71件中 51 - 60件表示
  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見た

    モービルのエンジンオイル「モービル1」のCMでは過酷な耐久テストをCMに採用したことがあった。夏季には245℃での耐熱試験、冬季には氷点下40℃の冷凍試験(バナナでが打てたり、バラが粉々になるなど)を行い、それら過酷な条件でも他のオイルと違い耐久性に優れていることをアピールしていた。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見た合同会社

    EMGマーケティング合同会社は、合同会社へ改組した当初は、エクソンモービルの100%子会社であるエクソンモービル アジア インターナショナル SARLが100%出資している会社であったが、現在は、親子関係が逆転し、東燃ゼネラル石油が99%出資し、残りの1%をエクソンモービルが出資する形となっている。このため、2012年現在は、東燃ゼネラルグループの1社となっており、一部事業も手掛ける中間持株会社の位置づけとなっている。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見たフォーブス・グローバル2000

    米国フォーブス誌が発表する売上高、利益、資産、時価総額の4つの要素を基にランキングしている2012年フォーブス・グローバル2000では世界第1位。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見たエクソン・ヴァルディーズ

    1989年3月24日 - エクソン保有のタンカー「エクソン・ヴァルディーズ」がアラスカで約42000kLの原油流出事故を起こす。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見た市原市

    極東石油工業株式会社 - 千葉県市原市に製油所をもつ石油精製会社。エクソンモービル有限会社と三井石油が50%ずつ出資。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見た潤滑油

    全米で「Esso」商標が使用できなくなったため、代わりにエナジーコーポレーションを示す「Enco」に改名し、続いて全世界の商標を「Enco」に切り替える計画を立てたが、日本法人(当時のエッソ・スタンダード石油)からの「Enco(エンコ)は日本ではエンジントラブルを意味する俗語である」という意見により使用を取りやめ、「EXXON(エクソン)」に変更した。ブランド名変更当初に日本法人もエクソンを名乗る予定であったが、「クソ」という部分が不快に感じるとの配慮から、エッソを商標名とし続けた。なお「Esso」の商号は、日本では戦前に航空機用潤滑油として一部で使用されてきたが、1961年スタンバック社の解体でエッソ・スタンダード石油が設立された時より本格的に使用された。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見た垂直統合

    現在、エクソンモービルはスーパーメジャーと呼ばれる世界6大石油会社の一つであり、スーパーメジャーの中でも最大の企業である。エクソンモービルは、エネルギー資源の探鉱・生産、輸送、精製、販売までの事業を垂直統合で一括で行っている。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見た鹿嶋市

    日本ブチル株式会社 - 神奈川県川崎市と茨城県鹿嶋市に工場をもつポリイソブチレン(ブチルゴム)の製造会社。エクソンモービル有限会社とJSRが50%ずつ出資。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見た地球

    地球を表す楕円形の中に「Esso」(Eastern States Standard Oil の頭文字)の文字が入り、Eは算用数字の3を左右逆にしたような丸みのある字体となる。ペットマークは虎で、「エッソタイガー」ないし「タンゴタイガー」と呼ばれる。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

  • エクソンモービル

    エクソンモービルから見たフォーチュン誌

    米国フォーチュン誌が発表する2012年フォーチュン・グローバル500では売上高ランキングで世界2位、純利益ランキングで世界2位。エクソンモービル フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「米エクソンモービル」のニューストピックワード