410件中 81 - 90件表示
  • 週刊マンガ世界の偉人

    週刊マンガ世界の偉人から見た誘拐誘拐

    オオカミ星人で構成された盗賊団「餓狼団(がろうだん)」のリーダーを務める女性にしてケンの母。普段は主婦として活動している。オオカミ星はヒツジ星とは同盟関係にあるが、友好的な「友ダ派(友だちかじるのダメ派)」とヒツジ星の民を捕食したい「かじり派(一口かじらせろ派)」に分かれており争いが続いている。「かじり派」の餓狼団は王子のメリーノを誘拐してヒツジ星との交渉に使おうとしているが、毎回誘拐には失敗しており、餓狼団の活動費用はままならない。最終的には夫・プーティンの説得によりヒツジ星と和解する。週刊マンガ世界の偉人 フレッシュアイペディアより)

  • 猟奇の檻

    猟奇の檻から見た誘拐誘拐

    日本全国に計16もの支店を持つ、零式百貨店。その本店では、来客が店内で突然行方不明になるという事件が15年前から多発していた。犠牲者が子供から大人まで多岐に渡るこの事件は、警察の度重なる捜査にもかかわらず、真相は不明。犯行声明や身代金要求も一切無いことから、誘拐ではなく謎の失踪とされ、人々の間で話題となっていた。猟奇の檻 フレッシュアイペディアより)

  • 首里幼女誘拐殺人事件

    首里幼女誘拐殺人事件から見た誘拐誘拐

    首里幼女誘拐殺人事件(しゅりようじょゆうかいさつじんじけん)とは、1964年7月21日にアメリカ占領下の沖縄の那覇市で発生した誘拐殺人事件。首里幼女誘拐殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟デザイナー誘拐殺人事件

    新潟デザイナー誘拐殺人事件から見た誘拐誘拐

    新潟デザイナー誘拐殺人事件(にいがたデザイナーゆうかいさつじんじけん)とは新潟県で発生した身代金目的の誘拐殺人事件である。なお事件名の由来は被害者の職業に由来する。また死刑囚になった犯人が獄中で自殺した事例である。新潟デザイナー誘拐殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 泰州くん誘拐殺人事件

    泰州くん誘拐殺人事件から見た誘拐誘拐

    泰州くん誘拐殺人事件(やすくにくんゆうかいさつじんじけん)は1984年2月13日に広島県福山市で発生した身代金目的の誘拐事件である。泰州くん誘拐殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • パプア紛争

    パプア紛争から見た誘拐誘拐

    しかし、1965年の9月30日事件以降インドネシアでは軍部による独裁が強まり、インドネシア国軍のパプア人も容赦なく弾圧された。1969年にはこれもニューヨーク合意に基づいた帰属確定のための住民投票が行われたが、インドネシア国軍により操作された投票結果を元にイリアンジャヤを西イリアン州とし、自国領への併合を完了した。イリアンジャヤの完全独立やパプアニューギニアとの連合を目指すパプア人はなお諦めることなく自由パプア運動(略称:OPM)を設立した。OPMはインドネシア国軍や警察を標的としたゲリラ戦、さらに、外来のインドネシア人入植者や外国人を対象とした誘拐からパプア州特別自治法を始めとするインドネシアの弾圧体制に対する様々な抗議活動、独自の国旗掲揚式典まで行い抵抗活動を展開している。これに対しインドネシアが行った無差別暴力や表現の自由の抑圧は苛烈なものであり、1961年以降インドネシア国軍・警察によって殺害された西パプア人は10万人以上にのぼるとされている。パプア紛争 フレッシュアイペディアより)

  • エマヌエル・ゴルトベルク

    エマヌエル・ゴルトベルクから見た誘拐誘拐

    1926年 - イカがエルネマン、ゲルツ、コンテッサ・ネッテルと合併してツァイス・イコンとなり、その社長となった。それとほぼ同時にハインツ・キュッペンベンダーをカール・ツァイスからツァイス・イコンに呼び寄せてその片腕とし、コンタックス開発を推進した。しかしユダヤ人であったためナチの迫害が激しく、親衛隊に誘拐され樹に3日間くくりつけられていたのをツァイスが党上層部に圧力をかけて救出するなどということが起きた。エマヌエル・ゴルトベルク フレッシュアイペディアより)

  • 守護天使 (小説)

    守護天使 (小説)から見た誘拐誘拐

    「ある女子高校生の日記」の作成者を特定し、ブッチャーとハーベストに誘拐計画を指示する人物。計画の首謀者だが仲間の2人にも顔を見せず、「プロデュース」に徹している。守護天使 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 締め上げ暗号分析

    締め上げ暗号分析から見た誘拐誘拐

    締め上げ暗号分析(しめあげあんごうぶんせき)とは、暗号文書作成者、あるいは暗号文書受取人に直接接触し、暴力、買収、脅迫などの手段を通じて暗号鍵を入手する手法をとった暗号解読の方法のこと。暗号解読の一番野蛮で、強力な方法とされ、極端には誘拐、拷問などの手段が取られる。締め上げ暗号分析 フレッシュアイペディアより)

  • 代打屋トーゴー

    代打屋トーゴーから見た誘拐誘拐

    本作の主人公。本名は吉本大介(よしもと だいすけ)。彼はふたつの顔を持ち、普段は土木課に勤める地方公務員、正規の労働時間である8時間のうち1時間しか働かないことからパァピンと呼ばれている。しかし、彼のもう一つの顔はパーフェクト・ピンチ・フォローオフィスの所長、代打屋トーゴーである。殺人と営利誘拐を除くあらゆる「代打稼業」を幾多の依頼人から請け負い、毎回、自身の知力と体力、そして的確な判断と機転によって完璧に遂行する。31歳、独身。代打屋トーゴー フレッシュアイペディアより)

410件中 81 - 90件表示