410件中 71 - 80件表示
  • ボヘミアのブランデンブルク人

    ボヘミアのブランデンブルク人から見た誘拐誘拐

    市長Volfram Olbramovičをはじめとするプラハ市民は、ブランデンブルクの支配に苦しめられていた。一市民であるJunošは、ブランデンブルク軍人たちの強盗や略奪を上申する。市長の娘であるLudišeは、ドイツ系のプラハ市民Jan Tausendmarkから求婚されていたが、それを拒否していた。Tausendmarkは、ブランデンブルク軍に加担している人物だった。農奴であるJíraは、ブランデンブルクへの反乱運動のリーダーとなっていた。彼は、Tausendmarkが市長の娘3人、LudišeとVlčenka、Děčanaを誘拐したと公に非難した。軍同士の衝突を避けるために、市長Olbramovičは、Jíraを逮捕する。市長の娘たちは、まだブランデンブルク軍にとらわれたままになっており、市長はTausendmarkに彼女たちを解放するために協力するように要請する。しかし、ブランデンブルク軍の指揮官Varnemannは、高額な身代金を要求する。その間に、Jíraは裁判にかけられ、死刑判決を受ける。ところが、Ludišeと恋に落ちていたJunošがJíraを助け出す。Ludišeを拉致するつもりのTausendmarkは、Varnemannに見限られる。最終的に、Tausendmarkとブランデンブルク軍はプラハから追放され、プラハに自由が戻る。ボヘミアのブランデンブルク人 フレッシュアイペディアより)

  • アブナー・ツヴィルマン

    アブナー・ツヴィルマンから見た誘拐誘拐

    新聞から「ニュージャージーのアル・カポネ」と呼ばれるようになった。しかし自分のイメージを気にしていたツヴィルマンは、1932年にリンドバーグの愛児が誘拐されると、犯人逮捕のために賞金の提供を申し出た。ニューアークのスラム街をきれいにするプロジェクトに25万ドル寄付をおこなった。事業の合法化を進めイメージの改善を図った。その勢力と財力をもとに地元の政治に関わり始め、1933年幼なじみのメイヤー・エレンスタインを市長に据えた(初のユダヤ人市長)。20年以上にわたりニューアークの政治家を言うがままに動かすまでになった。1940年代を通じて、ルチアーノ一家のウィリー・モレッティと共にニューアークの賭場を支配した。ナイトクラブ"ブルーミラー"や"カサブランカクラブ"を所有し、"パリセイド"では毎夜違法賭博がなされた。ルー・ロスコフらクリーブランドのユダヤギャングと緊密だった。1944年、ラスベガスのカジノやハリウッドの映画スタジオを買収した。1950年代はウォール街への金融投資を始め、大手鉄鋼会社の株主になった。1954年脱税で告発されたが沈黙を守り通し追及から逃げおおせた。アブナー・ツヴィルマン フレッシュアイペディアより)

  • ケンタとジュンとカヨちゃんの国

    ケンタとジュンとカヨちゃんの国から見た誘拐誘拐

    児童養護施設育ちのケンタは工事現場で壁の破壊を行う“ハツリ”と呼ばれる仕事をしているが、低賃金で劣悪な労働環境に加え先輩の裕也からいじめられていた。裕也は、ケンタの兄のカズがかつて起こした幼女誘拐未遂事件を馬鹿にしたためにカズにケガを負わされ、その賠償金としてケンタから金を巻き上げていた。ケンタは、世の中には自分の人生を自分で決められる人間と、自分で決めることのできない人間がいて、自分は後者であるということを悟る。ケンタとジュンとカヨちゃんの国 フレッシュアイペディアより)

  • 伝説のスタフィー2

    伝説のスタフィー2から見た誘拐誘拐

    ツルツル氷ざんで日傘を持ち、レースクイーンのバイトをしている魚の女性。グラマラスな体型を持つが、口を開けば完全なギャル。ジョージローには「ほうとうムスメ」「フリョウムスメ」といわれており、父のところにも寄りついていない。その後プチオーグラ9ごうに誘拐されるものの、非常にわがままな性格のため彼の手に負えなくなり、逃がされた。伝説のスタフィー2 フレッシュアイペディアより)

  • 禅・水心流護身道

    禅・水心流護身道から見た誘拐誘拐

    犯罪としては、路上強盗、銀行強盗、押し込み強盗、強姦、顔見知りレイプ、痴漢、ひったくり、車上狙い、車両盗、泥酔者による暴力、ドメスティックバイオレンス、声かけ事案、乱射事件、通り魔、拉致・誘拐、テロリストや犯罪組織による襲撃等、環境としては昼夜、森林、ブッシュ、航空機内、プラットフォーム、車内、タクシー、電車、バス、トイレ、エレベーター、エスカレーター、病院、学校内、また、多人数、格闘技経験者、寝込みの際の襲撃、加齢や病気にかかった際の護身術、武器、護身具の使用等、ありとあらゆる犯罪、状態、環境を設定している。禅・水心流護身道 フレッシュアイペディアより)

  • 多賀幹子

    多賀幹子から見た誘拐誘拐

    帰国後の1989年6月23日付け朝日新聞「論壇」に、「米国型誘拐に警戒を強めよ」を掲載し、米国におけるチャイルドミッシングを紹介。その後現在に至る「子供を狙った事件の頻発」論に道を開くと同時に、男の子であっても油断はならないと主張した。多賀幹子 フレッシュアイペディアより)

  • 憲法制定国民議会

    憲法制定国民議会から見た誘拐誘拐

    6月末にフランス国王一家がフランスとオーストリア領ネーデルラントの国境付近への逃亡を図る事件(ヴァレンヌ逃亡事件)が起こり、議会はその対応に追われることになった。革命の急進化を恐れた当時の議会多数派はこれを国王の誘拐事件であると偽ったが、このことが民衆の反発を招き、大規模な反ブルボン家・反議会運動がパリで引き起こされた。これに対して政府は武力鎮圧の挙にでて事態が収拾された。この対応をめぐり、早期に革命を収拾しようとする勢力(フイヤン派)と、より急進的な勢力へと内部での分裂が深化する。こうした中、9月3日にフランス初の憲法(1791年憲法)が可決された。この憲法はまもなく国王ルイ16世によって承認され、9月末に議会は解散された。フイヤン派にとっては、このことは革命の終了を意味していたが、革命はこれからさらに急進化していくことになる。憲法制定国民議会 フレッシュアイペディアより)

  • ポウハタン

    ポウハタンから見た誘拐誘拐

    スミスは火薬事故の傷がもとで、1609年にバージニアを離れてイングランドに戻り、二度とバージニアに戻ってくることは無かった。その後間もなく2番目のイギリス人による砦、アルジャーノン砦がケクータン族の領地内に造られた。スミスがインディアンに対して行った誘拐、略奪、殺人、脅迫は、ポウハタン族を始め地元のインディアンたちに強い怒りと憎しみを植え付けた。スミスはポウハタンの村の一つを襲い、ワフンスナコックの弟のオペチャンカナウ酋長に銃を突きつけ、「トウモロコシ20トンの要求」という村の存続を危うくするほどの脅迫を行っているポウハタン フレッシュアイペディアより)

  • 世界の終わり、あるいは始まり

    世界の終わり、あるいは始まりから見た誘拐誘拐

    東京近郊で、身代金目的の男子児童の誘拐事件が発生する。身代金はいずれも決して高くない。しかし、犯人は受け渡しの場所には姿を現さず、連絡も途絶えてしまう。世界の終わり、あるいは始まり フレッシュアイペディアより)

  • 戒厳令 (1972年の映画)

    戒厳令 (1972年の映画)から見た誘拐誘拐

    『戒厳令』(、)は、1972年に公開されたフランス・イタリア合作映画作品。1970年、ウルグアイの首都であるモンテビデオで起こったイタリア系アメリカ人のダン・アンソニー・ミトリオンがゲリラグループのトゥパマロスによって誘拐され最終的に殺害された事件をモデルとして製作された。戒厳令 (1972年の映画) フレッシュアイペディアより)

410件中 71 - 80件表示