100件中 61 - 70件表示
  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見た拒否権

    連邦議会両院を通過した法案への拒否権。連邦議会に差し戻された法案を大統領の署名なしで法律とするためには両院ともに3分の2以上の多数で再可決しなければならない。アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見た将校

    万が一に備えて核兵器使用に必要な装置(「フットボール」というニックネームがあるアタッシェケース。中身は大統領命令であることを証明する暗号書など)を携帯した将校がいかなる場所へも随行する。アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見た裁判官

    判事(裁判官)、大使、各省長官をはじめとする全ての連邦公務員(ただし合衆国憲法または連邦法が特に定めたものを除く)の指名権。ただし上院の承認が必要。アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見たアイルランド系アメリカ人

    大統領選挙の被選挙権は35歳以上でかつ国内への在留期間が14年以上で、出生によるアメリカ合衆国市民権保持者(合衆国市民の両親が海外で出産した子は対象となる)、または「憲法制定当時に合衆国市民であった者」。伝統的に白人でプロテスタントの男性が大統領に選出されてきたが、1960年にはカトリックであるケネディが当選した。その後は、有色人種や女性は二大政党(共和党と民主党)の大統領候補予備選挙に出馬することはあっても候補者指名を得るには至らなかった。しかし、2008年の大統領選挙では黒人初の大統領候補として民主党の指名を受けただけでなく、米国史上初の黒人大統領としてバラク・H・オバマが当選している。歴代大統領にはイギリス系アメリカ人以外にもアイルランド系アメリカ人、オランダ系アメリカ人、ドイツ系アメリカ人、ギリシャ系アメリカ人などの非英語圏出身でも当選しており、そしてこのようにアフリカ系アメリカ人が初めて大統領になっていることから差別意識が薄れている事が窺える。また多民族国家のアメリカで様々な系統の大統領が就任するとその同じ系統の人種に大いに歓迎されている事がある。例えばロナルド・レーガンはアイルランドで大歓迎を受け、バラク・オバマは奴隷の子孫ではないもののアフリカ系アメリカ人やその父の故郷ケニアで歓喜に満ちていた。ちなみに多民族国家であるために姓もさまざまでイギリス系の姓のブッシュやオランダ系のルーズベルトなどで、そして初のアフリカ系のオバマはスワヒリ語圏のルオ族の姓である。アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見たウエストウイング

    日常的な執務は「オーバルオフィス」と呼ばれる(室内が楕円である事にちなむ)大統領執務室で行われる。位置はホワイトハウスのウエストウイング内。アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見た第二次世界大戦

    立法がすべて議員発議という制度が厳格に守られていることもあり、かつては非常時でもない限り大統領が政策の主導権を握るようなことはないのが通常だった。しかし第二次世界大戦後の大統領は積極的に政策、特に内政に関与し、所属する政党の議員を動かしてまで自らが望む法律を制定しようとすることも見られる。また論争となりそうな法案については、国民に対して自らの考えを明らかにし、世論を動かすかたちで議会をリードしようとする動きも見られる。アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見たコーストガードワン

    エアフォースワンは飛行機、エグゼクティブワンは民間機、コーストガードワンは沿岸警備隊機、ネイビーワンは海軍機、マリーンワン・アーミーワンはヘリコプターアメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見た中公新書

    高崎通浩 『歴代アメリカ大統領総覧』 中公新書ラクレ 2002年 アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見た長官

    判事(裁判官)、大使、各省長官をはじめとする全ての連邦公務員(ただし合衆国憲法または連邦法が特に定めたものを除く)の指名権。ただし上院の承認が必要。アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領

    アメリカ合衆国大統領から見たアメリカ合衆国国家情報長官

    大統領の朝最初の仕事は「日例報告」を聞くことから始まる。この報告では首席補佐官、国務長官、国家情報長官らによって、世界中から収集した情報の報告が行われる。アメリカ合衆国大統領 フレッシュアイペディアより)

100件中 61 - 70件表示

「米オバマ政権」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画