41件中 31 - 40件表示
  • アマゾン熱帯雨林

    アマゾン熱帯雨林から見たカーギル社カーギル

    2006年の国際連合食糧農業機関(FAO)の報告では、伐採された森林の70%が放牧地へと転換されている。また中国での中流階級の出現と、ヨーロッパでの狂牛病のために畜産のための大豆餌の需要の増大によって大豆畑も増加している。このため、2006年には環境保護団体のグリーンピース (NGO)とマクドナルドなどの食品業者が、カーギル社などの穀物の主要取引会社に対し、アマゾンの転換畑で生産された大豆を2年間買わないようにとの交渉を行い合意された。アマゾン熱帯雨林 フレッシュアイペディアより)

  • 三井財閥

    三井財閥から見たカーギルカーギル

    東食 - 元は三井物産が戦後に旧食品商社機能の一部を分離して設立。のち三井月曜会に参加するなど三井グループと関係強化、多角化するも倒産。2015年現在はカーギルの日本法人(カーギルジャパン)となっている。三井財閥 フレッシュアイペディアより)

  • ステビア

    ステビアから見たカーギルカーギル

    2007年6月、アメリカの大手食品メーカーであるザ コカ・コーラ カンパニーとカーギルが、24の特許を申請し、ステビア甘味料の販売を行うことが発表された。ステビア フレッシュアイペディアより)

  • ロックフェラー家

    ロックフェラー家から見たカーギルカーギル

    世界最大の石油トラストとして君臨したスタンダード・オイル創始者のジョン・D・ロックフェラーと弟でナショナル・シティー銀行ニューヨーク(現在のシティグループ)創業者の一人であるウィリアム・ロックフェラーによって発展した一族。世界的な財閥で、石油業や軍事産業、金融業など様々な企業を傘下に収める。その中の代表的企業には、ジョンの孫のデイヴィッド・ロックフェラーが頭取を務めたチェース・マンハッタン銀行(現在のJPモルガン・チェース)がある。これはカーギルのメインバンクであった。モルガン財閥、メロン財閥と並ぶ米国三大財閥の一角。英国の世界的な財閥であるロスチャイルド家としばしば比較され、2012年5月30日のRITキャピタルパートナーズでの歴史的な資本提携は話題を呼んだ。ロックフェラー家 フレッシュアイペディアより)

  • 穀物

    穀物から見たカーギルカーギル

    穀物は人類社会において多くの人類が毎日必ず食するものであり、古くから重要な交易品のひとつだった。穀物交易が特に重きをなしていた交易圏としてバルト海があり、ハンザ同盟やその後のオランダの交易においてバルト海の穀物交易は重要な商品の一つとなっており、またこの穀物輸出(主にライムギ)の中心であったポーランド王国の黄金時代を現出させる経済的な要因となった。現代においても穀物交易の重要性は変わらず、アメリカやカナダ、オーストラリアやアルゼンチンといった企業的穀物農業を行う国々からは大量の穀物が輸出され、世界各国に販売されている。なかでも世界最大の穀物輸出国はアメリカであり、コムギやトウモロコシに限らず、ソルガムなども大量に栽培し輸出を行っている。逆に輸入額が多いのは日本やアフリカ諸国である。中華人民共和国は生産量も多いが、人口が膨大であるため人口の伸びに穀物生産が追い付かず、飼料用を中心に大量の穀物を輸入している。この穀物流通において大きな割合を持っているのがカーギルやアーチャー・ダニエルズ・ミッドランドといった穀物メジャーと呼ばれる商社群である。穀物貿易の上で数量的に大きな割合を占めるものは主食用のコムギと飼料用のトウモロコシである。コメは生産量は多いものの、ほとんどの主要生産国において自給用生産の割合が非常に高く、企業的生産があまり行われていないこともあって、穀物貿易における割合は高くない。大規模生産があまり行われておらず貿易量も少ないことから、コメの国際価格はコムギより高めになる傾向がある。穀物 フレッシュアイペディアより)

  • 同族経営

    同族経営から見たカーギル社カーギル

    カーギル - 創業者のカーギル家とマクミラン家により所有される個人企業。同族経営 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の農業

    日本の農業から見たカーギルカーギル

    旧来の日本の農業は、関税や補助金による保護や農作物の価格保証によって、国の農業政策に沿う穀物を生産するだけで一定の経営が保証された。しかしこのような農業政策撤廃を迫る国際的圧力が強まり、日本のWTOの加盟による農産物の貿易自由化などから、これらの保護は徐々に減り、日本の農業も国際市場における穀物価格の動向に直接影響を受けるようになってきている。農産物の輸入自由化によって大手穀物メジャー(:en:Major grain companies、カーギルなど)も進出し安価な海外産農産物が輸入されたので、価格競争力の低い国内農業では付加価値の高い品種に重点が置かれている。日本の農業 フレッシュアイペディアより)

  • 環太平洋パートナーシップ協定

    環太平洋パートナーシップ協定から見たカーギルカーギル

    シティグループ、AT&T、ベクテル、キャタピラー、ボーイング、コカ・コーラ、フェデックス、ヒューレット・パッカード、IBM、インテル、マイクロソフト、オラクル、ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソン、先進医療技術協会、生命保険会社協議会、ウォルマート、タイム・ワーナー、カーギル、モンサント、アメリカ大豆協会、トウモロコシ精製協会、全米豚肉生産者協議会等が参加する「TPP推進のための米国企業連合」は米国ホワイトハウスに対して、「アメリカの対外投資にとっての予測可能かつ非差別的な法的環境、強力な投資保護、市場アクセス条項、紛争解決手段を組み込むべき」等の市場アクセス、知的財産、投資、更なる貿易の簡素化、規制の調和、公正な競争の様々な要求を行なった。環太平洋パートナーシップ協定 フレッシュアイペディアより)

  • グレンコア

    グレンコアから見たカーギルカーギル

    かつては穀物メジャーのカーギルと並ぶ世界最大級の非公開企業であったが、2011年5月19日にロンドン証券取引所に上場し、時価総額が585億ドル(約4兆8千億円)と上場銘柄の中でも20位以内に入るため、即時FTSE100種総合株価指数の銘柄に採用された。次いで、5月25日には香港証券取引所に上場した。時価総額は、上場する商社としては三菱商事を上回り世界最大である。2012年3月、カナダの穀物流通大手バイテラを61億カナダドル(約5,100億円)で買収することで合意。世界でも有数の穀物産地であるカナダとオーストラリアで事業基盤を築く。グレンコア フレッシュアイペディアより)

  • コバリゼーション

    コバリゼーションから見たカーギルカーギル

    2001年8月、世界最大の穀物会社であるアメリカ合衆国カーギル社に吸収合併されたペットフード会社である。吸収先のカーギル・コリア代表取締役として、ピュリア・コリアの金基鏞(きむ・ぎよん)会長が就任する事が決定したと報じられる。しかし、進出先の経営を進出先出身の人物が取り仕切るのは通例の一つであり、コバリゼーションの概念と関係は無い。コバリゼーション フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「米カーギル」のニューストピックワード