370件中 81 - 90件表示
  • カリフォルニア州

    カリフォルニア州から見たサーフィン

    州の形状や長い海岸線、高低差などのために、州の南端と北端または海岸部と内陸部ではかなり気温や気候が異なることがある。内陸部では寒い冬と暑い夏がある。そのため、南部の海岸でサーフィンをする人がいる一方、内陸の山地帯ではスキーをする人がいたりもする。カリフォルニア州 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州

    カリフォルニア州から見たアニメ

    サブカルチャーに対して積極的な風土から、日本のアニメ・マンガに対しても関心を持つ者が多く、日本語学習の契機となる例が多く見られる。カリフォルニア州 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州

    カリフォルニア州から見た北海道

    州土は日本全土より約46000km²(北海道の約半分程度)ほど大きい。カリフォルニア州 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州

    カリフォルニア州から見た非営利団体

    1951年にサンフランシスコを中心とするカリフォルニア州北部にある日系企業、北加日本商工会議所 (JCCNC) が設立された。2007年現在、約300社が加盟している。1960年代には、ロサンゼルスやサンディエゴを中心とする南カリフォルニア日系企業協会 (JBA) が設立され、2007年現在の加盟社数は約500に達する。両団体とも、州の認可を受けた非営利団体である。他州にある日系企業団体や日本人会同様、会員対象のセミナーや親睦行事、日系企業実態の調査、地元地域への日本文化紹介や奉仕活動などを行っている。カリフォルニア州 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州

    カリフォルニア州から見たテハチャピ山地

    州の中央にはセントラル・バレーがあり、西の海岸山脈と東のシエラネバダ山脈に、北はカスケード山脈、南はテハチャピ山地に囲まれている。セントラル・バレーはカリフォルニアの農業中心であり、国内食糧生産高の約3分の1を生産している。セントラル・バレーはサクラメント=サンホアキン・デルタによって2つに分かれており、北側のサクラメント・バレーにはサクラメント川が流れ、南側のサンホアキン・バレーにはサンホアキン川が流れている。どちらのバレーもそこを横切る川の名前が採られている。サクラメント川とサンホアキン川を浚渫することで両川は十分な深さが保たれ、内陸の都市幾つかでも海港になっている。そのデルタは州内の重要な水の供給源にもなっている。水はデルタ地域から汲み上げられ、セントラルバレー・プロジェクトや州水道プロジェクトなどを含み、州の長さに相当するような広範な運河網を使って運ばれる。デルタ地帯からの水は州人口の3分の2にあたる2,300万人近い住人の飲料水になり、サンホアキン・バレーの西では農業用水になっている。南部海岸にはチャンネル諸島が浮かんでいる。カリフォルニア州 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州

    カリフォルニア州から見た前原市

    (福岡県糸島市/旧前原市) - (エスカンディッド市)カリフォルニア州 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州

    カリフォルニア州から見たエスキモー

    下記は「ヒスパニック系」を明確に分類し、各グループのヒスパニック系以外の数値(ヒスパニック系以外の白人、ヒスパニック系以外のエスキモー、ヒスパニック系以外の混血など)を掲載した。人種および国勢調査上のもっと多くの情報につい詳しくはを参照カリフォルニア州 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州

    カリフォルニア州から見たブラジル

    合衆国の州のうちでは最大の人口を誇り、大統領選の選挙人数も最多である。ブラジルのサンパウロ州に続いて南北アメリカ大陸で2番目に人口の多い行政区画である。大都市は人口の多いものからロサンゼルス、サンディエゴ、サンノゼ、サンフランシスコとなっている。州内には全国で2位(ロサンゼルス)と6位(サンフランシスコ・ベイエリア)の都市圏があり、人口の多い都市50傑には8つの市が入っている。カリフォルニア州 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州

    カリフォルニア州から見た蕨市

    (埼玉県蕨市) - (エルドラド市)カリフォルニア州 フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州

    カリフォルニア州から見た伐採

    カリフォルニアには数多い固有種がおり、カタリーナ・アイアンウッド (Lyonothamnus floribundus) のような、他所では死に絶えた遺存種が残っている。カリフォルニア・ライラック (Ceanothus) のように多様な生息条件を利点にして、共通の祖先から多くの種が派生した分化あるいは適応放散によって発生した固有種が多い。カリフォルニアの固有種の多くは、都市化、伐採、過放牧および外来種の導入がその生息地に侵入することで絶滅が危惧されている。カリフォルニア州 フレッシュアイペディアより)

370件中 81 - 90件表示