前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • フォート (コロンボ)

    フォート (コロンボ)から見たカーギルカーギル

    フォート地区には様々な時代の建造物が混在している。まずこの地区で最も有名な住宅は、大統領の官邸であるである。ついで現在は大統領官邸の一部となっているゴードン ガーデンがある。これらの住居は元々オランダ時代に総督の住居として建てられたもので、後にイギリス総督の住居となり、そのため1972年まではクイーンズ・ハウスとして知られていた。は調の(旧国家評議会)に存在している。その他にもにが、にがといったように、いくつかの重要な政府機関がいまだこの地に残されている。スリランカ海軍の本部であるはフラッグスタッフ・ストリートに沿って位置しており、ジャナーディパティ・マーワタ(またはクイーンズ・ストリート)沿いにはスリランカ中央銀行とが位置している。その他にも、、警察署本部、コロンボ市警察ビル、スリランカ港務局ビル、タイムス・ビルディングにカーギル&ミラー・ビルディングといった建築物が地区の各所に存在している。フォート (コロンボ) フレッシュアイペディアより)

  • モンサント (企業)

    モンサント (企業)から見たカーギルカーギル

    1998年、カーギルの種部門を買収モンサント (企業) フレッシュアイペディアより)

  • カーギルジャパン

    カーギルジャパンから見たカーギルカーギル

    株式会社カーギルジャパンは、カーギルグループに属する食品、農産品、金融商品、工業用品および関連サポートを扱う商社であり、東京都千代田区に本社を置く。カーギルジャパン フレッシュアイペディアより)

  • ミネソタ州

    ミネソタ州から見たカーギルカーギル

    ミネソタ州はかつて原材料の生産州だったが、その経済は最終製品やサービスを強調できるほど変化してきた。おそらくその最も重要な特性は多様性である。その事業部門から送り出されるものは全米のそれに極めて合致している。2008年でアメリカ合衆国の売り上げトップ1,000社の中に、ミネソタ州に本社を置く会社は32社ある。例えば、ターゲット、ユナイテッドヘルス・グループ、3M、メドトロニック、ジェネラルミルズ、USバンコープ、アメリプライズ、ホーメル、ランドオーレイクス、スーパーバリュー、ベスト・バイおよびバルスパーである。ミネソタ州に基盤を置く会社として全米最大の民間会社カーギルやラディッソン・ホテルズの親会社カールソン・カンパニーズがある。ミネソタ州 フレッシュアイペディアより)

  • ミネアポリス

    ミネアポリスから見たカーギル社カーギル

    今日では、ミネアポリスはアメリカ中西部の世界都市のひとつとして、地域経済の中心となっている。ミネアポリスには連邦準備銀行が置かれ、第9地区をカバーしている。また、ミネアポリスはシカゴとシアトルの間で最も重要なビジネス拠点である。ダウンタウンには大規模小売店チェーンのターゲットが、郊外には穀物メジャーのカーギルや大手電機小売のベスト・バイが本社を置いている。ノースウエスト航空のハブ空港であるミネアポリス・セントポール国際空港を玄関口に持ち、全米のみならず世界各地からの直行便が発着する、国際的な交通の要衝でもある。ミネアポリス フレッシュアイペディアより)

  • モザイク (企業)

    モザイク (企業)から見たカーギルカーギル

    2004年10月5日、カーギルの肥料部門とIMCグローバルとの合併により成立した。本社をミネアポリス郊外のプリマスに置く。モザイクは10か国で操業し、世界40か国以上の顧客に肥料を輸出している。モザイクは9か国で港湾施設、倉庫、リン酸塩および炭酸カリウムを袋詰めする施設を保有している。また、9つのリン酸塩鉱山、5つの炭酸カリウム鉱山を保有する。そのうち、炭酸カリウム鉱山は、カナダのサスカチュワン州、アメリカ合衆国のニューメキシコ州とミシガン州にある。モザイク (企業) フレッシュアイペディアより)

  • ステビア

    ステビアから見たカーギルカーギル

    2007年6月、アメリカの大手食品メーカーであるザ コカ・コーラ カンパニーとカーギルが、24の特許を申請し、ステビア甘味料の販売を行うことが発表された。ステビア フレッシュアイペディアより)

  • ミネソタ州の歴史

    ミネソタ州の歴史から見たカーギル社カーギル

    ミネソタ州は合衆国の他の州と同様に、戦時の生産やその他の分野で第二次世界大戦の遂行に貢献を果たした。アメリカ海軍は、穀物輸送に使われる船や艀の建造に成功している様子を視察した後で、カーギル社と造船の契約をした。カーギルはミネソタ川南岸のサベイジに造船設備を造り、4年間に18隻の給油船と4隻の曳航船を建造した。戦後、カーギルの設備は主要穀物船積み場となった。ハネウェルは航空機の制御システムと潜水艦の潜望鏡を作り、また対空砲の近接信管を開発した。合衆国政府は軍需品の生産のためにツインシティーズ兵器工場を建設した。この工場では1941年に8,500人が働き、戦争中は男性労働者が不足していたので、労働者の半数以上は女性であった。ルーズベルト大統領が防衛産業における人種差別を禁止する執行命令を発したので、1,000人近いアフリカ系アメリカ人もこの工場で働いた。戦時の労働力不足のために先住民族も労働の機会が得られた。ミネソタ州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ミネトンカ

    ミネトンカから見たカーギルカーギル

    ミネトンカ(Minnetonka)はアメリカ合衆国ミネソタ州ヘネピン郡にある市。ミネアポリスの西にあり、名前の元となったミネトンカ湖の東岸に面する。人口51,451人(2009年)。カーギル(穀物メジャー)とユナイテッド・ヘルスケア(医療保険)の各本社がある。ミネトンカ フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原泰

    小笠原泰から見たカーギルカーギル

    マッキンゼー&カンパニー、フォルクスワーゲンドイツ本社インターンを経て、アグリメジャーである米国カーギル社ミネアポリス本社入社。ミネアポリス本社、カーギルB.V.(オランダ)、カーギルPLC(イギリス)勤務を経て、NTTデータ経営研究所。同社パートナーを経て、2009年(平成21年)4月より明治大学国際日本学部教授。小笠原泰 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示