41件中 21 - 30件表示
  • カナダの歴史

    カナダの歴史から見たカーギルカーギル

    1964年には赤白のカエデの葉の国旗を制定。それは1965年2月15日に初めて掲揚された。1965年のモントリオール万博の頃からケベック民族主義の傾向が顕著になり、1969年には英仏両語がカナダの対等な公用語として定められた。1970年にはケベック分離主義者のテロ活動が活発になり、ケベック州労働長官ピエール・ラポルトの誘拐殺害事件が起こった(オクトーバー・クライシス)。1973年、新生マニトバ・プールが独占体となった。カーギルもこのころ進出してきた。1976年、ケベック分離主義政党がケベック州議会選挙に勝利した。1977年には同党がフランス語をケベック州唯一の公用語と定めて英語の使用を制限した。カナダの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ユサ社

    ユサ社から見たカーギルカーギル

    ユサ社(Industrial Unidas)とは、1966年に日本の呉羽紡績、東洋紡績が合併し設立されたエルサルバドルの紡績会社。第二次世界大戦後の日本企業初の海外進出工場である。設立時は繊維製品のみの取り扱いだったが、昭和50年代には綿花や麻などのを生産するプランテーション、さらには食用農産物(主にトウモロコシ、麦、大豆)の取り扱いへと進み、今では世界最大の穀物メジャーであるカーギル社と提携しこの地域の食料の80%以上を支配する巨大食料企業となっている。ユサ社 フレッシュアイペディアより)

  • インドの風力発電

    インドの風力発電から見たカーギルカーギル

    ジャンムー・カシミール州のラダックのカーギルの支配するギルギットと中国の支配するアクサイチンの地域は風力発電の潜在力のある地域であるが、いまだ開発されていない。ここでは、風速は冬の間に大きくなり、雪解け水により夏の間利用できる水力発電を補完する。他よりも高い高度に位置するヒマラヤの州であるため、風力、太陽光、水力などの再生可能エネルギー資源により満たされる暖房エネルギーの要求は高い。この州はまだグリッド接続された風力発電設備の評価を公開していない。インドの風力発電 フレッシュアイペディアより)

  • 林原 (企業)

    林原 (企業)から見たカーギルカーギル

    2011年五月の連休前に行われた第二回の入札では、一回目のトップ当選と見られていた三菱商事と第2位のSBI、それと明治製菓、大塚製薬グループは他との連合を嫌ったのか、それともこれ以上の金額は出せないとあきらめたのか落選した。第3回目の入札前に残っていたのは、群栄化学と、韓国の元サムスン傘下のCJグループと、カーギル、長瀬産業であったとみられ、入札の金額はこの時点で600億円前後と報道されていた。共同通信の事前予測報道では、「韓国の財閥CJグループと日本のJT(日本たばこ産業)が、700億円前後で競い合っている模様」との観測が出ていたが、JTはその後すぐ自社のホームページで、「入札の事実はない」と報道内容を否定するコメントを発表した。また、「韓国CJグループは八五〇億円以上出すのでは」との話も伝わっていたという。が、最終的に入札を経て2011年8月3日に長瀬産業がスポンサーに決定した。決定金額は約700億円であり、実はCJも同額を提示したが、これはみなの「総合判断」で落としたという。長瀬産業が、もう一社の額を上回る金額で落札したものと報道されたが、これは誤報である。林原 (企業) フレッシュアイペディアより)

  • コロンボ

    コロンボから見たカーギルカーギル

    フォート地区にはカーギル&ミラー・コンプレックスという名高い建築物もあり、特別法により取り壊しが出来ないよう守られている。これはフォート地区の歴史的景観を保持するため行われている。コロンボ フレッシュアイペディアより)

  • FUJI BIKES

    FUJI BIKESから見たカーギルカーギル

    1997年12月 - 東食が会社更生法の適用を申請し倒産。その後、東食は穀物商社のカーギル傘下で再建、自転車部門はアドバンス・スポーツ(Advanced Sports, Inc. )に引き継がれた。FUJI BIKES フレッシュアイペディアより)

  • ミネアポリス・セントポール都市圏

    ミネアポリス・セントポール都市圏から見たカーギルカーギル

    ミネアポリス・セントポール都市圏には、フォーチュン500に入っている会社のうち18社が本社を置いている(州内は19社)。それらは、ユナイテッドヘルス・グループ、ターゲット・コーポレーション、ベスト・バイ、スーパーバリュー、CHS、3M、USバンコープ、メドトロニック、ジェネラルミルズ、ランド・オレイクス、エクセル・エナジー、アメリプライズ・フィナンシャル、CHロビンソン・ワールドワイド、モザイク、スライベント・フィナンシャル、エコラブ、セントジュード・メディカル、ナッシュ・フィンチである。民間大企業としてカーギル、カールソン、アンダーセン、ホリデイ・ステーションストアズ、シュワン・フード・カンパニーがある。外国企業でアメリカ本社をこの大都市圏に置く企業としては、アリアンツ、カナダ太平洋鉄道、コロプラスト、ピアソンVUE、ペンテア、カナダロイヤル銀行がある。アメリカ合衆国中西部のなかでは、経済規模でシカゴに次いで第2位となっている。ミネアポリス・セントポール都市圏 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原泰

    小笠原泰から見たカーギルカーギル

    マッキンゼー&カンパニー、フォルクスワーゲンドイツ本社インターンを経て、アグリメジャーである米国カーギル社ミネアポリス本社入社。ミネアポリス本社、カーギルB.V.(オランダ)、カーギルPLC(イギリス)勤務を経て、NTTデータ経営研究所。同社パートナーを経て、2009年(平成21年)4月より明治大学国際日本学部教授。小笠原泰 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカニゼーション

    アメリカニゼーションから見たカーギルカーギル

    コカ・コーラ(食品)を筆頭に、マイクロソフト(OS)、IBM、amazon、google(IT)、カーギル(商社)、モンサント(農業・バイオ)、マクドナルド(外食)、ウォルマート、コストコ(小売)、ダウ・ケミカル(化学)、ゼネラル・エレクトリック(電機など)、エクソンモービル(石油)、ベクテル(建設 ゼネコン)、ウォルト・ディズニー・カンパニー(メディア)など、全世界に影響力を誇示する大企業とその製品を経済の特徴とする。アメリカのグローバル企業が執る支配体制(企業内か企業外かを問わない)を指して、「マクドナルダイゼーション」((マクドナルド化。ジョージ・リッツァが造語)と呼ぶ例もある。アメリカニゼーション フレッシュアイペディアより)

  • 木綿

    木綿から見たカーギルカーギル

    アフリカでは綿花栽培は小作農が中心である。テネシー州メンフィスを本拠地とする Dunavant Enterprises がアフリカの木綿仲買の最大手で、数百人の買い付け代理人を擁している。ウガンダ、モザンビーク、ザンビアで綿繰り工場を運営している。ザンビアでは、18万人の小作農に種や経費のための資金を貸し付け、栽培方法のアドバイスを提供している。カーギルもアフリカでの木綿買い付けを行っている。木綿 フレッシュアイペディアより)

41件中 21 - 30件表示

「米カーギル」のニューストピックワード