前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • フォート (コロンボ)

    フォート (コロンボ)から見たカーギルカーギル

    フォート地区には様々な時代の建造物が混在している。まずこの地区で最も有名な住宅は、である。ついで現在は大統領官邸の一部となっているゴードン ガーデンがある。これらの住居は元々オランダ時代に総督の住居として建てられたもので、後にイギリス総督の住居となり、そのため1972年まではクイーンズ・ハウスとして知られていた。は調の(旧国家評議会)に存在している。その他にもにが、にがといったように、いくつかの重要な政府機関がいまだこの地に残されている。スリランカ海軍の本部であるはフラッグスタッフ・ストリートに沿って位置しており、ジャナーディパティ・マーワタ(またはクイーンズ・ストリート)沿いにはスリランカ中央銀行とが位置している。その他にも、、警察署本部、コロンボ市警察ビル、スリランカ港務局ビル、タイムス・ビルディングにカーギル&ミラー・ビルディングといった建築物が地区の各所に存在している。フォート (コロンボ) フレッシュアイペディアより)

  • ミネアポリス

    ミネアポリスから見たカーギル社カーギル

    今日では、ミネアポリスはアメリカ中西部の世界都市のひとつとして、地域経済の中心となっている。ミネアポリスには連邦準備銀行が置かれ、第9地区をカバーしている。また、ミネアポリスはシカゴとシアトルの間で最も重要なビジネス拠点である。ダウンタウンには大規模小売店チェーンのターゲットが、郊外には穀物メジャーのカーギルや大手電機小売のベスト・バイが本社を置いている。旧ノースウエスト航空のハブ空港であるミネアポリス・セントポール国際空港を玄関口に持ち、全米のみならず日本を含む世界各地からの直行便が発着する、国際的な交通の要衝でもある。ミネアポリス フレッシュアイペディアより)

  • ミネソタ州

    ミネソタ州から見たカーギルカーギル

    ミネソタ州はかつて原材料の生産州だったが、その経済は最終製品やサービスを強調できるほど変化してきた。おそらくその最も重要な特性は多様性である。その事業部門から送り出されるものは全米のそれに極めて合致している。2008年でアメリカ合衆国の売り上げトップ1,000社の中に、ミネソタ州に本社を置く会社は32社ある。例えば、ターゲット、ユナイテッドヘルス・グループ、3M、メドトロニック、ジェネラルミルズ、USバンコープ、アメリプライズ、ホーメル、ランドオーレイクス、スーパーバリュー、ベスト・バイおよびバルスパーである。ミネソタ州に基盤を置く会社として全米最大の民間会社カーギル やラディッソン・ホテルズの親会社カールソン・カンパニーズがある。ミネソタ州 フレッシュアイペディアより)

  • カーギルジャパン

    カーギルジャパンから見たカーギルカーギル

    株式会社カーギルジャパンは、カーギルグループに属する食品、農産品、金融商品、工業用品および関連サポートを扱う商社であり、東京都千代田区に本社を置く。カーギルジャパン フレッシュアイペディアより)

  • モンサント (企業)

    モンサント (企業)から見たカーギルカーギル

    1998年、カーギルの種部門を買収。モンサント (企業) フレッシュアイペディアより)

  • オクシデンタル・ペトロリウム

    オクシデンタル・ペトロリウムから見たカーギルカーギル

    Fortune87年4月27日号・全米メーカー・トップ500では、食品メーカーの売上高で153億ドルを記録して首位に君臨した。2位のクラフトフーヅは87億ドルであった。カーギル、、という三大穀物商社とのコネクションに物を言わせた結果として論じられる。オクシデンタル・ペトロリウム フレッシュアイペディアより)

  • ミネソタ州の歴史

    ミネソタ州の歴史から見たカーギル社カーギル

    ミネソタ州は合衆国の他の州と同様に、戦時の生産やその他の分野で第二次世界大戦の遂行に貢献を果たした。アメリカ海軍は、穀物輸送に使われる船や艀の建造に成功している様子を視察した後で、カーギル社と造船の契約をした。カーギルはミネソタ川南岸のサベイジに造船設備を造り、4年間に18隻の給油船と4隻の曳航船を建造した。戦後、カーギルの設備は主要穀物船積み場となった。ハネウェルは航空機の制御システムと潜水艦の潜望鏡を作り、また対空砲の近接信管を開発した。合衆国政府は軍需品の生産のためにツインシティーズ兵器工場を建設した。この工場では1941年に8,500人が働き、戦争中は男性労働者が不足していたので、労働者の半数以上は女性であった。ルーズベルト大統領が防衛産業における人種差別を禁止する執行命令を発したので、1,000人近いアフリカ系アメリカ人もこの工場で働いた。戦時の労働力不足のために先住民族も労働の機会が得られた。ミネソタ州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 釜龍財閥

    釜龍財閥から見たカーギルカーギル

    釜食 - 元は釜龍物産が戦後に旧食品商社機能の一部を分離して設立。のち釜龍月曜会に参加するなど釜龍グループと関係強化、多角化するも倒産。2015年現在はカーギルの日本法人(カーギルジャパン)となっている。釜龍財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 穀物メジャー

    穀物メジャーから見たカーギルカーギル

    1970年代から1980年代にかけてアメリカのカーギル、コンチネンタルグレイン、フランスのルイ・ドレフュス、オランダのブンゲの4社に、スイスのアンドレ・ガーナック (Andre-Garnac)またはアメリカのクック・インダストリーズを加えた5社が五大穀物メジャーと呼ばれた。のちにクックとガーナックは倒産し、代わってアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド (ADM) やコナグラが台頭してカーギル・コンチネンタルグレイン・ADM・コナグラ・ブンゲの新五強体制となった。1997年時点での、カントリーエレベーター類の所有基数および容量は下記の通りで、上位5社でアメリカ合衆国内10,426基・7,938,190千ブッシェルのうち19.5%を占める。穀物メジャー フレッシュアイペディアより)

  • トップ (スーパーマーケット)

    トップ (スーパーマーケット)から見たカーギルカーギル

    1998年(平成10年)10月12日に世界有数の大手穀物商社であるアメリカ合衆国に本拠を置くカーギルが東食の再建の支援企業に決定し、2000年(平成12年)3月に会社更生法に基づく新会社の東食がカーギルの傘下に入ったため同年12月16日にカーギルジャパンから出向した井谷直人社長と宮城伸夫副社長が就任して当社の経営にもカーギルが関与する形となった。トップ (スーパーマーケット) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「米カーギル」のニューストピックワード