽りを受けて大幅に治安も悪化するものの、1990年代からTEXAS INSTRUMENTSなどの情報、ExxonMobil(ダラス近郊に本社を置く)などの石油産業、エレクトロニクス産業を軸に復興し、今日に至る。ダラス フレッシュアイペディアより)

  • 香芝サービスエリア

    香芝サービスエリアから見たエクソンモービルエクソンモービル

    ガソリンスタンド(昭和シェル石油(エネクスフリート) 24時間。2008年3月31日までは、エクソンモービル(ESSO)(株)田中石油であった その後、コーナンフリート(株)が運営していた)香芝サービスエリア フレッシュアイペディアより)

  • サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプライン

    サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプラインから見たエクソンモービルエクソンモービル

    元々このパイプラインは主としてサハリン3プロジェクトで生産された天然ガスを輸送する計画であった。だがサハリン3の開発が遅れたため、ガスプロムはエクソンモービルの出資するサハリン1プロジェクトをガスの主要供給元としようとしたが、2011年7月の時点では契約に至っていない。2011年9月の稼働時にはサハリン2のガスが主要供給元となっている。サハリン・ハバロフスク・ウラジオストクパイプライン フレッシュアイペディアより)

  • カズムナイガス

    カズムナイガスから見たエクソンモービルエクソンモービル

    (20%) ? シェブロン、ルクオイル、エクソンモービルとの合弁企業カズムナイガス フレッシュアイペディアより)

  • 国際石油資本

    国際石油資本から見たエッソ石油エクソンモービル

    1 スタンダードオイルニュージャージー(後のエッソ石油、その後1999年にモービルと合併しエクソンモービル)国際石油資本 フレッシュアイペディアより)

  • 国際石油開発

    国際石油開発から見たエクソンモービルエクソンモービル

    東カリマンタンにおいてトタルと共同で巨大油田ハンディルを発見。同社事業の基盤はインドネシアに集中していたが、以後、オーストラリア、カスピ海などに拡張し、特に2000年にカスピ海北東部のカザフスタン沖でイタリアEni社やエクソンモービルなどと共同で発見したカシャガン油田は、世界最大級の油田として注目されている。また、東カリマンタンを中心にガス開発にも力を入れ、子会社のジャパン石油開発株式会社を通じて中東にも進出している。国際石油開発 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ウッドランズ (テキサス州)

    ザ・ウッドランズ (テキサス州)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    2011年、エクソンモービルが、ハーディ有料道路と州間高速道路45号線交差点近くの385エーカー (1.54 km) の土地に新しい施設を建設する計画を発表した。そこはヒューストン域外管轄権の中にあり、ヒューストン市に併合される可能性がある。ヒューストン地域の約1万人の従業員が2014年に始まる敷地に移転し、2015年までに全体が運営されるようになる。ザ・ウッドランズ (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • モービル (ブランド)

    モービル (ブランド)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    モービル (Mobil) は、エクソンモービルおよびその関連会社によって使用される商標名。モービル (ブランド) フレッシュアイペディアより)

  • アービング (テキサス州)

    アービング (テキサス州)から見たエクソンモービルエクソンモービル

    アービング市内に本社を置く大企業としては、チャック・E・チーズ、コマーシャル・メタルズ、エクソンモービル、グルマ、キンバリー・クラーク、ラ・キンタ・インズ・アンド・スイーツ、マイケルズ・ストアズ、オムニ・ホテルズ、サザンスター・コンクリート、ゼロアワー、ゼイル、フルーア、NCH、シュネー・モアヘッド、およびLXIエンタプライズ・ストレージがある。地域航空会社のフリーダム航空とメサ・エアー・グループの子会社も市内に本社を置いている。また市内にはアメリカ・ボーイスカウトの全国本部がある。アービング (テキサス州) フレッシュアイペディアより)

  • メソポーラス材料

    メソポーラス材料から見たエクソンモービルエクソンモービル

    1970年ごろに、メソポーラス材料やメソポーラスシリカの生成方法についての特許が取られており、1968年に発表されたに基づく方法は、 2015年現在でも使われている。特許が取られていたことはほとんど気づかれておらず、1997年に再び公表された。1990年には、独立に、日本の研究者によって、メソポーラスシリカナノ粒子 (mesoporous silica nanoparticles, MSNs) が合成された。 メソポーラスシリカナノ粒子は、後にモービル・コーポレーション(現エクソンモービル)の研究所でも合成され、MCM-41と名付けられた。メソポーラス材料 フレッシュアイペディアより)

221件中 81 - 90件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード