129件中 71 - 80件表示
  • Google

    Googleから見た広告

    米国Google社は、人類が使うすべての情報を集め整理するという壮大な目的を持って設立された。独自のプログラムが、世界中のウェブサイトを巡回して情報を集め、検索用の索引を作り続けている。約30万台のコンピュータが稼動中といわれる。検索結果の表示画面や提携したウェブサイト上に広告を載せることで、収益の大部分をあげている。Google フレッシュアイペディアより)

  • Google

    Googleから見たイスラーム過激派

    2002年10月22日、およそ113のインターネット上のサイトがGoogleのドイツ語版とフランス語版から除去されているとの調査結果が報告された。このサイト規制は主として白人民族主義(White nationalism)、ナチ、反ユダヤ主義、イスラーム過激派のサイトに影響を与えた。フランスとドイツの法の下では、ヘイトスピーチとホロコーストの否定は違法である。Googleはこれらの法を遵守して、そのような題材を含むサイトを検索結果に含めないようにした。検索がこのような形で影響を受けているかどうか直接確認するすべは無い。Google フレッシュアイペディアより)

  • Google

    Googleから見た欧州連合

    2012年3月1日付で、Googleが提供している60以上のサービスのプライバシーポリシーが統合された。これにより、Googleの検索記録、YouTubeの閲覧記録、GmailやGoogle+の送信・投稿内容、各アカウントの登録情報、Android装備のスマートフォンの位置情報および通話相手の情報などが一括管理され、サービスの効率アップとともに的確な広告表示が可能になる見込みだが、ハッカーに狙われやすくなるとの懸念もあり、欧州連合が実施延期を求めたりGoogle フレッシュアイペディアより)

  • Google

    Googleから見たセグウェイ

    社内移動用の電動キックボードやセグウェイ、料理人が各国の料理を提供する無料食堂、フィットネスジムやサウナを完備したキャンパス、定期的に開催されるローラーホッケーのイベントなど充実した福利厚生サービス、猫以外のペットを持ち込み可能なオフィスやおもちゃなど遊び道具を持ち込める仕事部屋、ラバライトやゴムボールがあちらこちらに置かれた独特な企業文化で知られる。また、NASDAQ市場に公開するに先立ち、無料ランチを継続して提供することを宣言した。自由な企業文化と肯定的にとらえる見方がある一方、シリコンバレー企業としての自由奔放さを過剰に演出したものだという批判もある。Google フレッシュアイペディアより)

  • Google

    Googleから見たグーゴル

    "Google"という言葉は"googol"(グーゴル)という言葉の綴りまちがいに由来する。1997年にラリー・ペイジたちが新しい検索エンジンの名前を考えてドメイン名として登録した際、googol.comをgoogle.comと綴りまちがえたのがその起源と言われる。Google フレッシュアイペディアより)

  • Google

    Googleから見た中華人民共和国

    2010年1月13日、中国で中国政府に批判的な政治活動家が所有するGmailアカウントに対して、中国国内からInternet Explorerの脆弱性を利用した攻撃を受けていたことをGoogle公式ブログで告白、攻撃した一部ユーザーが中国政府であったため中国政府の検閲についても反発し、中国から検索事業の撤退を示唆した。これについて、中華人民共和国外交部スポークスマンは「国内の法律に従うしかない」と述べるも、ヒラリー・クリントンアメリカ合衆国国務長官は「サイバー攻撃に対して説明を求める」とした。なお、Internet Explorerはこの攻撃に使われた脆弱性が問題となり、オーストラリア政府機関が同攻撃に対する脆弱性が無い他ブラウザへの推奨を進めるといった異例の事態に発展、特にGoogleは中国ユーザーに利用者が多い、Internet Explorer 6のブラウザに対してのサポートを同年3月で打ち切った。Google フレッシュアイペディアより)

  • Google

    Googleから見たGoogle Summer of Code

    2005年には、「Google Summer of Code」というオープンソースの開発に資金を提供するプロジェクトを始めた。これは、Googleが指定したプロジェクトに参加する学生に開発費用を提供するというもので、一定期間の補助を受けて開発を行う。また、これを受けて日本でも「夏休みコード道場」というプロジェクトが、フリーソフトウェアイニシアティブ (FSIJ) の主催の元、Google日本法人の協力で開始された。現在は、ウィキペディアに対しても資金提供をするなど、オープンな文化に対する積極的な支援を行う企業としても名前をあげつつある。また、2005年9月28日にはNASAと提携し、大規模コンピューティングの活用や、データマイニング、ナノ、生物工学での協力などを行うことを発表している。Google フレッシュアイペディアより)

  • Google

    Googleから見たWorld Wide Web

    "googol"という言葉は、アメリカ合衆国の数学者、エドワード・カスナーの甥のミルトン・シロッタによって作られたもので、1グーゴルは10100(1のあとに0が100個続く数・10の100乗と読む)である。この言葉に似た言葉を社名にしていることで「World Wide Web上の膨大な情報の組織化がGoogleの使命であることを意図している」という考え方がある。Google フレッシュアイペディアより)

  • Google

    Googleから見た検索エンジンスパム

    検索の際、検索エンジンスパムなどの検索妨害行為があるサイトや、各国の法律に照らし合わせてGoogleが違法と判断したサイトを、意図的に検索結果から除き、ユーザーが該当サイトのURLを検索できないようにすること、およびその対象となったサイトのこと。Google フレッシュアイペディアより)

  • Google

    Googleから見たJotSpot

    2006年11月1日 - 企業向けウィキシステム、JotSpotを買収した。Google フレッシュアイペディアより)

129件中 71 - 80件表示

「米グーグル」のニューストピックワード