1969件中 51 - 60件表示
  • ジェームズ・モンロー

    ジェームズ・モンローから見たアメリカ合衆国大統領アメリカ合衆国大統領

    ジェームズ・モンロー(、1758年4月28日 - 1831年7月4日)は、第5代アメリカ合衆国大統領であり、その職を1817年から1825年まで2期務めた。その任期は「好感情の時代」、すなわち党派抗争が比較的少なかった時代と、その後の1819年恐慌やミズーリ準州の合衆国加盟(州昇格)について激しい国を挙げての論争があった時代で特徴づけられる。この間にフロリダの獲得(1819年)、ミズーリ協定(1820年)と続き、アメリカ合衆国はアメリカ大陸におけるヨーロッパの干渉を容認しないとした、いわゆるモンロー主義を発表(1823年)したことで最も著名となった。モンローは建国の父として最後の世代であり、大統領を続けて輩出してバージニア王朝と言われた時代および共和主義者世代から大統領になったことでも最後の者だった。ジェームズ・モンロー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の首相

    アメリカ合衆国の首相から見たアメリカ合衆国大統領アメリカ合衆国大統領

    アメリカ独立戦争の間から終戦後にかけて、多くのアメリカ人は政府を欺瞞的、あるいは信用できないと見ていた。一方、イギリスの政治の仕組みは専制的であると考えられていた。国王ジョージ3世の周りの人物、すなわち首相は政治的腐敗を経て完全な支配を成し遂げたと考えられていた。また、国王の周りの人物はイギリスの財政の仕組みを使って、かつて平衡がとれていた政治の仕組みを破壊したとも一般に信じられていた。ジョージ・ワシントンが大統領に在任中、財務長官のアレクサンダー・ハミルトンは第一アメリカ合衆国銀行を設立したが、その際に強い抵抗に遭うことになった。『ナショナル・ガゼット』紙はハミルトンが「首相」のように動いていると述べ、ハミルトンによる財政の仕組みの操作は共和国の破綻に繋がると主張した。アメリカ合衆国の首相 フレッシュアイペディアより)

  • 迎賓館

    迎賓館から見たアメリカ合衆国大統領アメリカ合衆国大統領

    新装となった迎賓館に迎えた最初の国賓は、第38代アメリカ合衆国大統領のジェラルド・ルドルフ・フォード・ジュニアである。迎賓館 フレッシュアイペディアより)

  • 米英戦争

    米英戦争から見たアメリカ合衆国大統領アメリカ合衆国大統領

    1812年6月18日、アメリカ第4代大統領ジェームズ・マディスン政権のときに米国議会はイギリスに宣戦布告した。米英戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッド・ステーツ (空母)

    ユナイテッド・ステーツ (空母)から見たアメリカ合衆国大統領アメリカ合衆国大統領

    1948年7月29日に第33代アメリカ合衆国大統領ハリー・S・トルーマンは5隻の「超大型空母」の建造を承認した。建造予算は1949年のネーヴァル・アプロプリエーション法で承認され、1949年4月18日にニューポート・ニューズ造船所で起工された。ユナイテッド・ステーツ (空母) フレッシュアイペディアより)

  • アーリントン国立墓地

    アーリントン国立墓地から見たアメリカ合衆国大統領アメリカ合衆国大統領

    なお、アメリカ合衆国大統領は軍の最高司令官であるためこの墓地に埋葬される権利があるが、現時点で当墓地内に墓所があるのは、第27代ウィリアム・タフト、第35代ジョン・F・ケネディの2名のみである。アーリントン国立墓地 フレッシュアイペディアより)

  • ジェラルド・R・フォード (空母)

    ジェラルド・R・フォード (空母)から見たアメリカ合衆国大統領アメリカ合衆国大統領

    ジェラルド・R・フォード (USS Gerald R. Ford, CVN-78) は、建造が計画されているアメリカ海軍の航空母艦。ジェラルド・R・フォード級のネームシップ。2009年に起工、2015年度に就役予定。艦の名称は第38代アメリカ合衆国大統領ジェラルド・R・フォードにちなむ。ジェラルド・R・フォード (空母) フレッシュアイペディアより)

  • ユリシーズ・グラント

    ユリシーズ・グラントから見たアメリカ合衆国大統領アメリカ合衆国大統領

    ユリシーズ・シンプソン・グラント(Ulysses Simpson Grant, 1822年4月27日 - 1885年7月23日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家。南北戦争の将軍および第18代アメリカ合衆国大統領。アメリカ史上初の陸軍士官出身の大統領。南北戦争で戦った将軍の中では南軍のロバート・E・リー将軍と並んで(またそのリー将軍を最終的に破ったことで)最も有名な将軍の一人である。ユリシーズ・グラント フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領顧問団

    アメリカ合衆国大統領顧問団から見たアメリカ合衆国大統領アメリカ合衆国大統領

    議院内閣制をとるイギリスや日本では、内閣に行政権があり、内閣を構成する首相を含む閣僚は、連帯して責任を負う(内閣総辞職)。一方アメリカでは、大統領1人の手中に行政権があり、閣僚は、大統領に対してのみ責任を負う。アメリカ合衆国大統領顧問団 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力空母

    原子力空母から見たアメリカ合衆国大統領アメリカ合衆国大統領

    近年のアメリカ合衆国の、武力によって世界に積極的に関わっていく政策下では、原子力空母の登場する機会が今まで以上に増しており、ここ数年は中東のイラン、イラクと東アジアの北朝鮮、中国を意識した態度表明として、ペルシャ湾内外と日本海、東シナ海に空母打撃群を1-3個程度配備している。これがいわゆる「空母のプレゼンス」で、いつでも必要な時に、必要な種類の攻撃を、必要なだけの規模で行える事で敵性国家や敵性地域の近くの公海上から威嚇しながら、場合によっては情報収集を行うことを指している。この複数の空母打撃群による威嚇は強力で、国際社会における米大統領の力の根源の大きな柱の1つとなっている。原子力空母 フレッシュアイペディアより)

1969件中 51 - 60件表示

「米オバマ政権」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画